読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世の中の観察日記

世の中を見て、思ったこと・考えたことを自由につづって参ります。このブログを読んでくださる方々と、「安心」を共有することを望んでいます。

今日、児童虐待のニュースをテレビで見ました。

今日、児童虐待のニュースを見ました。

 

ゴールデンウィークを楽しむこともなく、

ゴールデンウィークという言葉さえ知らず、

この世を去った子どもがいることが、

とても悲しいです。

 

このようなニュースを耳にする度に思ってしまいます。

何とかできなかったのか、と。

 

人に、子孫を残したい本能があるはずなのに、

まったく逆なことをしていますよね。

 

きっと、子孫を残したい本能よりも、

先に解決していなければならないことが

未解決なのだと思います。

 

つまり、虐待をする人というのは、

「私は、生まれてきてよかったのか」

「私の命は、他の人と同じように、大事なものなのか」

といったことが未解決で、

自分の命の状態が定まっていないのではないか、

と私は思います。

 

自分の命の状態が不安定なまま、

自分の命とは別の命を、先に安定させることができない、

というのが「虐待」という形になってあらわれているのではないか

と私は思います。

 

虐待される子どもをなくすには、

虐待する人をなくす必要があり、

それには、虐待する人の「自分の命の肯定感」が必要

なのだろうと私は思いました。

 

お読みくださいまして、ありがとうございました。

この度は、これにて失礼いたします。 

 

※2015年6月11日に、

 『「自分の命の肯定感」をどうしたらもてるのか。』という

 ブログ記事へのリンクを下記に貼らせていただきました。

 合わせてお読みいただけたら幸いです。

morimariko.hatenablog.jp