読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世の中の観察日記

世の中を見て、思ったこと・考えたことを自由につづって参ります。このブログを読んでくださる方々と、「安心」を共有することを望んでいます。

「善悪の判断」について。

心・考え方

「善悪」は、人がつくったものだから、

誰も、何が「善」であり、何が「悪」であるかを、

はっきりさせられない、と聞くことがあります。

 

また、「本当は、善も悪もない」ということも耳にします。

 

そのような考えに共感する点もあるのですが、

現在のところ、

私は、「善」と「悪」を区別しようとする人間です。

 

世の中には、いろいろな人が存在するので、

ある程度、「善悪」の共通認識がなければ、

世の中の秩序は保たれないと思っていますので、

「善」と「悪」の区別は「必要」、と思っています。

 

但し、あくまでも、

「世の中の秩序を保つため」に「必要」という趣旨ですので、

世の中の秩序を保つことと関係のなさそうな事柄については、

わざわざ「善」と「悪」に区別しようとは思っていないです。

 

また、「善」とは何かを考えることができるのは、

世の中に「悪」があるからだろうと思います。

ですので、「悪」は、「善」の理解を助けている気がいたします。

ただ、「善」の理解を助けているはずの「悪」が優勢になり、

「善」が劣勢になると世の中は歪む、と私は考えており、

「善」が劣勢にならないよう、

「善」とは何かをよく考えるのがいい、とも思っています。

 

区別の種類には、「善である」「悪である」のほか、

「善ではないが悪でもない」とか、

「悪ではないが善でもない」などもある、

と思っています。

 

そして、私は、世間に見られる「善悪の判断」の多くを、

「人」が行ってきただろうと思っています。

(たとえば、「神様」の「判断」が流布しているわけではないだろう、

と思っています。)

 

ですので、あることについて、「善悪の判断」をしようという場合、

「人」である私は、その「議論」に参加したほうがいいだろう、

と思っています。

 

しかし、「人」は、まちがえることがありますので、

「善」とは「これである」というように断言するのではなく、

議論や思考を重ねた上で「これが善であると信じる」

という程度が一番いいのではないかと思っています。

 

例えば、電車の中で、

「若者が、年配者に席を譲ること」は「善」のように思います。

しかし、「体調の悪い若者が、元気そうな年配者に席を譲ること」は、

しなくても「悪」ではないだろう、と私は思っており、

このような判断・議論を人と盛んに行って、

自分でもよく考えて、自分の信じる見解を見つけるのがよい、

と思うのです。

 

因みに、「人間」が判断する「善悪」とは別個に、

「神様」が判断する「善悪」というものもあるだろう、

と私は思っています。

 

旧約聖書』の「創世記」に、

人類の祖であるアダムとエバ(イヴ)が

神様に禁じられていた、善悪を知る木の実を食べてしまい、

神の怒りに触れた、というお話がありますが、

この、善悪を知る木の実を食べてしまった罪が人類へ受け継がれて、

だから、人は生まれながらして「原罪を負っている」

というお話になっていくわけですが、

神様は、アダムとエバが木の実を食べてしまうことを知っていた、

とも聞きます。

 

ですので、神様は、人と人が一緒に過ごすこの世界に、

人と人が一緒に「善悪」を考えることを、

とりわけ、「善」を見つけることを、

望んでいらっしゃったのではないか、

と私は想像しています。

 

例えば、私は、「善悪」を判断して、

「人を殺してはいけない」と思っています。

人間レベルの私が判断したことです。

 

しかし、神様も「人を殺してはいけない」と言うと思います。

 

つまり、「人を殺してはいけない」というのは、

神様も人間も同じ考えだと思っています。

 

しかし、神様は、人を殺してしまった人をも救うと思います。

だから、「神様」なのだろうと思います。

 

もし、肉親が何者かによって殺されてしまったとしたら、

人である私は、犯人を許す・救うことなどできないだろうと思います。

しかし、人が、人を殺してしまった人を救おうとしない場合、

これを、「悪」とは言えないと思っています。

ただ、これが、「善」になることもない、と思っています。

 

さらに、「悪人」や、「悪」と思ったことを、

怒りにまかせて「やっつける」とするのも「善」ではない、

と思っています。

 

そして、(できる・できないにかかわらず申し上げますが、)

「悪」なるものを、「善」へと導く、ということが、

「悪」に対して、「善」がすること、なのだろうと思っています。

そうすると、

「善」と「悪」は、必ずしも対立関係にあるわけではない、

ということも考えられてきます。 

 

私は、このように、「善悪」を気にしており、

ときには、「人間」の考える「善悪」だけでなく、

「神様」の視点における「善悪」も気になっています。

 

冒頭のほうで、

「善も悪もない」ということも耳にすると申し上げましたが、

私にはこれが、

「善悪を区別しないこと」をよしとして、

「善悪を区別すること」はよくない

と言っているように聞こえています。

 

もし、私の聞こえた通りだとすると、

「善も悪もない」という発想は、

「善悪の区別」について、

「善悪」の判断をしていることになる、

と私は思います。

 

ですので、人間は、(知らない間に)「善悪の判断をしてしまう」

または、「善悪が気になってしまう」ものなのだと思います。

 

「善悪」という言葉で記事を書いて参りましたが、

「気になることを、そのまま考えてみる」というだけでも、

いいのかもしれません。

私は、これからも考えを重ねていきたいと思っています。

 

 

お読みくださいまして、どうもありがとうございました。

 

参考文献

『よくわかるキリスト教』土井かおる(監修) PHP研究所

 よくわかるキリスト教