読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世の中の観察日記

世の中を見て、思ったこと・考えたことを自由につづって参ります。このブログを読んでくださる方々と、「安心」を共有することを望んでいます。

埼玉県で起きた祖父母殺害事件について。

世の中

昨年の3月に埼玉県で起きた、少年が祖父母を殺害した事件について、

東京高裁は、1審の裁判員裁判の判決「懲役15年」を支持して、

被告側がした控訴を棄却する判決を、今日、言い渡しました。

 

要点を拾っての形になりますが、

事件を、背景から考えてみたいと思います。

 

少年は、母親に、育児放棄されていました。

小学校にも、途中から行けなくなりました。

母親は、水商売で、夜遅くの帰宅だったそうです。

しかし、1ヵ月くらい母親が帰らなかったこともあったそうです。

寂しそうしている少年のことを、ご近所の方が気づいていました。

 

母親は「気持ち悪い、近寄らないで」と

少年に罵声を浴びせていました。

しかし、それでも、少年が母親しか頼れなかったのは、

母親しか目に入らなかったからだと思います。

そして、サッカーの相手をしてくれた思い出もある母親です。

 

また、少年は、ただただ、じっとしていたわけではなく、

自ら生活保護の申請に、役所に出向いて、

生活する場所を手に入れていました。

(母親が生活保護を申請した、とも聞きましたが、

私がテレビで見たときは、少年が申請したというニュースでした。)

 

そして、少年は、フリースクールにも通い始めてがんばっていました。

 

しかし、母親が生活保護の不自由な生活に耐えられず、

勝手にその場所(部屋)を引き払ってしまったそうです。

フリースクールにも通えなくなり、母親と少年は、

世間では、「行方不明」ということになりました。

 

少年と、母親、そして、

母親とある男性との間に生まれた女の子(少年にとっての妹)の

3人での、公園での、野宿生活が始まりました。

そして、妹を育てていたのは、母親ではなく、少年でした。

 

少年は、親戚に借金をして回る生活を、母親から強いられます。

そのお金は、あるときは母親の遊ぶお金に、

また、あるときは母親と妹の靴代になったそうです。

 

母親は、「殺してでも借りてこい」と少年に言っていたそうです。

 

そして、少年は、母親と共謀して強盗をはたらき、

祖父母を殺害するに至ってしまった、ということです。

 

「懲役15年」というのは、事情を考慮して、求刑よりは減刑となった

もののようです。

しかし、少年のこれまでの人生と、

彼なりのできるかぎりの「努力」が、

どれほど理解されての判決だったのか……。

人を殺してはいけないのは当然ですが、

私は、この判決に、うなずくことができません。

 

祖父母は、このような生活をしていた、

「実の娘」である少年の母親と、「孫」である少年を

どのように思っていたのでしょうか。

 

公園での生活を、誰にも見られていなかった、ということは

考えにくいことだと私は思います。

「公園で、彼らを見かけた誰かが通報してくれていれば……」

と私は思ってしまいます。

 

もう、世の中は、

「人の子どもに、人の家庭に、口を出せない」とは言っていられない

ということだと思います。

 

たとえ、直接口を出せなくても、「通報」はできると思います。

 

家族であろうとなかろうと、

せめて、もう一歩、「立ち入ったこと」をしないと、

こういう悲劇はなくならない、という気がしてなりません。

 

少年に下された懲役15年の判決は、

社会が、一緒に背負わなければならないものだと、私は思いました。

 

 

お読みくださいまして、どうもありがとうございました。