読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世の中の観察日記

世の中を見て、思ったこと・考えたことを自由につづって参ります。このブログを読んでくださる方々と、「安心」を共有することを望んでいます。

パキスタン人との1コマ。

国際情勢が穏やかでない現在ですが、

だからこそ、何か和やかなエピソードはないか……

と考えていて、思い出したことがありました。

 

和やかと言えるかどうかわかりませんが、

今日はそのエピソードを書かせていただこうと思います。

 

私は、生涯のうちで何度か、

いわゆる「ナンパ」をしていただいたことがあります。

 

やはり(!?)、20歳代の頃に集中していたでしょうか……。

 

声をかけてきてくださった方々うち、数人は外国の方でした。

せっかくの国際交流ですので、

「どちらの国の方ですか?」とお尋ねすると、

パキスタンの方であったり、イランの方であったりしました。

 

たどたどしい発音の日本語で、

「お茶しませんか~」とお誘いいただき、

“カワイイ~”と思った覚えがあります。

 

また、「お茶しますか~」と言われたこともありました。

日本語を勉強中なんだな~と思うと、微笑ましい気持ちになり、

わが国の言葉を覚えようとしてくださっているのかと思うと、

うれしい気持ちになったことも思い出します。

 

実は私は、出身がパキスタンであるという方から

声をかけていただいた経験が3回ほどありまして、

「私の顔はパキスタンの方にはウケるのかな?」

とその当時は思ったものでした(^^)。

 

そして、あるパキスタンの方とは、

駅までの道のりと、駅に着いてからの立ち話で、

15分ほどお話をしました。

 

「私は用事があるので、これでバイバ~イ(^^)/~」

とお別れしたのですが、

この会話の中で、教えてもらったことがあります。

 

パキスタンでは、気に入った女性がいても、

男性から女性に「直接」声をかけてはいけないそうなのです。

(とても昔の事なので、今は違うかもしれませんが……。)

 

それで、「では、どうするの?」と私は尋ねてみました。

 

「気に入った女性がいたら、まず、自分の親に話す。

 親が、その女性を見に行く。

 親が、わが息子によさそうな女性だ、ということになれば、

 親が、その女性の親に事情を話し、先方も了解すると、

 彼は、その気に入った女性とようやく話ができる」

ということになるのだそうです。

 

私は思わず、「え~まわりくど~い」「めんどうじゃな~い?」

と言いそうになりましたが、言いませんでした。抑えました。

 

それは、それで、円満な方法なのかもしれませんし……。

 

しかし、よく考えてみると、

パキスタンの男性が、日本で女性に声をかけることは、

相当勇気がいることなのではないか、と思えてきます。

 

ですが、私に声をかけてくださったその方たちからは、

勇気を必要とした感じはいたしませんでした。

 

もう何度もナンパして、慣れてきていたのでしょうか……。

 

彼らは姿勢がよくて、ニコニコしていました。

釣られて私もニコニコしてしまうくらい……。

 

昨今の国際情勢を思うと、

「あの頃は、平和だったなぁ」とつぶやきたくなります。

が、

「本当は、どの国の人たちとも、皆、仲良くできるんだろうなぁ」

ということも、思います。

 

まず、はじめに、みんなニコニコ(^^)っとしていれば、

いろいろなことが和やかに、うまくいくのではないかな、

と思ったりします。

 

 

お読みくださいまして、どうもありがとうございました。