読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世の中の観察日記

世の中を見て、思ったこと・考えたことを自由につづって参ります。このブログを読んでくださる方々と、「安心」を共有することを望んでいます。

「わが身は小天地」ということについて。

先日(11月24日)は、関東で、

積もるほどの雪が降りましたね。

 

11月の東京都に雪が降るのは、

54年ぶりのことだったそうですね。

 

私は千葉県に住んでおりますが、

やはり、バス・電車が遅延・運休し、

雪の影響を受けました。

 

そして、

いつどこで起こるかわからない地震も多い昨今。

 

そのような日々の中で、

私は、『菜根譚(さいこんたん)』という、

中国の古典に出てくるある言葉を

思い出していました。

 

[訳文]を先にご紹介させていただきます。

(『1分間でわかる「菜根譚」』P193より)

  わが身はひとつの天地である。喜怒も正当で、好き嫌いにも原則が通っているようにすれば、無理のないやわらなか道理で自身を貫ける。

 

[読み下し文]は次の通りです。

  吾が身は一小天地なり。喜怒をして愆らず(あやまらず)、好悪をして則(のり)有らしめば、便ち(すなわち)是れ燮理(しょうり)の功夫(くふう)なり。

 

毎日には、

気温の高い日もあれば、低い日もあり、

ちょうどよい気温の日もある……

晴れの日、雨の日、風の日、雪の日があり、

晴れていながら雨が降る日もある……

そして、大地が揺れる日もある……

 

このような、様々な毎日があるということは、

「小さな天地」である「わが身」にも、

様々なことがあり、いろいろな気持ちになるのは、

「とても自然なこと」ですね。

 

暖かい気持ちの日、寂しい気持ちの日、

怒りの日、勢いのある日、楽しい日、無心の日……

 

笑いながら涙を流す日は、

晴れていながら雨が降る日に、

似ているような気がいたします。

 

自分の心が揺れる日は、

大地が大きく、また、小さく揺れる日に、

似ているのかもしれません。

 

また、「晴れの日」と言っても、

太陽のまぶしさと共に明るい気持ちになる日もあれば、

太陽のまぶしさに負けそうになる日もあると思います。

 

そして、「雨の日」と言っても、

しとしと降る雨に悲しみに誘われる日もあれば、

しとしと降る雨に心落ち着く日もあると思います。

 

先ほどの『菜根譚』の中にあった、

「喜怒も正当で、好き嫌いにも原則が通っているようにすれば、無理のないやわらなか道理で自身を貫ける」

という言葉から、

私は、どのような日でも、一番大事なことは、

素直な気持ちで、「自分」に基づいて行動しているか、

ということなのだろうと思います。

 

それはつまり、

喜ばしいことを、ちゃんと喜んでいるか、

怒ってもおかしくないことを、ちゃんと怒っているか、

ということであり、

また、誰かの「晴れ」に合わせたり、

誰かの「雨」に合わせることを、

自分は、本当はしたくない(かもしれない)のにしていないか、

ということでもあります。

(自分が本当にそうしたい(合わせたい)ならいいけれども、

したくないなら、しないほうがいい、と私は思います。)

 

もちろん、喜怒の表現は、

場合によっては控えるべきときがあると思います。

 

ただ、「こういうときに喜ぶ」「こういうときに怒る」

「こういうことが好き」「こういうことが嫌い」という、

「自分の感覚」を持っていることで、

自然に生きることができる!

無理なく生きることができる!

と『菜根譚』は説いている、

と私は解釈しています。

 

また、ある事柄に対し、

このままの自分でいいと思うならそのままで、

このままの自分ではいけないと思うなら変えていく、

という、そういうことも、素直に「自然に」するといい、

という意味も含んでいると思います。

 

そして、「生きづらさ」があるときには、

自分の気持ちに嘘をついていないか、

自分の本心に気づかない振りをしていないか、

自分の行動が自分の気持ちに基づいていない不自然さがないか、

と疑ってみるといいのではないか、

と私は考えています。

 

これは、「自分を見失わない生き方」なのだと思います。

 

「怒ってはいけない」「好き嫌いがあってはいけない」

と聞くこともありますが、

それにとらわれなければいいのだと思います。

「理由」があるなら、私はいいと思っています。

菜根譚』が解くように、「原則」が通っていれば、

いいのだと思います。

 

私は、さまざまな日々の中で、

「わが身は小天地」という自然な態度で、

「本当の私はこうである」「本当は私はそうしたい」

という自分に基づいて、

素直に喜んだり、素直に怒ったりしながら、

毎日を過ごしていきたい、と思っています。

 

 

お読みいただきまして、どうもありがとうございました。

 

