読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世の中の観察日記

世の中を見て、思ったこと・考えたことを自由につづって参ります。このブログを読んでくださる方々と、「安心」を共有することを望んでいます。

禅語「主人公」。

心・考え方 仏教(関連)

「主人公」という言葉は、禅語だそうです。

 

私は、『ほっこり、やさしい禅語入門』という本を手にするまで、

「主人公」が禅語だとは知りませんでした。

 

 

自分が自分の主人公となっていますか?

 

 昔、中国のあるお坊さんは毎日、自分自身に向かって「主人公」と呼びかけ、「はい」と返事をしていたといいます。「目を覚ましていなさいよ」「はい」、「他人に惑わされちゃいけないよ」「はい」などと自分自身と会話をするのです。いつでも、どこでも「主人公」、つまり自分自身であることは、修行を積んだお坊さんにも難しいことだったんですね。

 「まわりにどう思われるかな」と一歩前へ踏み出せない、「みんなと同じにしておこう」と妥協してしまう、そんな毎日から抜け出すための言葉が「主人公」です。……

        『ほっこり、やさしい禅語入門』(P10)より

 

また、私は以前、

『私は私-ガユーナ・セアロの至道録-』

という本を読んだのですが、そこ(P105)には

  君が中心になったとき、中心は動かないんだよ。中心は誰も傷つけない。どこにいても、どんな時でも、感じているのは君の中心であって、感じさせられているわけではない。……逃げるというのは、己が中心ではないということだよ。離れても、どの場所にいても、‶私は私である″というのが、悟るというところに向かう。

と書いてありました。

 

私は、以上の二つの文には、通ずるものがあると思っています。

 

「私は私」だと思います。

しかし、「私を私として保つ」ということは、

けっこう大変なことなのだろうと思います。

 

この世は、自分の人生が繰り広げられていると同時に、

他者の人生も繰り広げられている場所だと思います。

 

世の中に、いろいろな人がいて、いろいろな事があって、

よいことも、悪いことも、耳に入ってきます。

はっきりと、悪いことに誘われることもあると思います。

 

ですから、人が、自分を見失わないように生きていくことは、

本当に大変な作業なのだろうと思います。

 

「私は私」であること。

 

自分の人生の「主人公」であること。

 

自分に呼びかけ、「はい!」と返事をすることは、

日々の生活の中に取り入れるべきことなのだろう、

と私は思います。

 

ときに、自分を第一に考え、自分勝手な人は、

「自己中心的な人」と呼ばれることがあります。

 

しかし、「己が中心」であることは、

必ずしも自分勝手な人というわけではないと思います。

 

「自分」というものをもちながらも、

「他者」と良好な関係を保ちながら(せめて衝突せずに)、

共にこの世に在ることができるのは、

「あなたは、あなたの人生の主人公なのですね」

とお互いに思い合うことなのではないかと思います。

 

「私は私」で、「あなたはあなた」で、

皆、自分の人生の「主人公」なのだと思います。

 

 

お読みくださいまして、どうもありがとうございました。

 

引用文献

・『ほっこり、やさしい禅語入門』石飛博光 成美堂出版

 ほっこり、やさしい禅語入門―心豊かな毎日をおくるための禅のことば

・『私は私-ガユーナ・セアロの至道録-』ガユーナ・セアロ 知玄舎

私は私 ―ガユーナ・セアロの至道録―