読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世の中の観察日記

世の中を見て、思ったこと・考えたことを自由につづって参ります。このブログを読んでくださる方々と、「安心」を共有することを望んでいます。

人は毎朝、「ブッダ」になる!?

「ブッダ」というと、一般的に、お釈迦様のことを指す、

と思います。

 

私も、仏教の授業を受けるまでは、そう思っていました。

 

それはそれで、特に、まちがってはいないのですが、

本当は、「ブッダ」というのは「目覚めた人」という意味だそうです。

 

つまり、お釈迦様は「真理に目覚めた人」なので、

「ブッダ」でまちがいない、ということになります。

 

因みに、お釈迦様の「釈迦」は、「釈迦族」という種族名を表している

ので、聖者を意味する「牟尼」や「世尊」という言葉を付けて、

釈迦牟尼世尊(しゃかむにせそん)」とか、

これを略して「釈尊(しゃくそん)」と呼ぶほうが、

仏教の開祖であるお釈迦様を、はっきりと指していることに

なるそうです。

(さらに因みに、お釈迦様には、他にも呼び名があります。)

 

そして、仏教の先生が、

「朝、皆さん、目覚めますよね。

つまり、皆さん、毎朝ブッダなんです

とおっしゃっていました。

 

本気か冗談か、先生の真意はわかりませんでしたが、

私は、「お昼寝をする人は、一日に二度もブッダになるのかぁ」

と思いました。

 

電車やバスの中で、うたた寝をしてしまうこともあるので、

そうすると、「目覚める」機会はずいぶんたくさんありそうです。

 

あとは、その機会に「何に目覚めるか」が大事なのかもしれません。

 

「我を忘れていた眠りから、目覚めるのか」

「迷いの多い人生から、目覚めるのか」

 

「私は、何に目覚めたいかなぁ?」と考えるのも、一つの「目覚め」

なのかもしれません。

 

 

本日も、お読みくださいまして、どうもありがとうございました。