引用・参考文献

『1分間でわかる「菜根譚」』渡辺精一 三笠書房

 1分間でわかる「菜根譚」 (知的生きかた文庫)

菜根譚』洪自誠、今井宇三郎(訳注) 岩波書店

 菜根譚 (岩波文庫)

「誠実な人」について。

今日は、「誠実な人」について、という題で、

記事を書かせていただこうと思います。

 

実は昨日、はてなさんから

「1年前のブログを振り返ってみませんか。」

という内容のメールが届いていました。

 

はてなさんは、1年以上ブログを続けていると、

時々このようなメールを送ってきてくださるのですよね。

 

ちょっと昔を振り返る、いいきっかけになりますね。

 

そして昨年の今頃、私は、

『海が大きい理由。』という記事を書いていました。

morimariko.hatenablog.jp

 

この記事では、私は、

「『修証義(しゅしょうぎ)』というお経の、

「第四章 発願利生(ほつがんりしょう)」という章の中に、

海が大きい理由を、見つけました。」と書きました。

 

こちらにもう一度、『曹洞宗のお経』という本から、

『修証義』の「第四章 発願利生」の現代語訳の一部を、

載せさせていただきますと(P115,116)……

同事ということは、逆らわないということです。自分の立場にも逆らわず、相手の立場にも逆らわないことです。たとえば、人間としての釈尊はさとりにいながら人間の言葉で語り、悲しみをともにしたように、相手の気持ちを自分のほうへ融和させて、その後、自分の慈悲と智慧を相手に同化させる配慮が道にかなったやりかたでしょう。自分の慈悲と相手の立場は、そのときに応じて自由自在です。海がさまざまな川の水を拒否しないのは、相手に和して導く働きです。それゆえに、いろいろな水を受け入れて大きな海となることができるのです。

というものでした。

 

太字部分が、私が「だから、海は大きいのか」と頷いた箇所です。

海は、いろいろな水を受け入れて、

だからこそ、「大きな海」になっているのか、

と私は納得したのでした。

 

そして、下線部分

「相手の気持ちを自分のほうへ融和させて、

その後、自分の慈悲と智慧を相手に同化させる」

というところは、以前から、

私が大変気に入っている箇所です。

 

このたび読み返してみて、

人が人に対して「誠実であること」とは、

この下線部分のことだ、と改めて思いました。

 

つまり、例えば、(私なりの解釈ではありますが、)

どなたかと関わり合いを持つ中で、

その人が困っていたり、悲しんでいたりするときに、

その人の実際の状況や気持ちを自分のことのように汲み取って、

自分の立場もよく考えて、自分のもっている力を尽くして、

その人の実際の立場に見合う策を考え、

「提案して、その人に理解してもらえるよう望む」、

または、「提案せずに、状況を見守ってみる」など、

その人にとって最善になるよう取り組む態度、

これを「誠実」と言う、と私は思ったのです。

 

もし、短く申し上げるなら、

「誠実」とは「丁寧に思いやること」だと思います。

 

私は、自分に対して丁寧に思いやることができるとき、

他者に対しても丁寧に思いやることができる、

と思っています。

 

また、他者の存在にかかわらず、

自分という人を丁寧に思いやり、

今の自分に最善なことをしようとすることが、

「誠実の基礎」になると思っております。

 

そして、自分を丁寧に思いやることができているとき、

自然に、他者を丁寧に思いやるようになっていると思います。

ここには作為的なものがないので、

「純粋な誠実」を感じます。

 

因みに、『明鏡国語辞典』によれば、

「誠実」とは、「真心がこもっていて、うそ・偽りがないこと。」

と書いてあります。

 

ですので、「真心」や「うそ・偽りがないこと」は、

「誠実」には欠かせないことだと思っています。

 

少々お話が変わりますが、私は以前、

『「成功」まで、もう少し。』という記事を、

書かせていただいたことがあります。

morimariko.hatenablog.jp

 

この記事では、

私が愛読している加藤諦三先生の本のうちの、

『どうしても「許せない」人』という本に、

「ひどい仕打ちにあっても、食事が美味しくて、夜は眠れれば、それで良い。それが現実社会での見事な生き方である。」(P185)

と書いてあったことをご紹介させていただきました。

 

「問題があっても、よく食べられて、よく眠れていれば、

人生は、それでOKなんだ」と思えたことで、

私は元気を得ることができました。

 

ただ、私は、「食べる」のほうは大丈夫なのですが、

「眠る」のほうはうまくできないので、

『「成功」まで、もう少し。』というタイトルにしたのでした。

(因みに私は現在も「眠る」は下手です。)

 

そして今、

はてなさんからメールをいただき、過去記事を振り返って、)

何か問題があっても、

「よく食べられて」「よく眠れて」に、

「誠実であること」を加えて、

「人生は、それでOKなんだ」と思いたくなりました。

 

