読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世の中の観察日記

世の中を見て、思ったこと・考えたことを自由につづって参ります。このブログを読んでくださる方々と、「安心」を共有することを望んでいます。

一人でも自殺者が出ないことを、祈っています。

昨年、「自殺の阻止」を最大の目的として、

『人生に関する私の見解』というエッセイを執筆しました。

12編のポエムも散りばめております。

 

紹介はいずれ、と思っていましたが、思うところあって

今日、一部を紹介させていただくことにしました。

 

というのは、私は、千葉県千葉市に住んでおりますが、

今日は、雨上りの余韻を残しながら、

次第に晴れてきて、そして、はっきりと晴れになり、

こういう日に、自殺を決意してしまう人がいると聞いたことが

あったからです。

 

雨音で聞こえなかった周囲の動きが、

雨上りとともに、少しずつ伝わってきて、

活発化していくその世の中の躍動感に、

ついて行けない焦りを、感じる人もいるのだと思います。

 

太陽のまぶしさは、人に元気を与えてくれます。

しかし、その太陽がまぶし過ぎたとき、

まぶしさに耐えられなくて、人生を終えようと考えてしまう人もいる、

ということだと思います。

 

ここで、この本に載せた『世界はジグソーパズル』という詩を

紹介させてください。

 

 

 ポエム  『世界はジグソーパズル』

 

  世界は、ジグソーパズルだ。

  いったいどのピースが、どこに合うのかわからないと思っても、

  最後まできちんとやれば、必ず全部収まるように、

  世界を構成するものの居場所は、必ずある。

 

  世界は、私たちがつくるジグソーパズルだ。

  一つひとつのピースには、役割があって、違いがある。

  この世の構成員に、役割のない者はいない。

  この世の構成員に、個性のない者はいない。

  一人ひとりの力が必要だ。

 

  世界は、型のないジグソーパズルだ。

  この世の構成員に、この世を変化させられない者はいない。

  一人ひとりに、オリジナルな力がある。

 

  あなたも私も、この世界の作り手だ。

 

  思い悩み、苦しんでいる方々に、私は何ができるだろうかと

いつも考えております。

 

そして、一人でも自殺者が出ないことを、

私は、今日も祈っております。

 

 

お読みくださいまして、ありがとうございました。

 

本日は『人生に関する私の見解』の一部を紹介させていただきました。

明日以降、もう少し詳しく紹介させていただきたいと思っております。

お目通しいただけたら幸いです。

 

※2015年6月11日に「拙著『人生に関する私の見解』の紹介。」

 というブログ記事へのリンクを下記に貼らせていただきました。

 お読みいただけたら幸いです。

morimariko.hatenablog.jp

 

引用文献

『人生に関する私の見解』森麻理子 日本文学館

 人生に関する私の見解―人生はため息から