読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世の中の観察日記

世の中を見て、思ったこと・考えたことを自由につづって参ります。このブログを読んでくださる方々と、「安心」を共有することを望んでいます。

「責任」について。

心・考え方

人は「責任」を気にしていると思います。

 

時々、「私の責任じゃないからね」と念を押す人がいますが、

その人も、あとで責任追及をされないようにするために、

そう言っているのではないかと思いますので、

やはり、「責任」というものを気にしているのだと思います。

 

法的には、20歳から「成人」と呼ばれますが、

(父母の同意があれば)男性は18歳、女性は16歳で、

「婚姻」が可能になったり、

15歳になると、有効な「遺言」ができるそうですから、

「責任」を伴うことは、未成年でも発生するということだと思います。

 

但し、今回、私が述べようと思うのは、法的な責任ではなく、

言わば、「人としての責任」について、です。

 

私は、「人としての責任」は、いつから発生するのかを、

「何歳から」というように区切ることはできないと思っています。

 

どのような環境で育ち、誰と出会ったかによって、

人の成長は、方面も長さも深さも、いろいろになると思います。

 

よく、問題を起こす子どもがいると「親のしつけ」に目がいき、

問題を起こす大人がいると「生い立ち」に目がいくと思います。

 

しかし、親のしつけがどうであったか、生い立ちがどうであったか、

にかかわらず、その人に責任が生じることもある、

と私は思っています。

 

例えば、子どもがお店から何かを持ってきてしまった場合、

「窃盗の罪」になるわけですが、

これを、親が「お店の物を、勝手に持ってきてはいけない」

と教えてあるのはいいのですが、

もし、教えていなかったところで、その子どもが、

「お店の物を、勝手に持ってきてはいけないことを知っている」

ならば、これはもう、親の責任ではなく、子どもの責任である、

と私は考えます。

 

どういうことをしてもよくて、どういうことをしてはならないか、

教えてもらったかどうかに関係なく、

「知っていた」ならば、「その人の責任になる」

と私は思っているのです。

 

ですので、「知った時」から、「人としての責任」は「発生」している

と私は考えます。

 

ここで難しいのは、「知っているべきだった」という場合ですが、

私は、常識として知っているべきだった、というのではなく、

「十分情報が入ってきているにもかかわらず、

自分が耳を傾けなかったために、知らなかった」

という場合には、

はっきりと「知っているべきだった」に該当し、

「責任が発生する」と考えます。

 

また、先ほどの例では、本来、親は、

「お店の物を、勝手に持ってきてはいけない」と、

口頭でも、態度でも、背中でもいいと思いますが、

何らかの方法で、子どもに教えてあるべきだと思いますので、

もし、教えていないなら、教えるまで、親の責任は続いている、

と私は思っています。

 

「責任」は、イメージとしては重みがある言葉ですが、

基本的には、

どういうことをしてもよくて、どういうことをしてはならないかを

「知っているなら、知っている通りにする」だけで、

「責任を負った」になる、と私は思っていますので、

人が、(けっこう気にしていると思われる、その)責任を、

きちんと負う、と決めて、

気持ちのほうは、軽快になるといいな、と私は思っています。

 

 

お読みくださいまして、どうもありがとうございました。