人に、物事に、「誠実な態度」で臨むことができたなら、

(結果に関係なく、)それは「幸せなこと」であり、

それで「人生の成功」と呼べるのではないか、

と私は思います。

 

よく考えてみますと、

「誠実でない人で、幸せな人」を、

私は見たことがない気がいたします。

 

つらいことがあっても、

うまくできないことがあっても、

「誠実な人」は、もうそれだけで「幸せな人」。

 

私は、そう思います。

 

 

お読みいただきまして、どうもありがとうございました。

 

引用文献

曹洞宗のお経』中野東禅 双葉社

 曹洞宗のお経 (わが家の宗教を知るシリーズ)

『どうしても「許せない」人』加藤諦三 KKベストセラーズ

 どうしても「許せない」人 (ベスト新書)

禅語「脚下照顧(きゃっかしょうこ)」。

「脚下照顧(きゃっかしょうこ)」という禅語があります。

 

広辞苑』にも、「脚下を照顧せよ」と載っており、

その意味は、

「足もとに注意せよ。真理を外にではなく、自己自身の内に求めよ」

ということだと書いてありました。

 

また、『ブッダの教えがわかる本』にも、

「脚下照顧」が紹介されていて(P178,179)、

  履き物を乱雑に脱ぎ捨てて平気でいるようでは、何をやってもよくないでしょう。……人間の行動で最も端的に表現されるのが、この履き物の脱ぎ方です。

 しかし、この脚下照顧は、単に履き物の脱ぎ方だけをいっているのではなく、それはそのまま自分自身をさしています。そして、自分自身への目の向け直しを私たちに警告しているのです。

と書いてありました。

 

つまり、「脚下照顧」は、

「自分の足もとを照らして、自分をよくかえりみること」、

「外(他人の足もと)を見るよりも、まず、自分の足もとを見ること」

を伝えているのだと思います。

 

確かに、「靴の脱ぎ方」を見てみると、

(特に、「自宅に帰った時」の「靴の脱ぎ方」で、)

その人の「今の心の状態」がわかるような気がいたします。

 

例えば、脱ぎっ放しの靴を見ると、

「今日はだいぶ疲れて帰って来た」とか、

「気持ちが落ち着いていないな」とか、

あるいは「元気があり余っているな」とか、

そういうことを感じるかもしれません。

 

また、脱いだ靴を揃え直してあったなら、

「きちんとしているな」とか、

「今日はゆとりがある感じだ」とか、

あるいは「緊張感が抜けていないな」とか、

そういうことを感じるかもしれません。

 

脱ぎっ放しの靴であっても、

また、きちんと揃えられた靴であっても、

人それぞれで、同じことを思うとは限りませんが、

「自分の靴の脱ぎ方」を「自分」で見れば、

「今の自分の心の状態」は、わかる気がいたします。

 

そして、例えば、「今の自分の心の状態」が、

「焦っている」というとき、

意識的に靴を揃えるようにすると、

(今靴を履いていても、そのまま意識して足を揃え直すと、)

一度気持ちを仕切り直すことができて、

心の落ち着きが戻ってくるような気もいたします。

 

ところで、靴には、

フォーマルなものも、カジュアルなものもあり、

カジュアルな中にも、サンダルやスニーカーがあったりと、

さまざまな種類がありますが、

出向く先によって今日履く靴を決める、

という方が多いと思います。

 

それだけ足もとを気にする、ということは、

それだけ「自分」を気にかけているということだと思いますが、

それだけでなく、「出向く先と自分」の「調和」を考えている

ということも言えると思いますので、いいことだと私は思います。

 

これから出かけるという時に、

自らの足もとをよく見ておくと、

安心して外出できそうですね。

 

また、自分の脱いだ靴を、どなたかが揃えておいてくださった、

というご経験をされている方もいらっしゃると思いますが、

そういう時、自然にありがたい気持ちになりますよね。

きっと、「大事にしてもらった」と思うからですよね。

 

ですので、ある方の靴を揃えておいて差し上げたら、

「あなたを大事に思っています」という気持ちが、

その方に伝わるような気がいたします。

 

「脚下照顧」は、「反省」を促す禅語ではありますが、

「足もと」「靴の脱ぎ方」「靴選び」などから、

いろいろなことが考えられそうです。

 

きちんと靴を揃える習慣が身に付いているならば、

「私はきちんとできているぞ!」

「私は落ち着いているぞ!」

というふうに、

自分への「自信」につなげてもいい、

と私は思います。

 

 

お読みいただきまして、どうもありがとうございました。

 

引用文献

ブッダの教えがわかる本』服部祖承 大法輪閣

 ブッダの教えがわかる本―仏教を学ぶ