読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世の中の観察日記

世の中を見て、思ったこと・考えたことを自由につづって参ります。このブログを読んでくださる方々と、「安心」を共有することを望んでいます。

東京都の舛添知事の釈明会見から、思ったこと。

先日(5/13)、政治資金の私的流用が疑われた、

東京都の舛添知事の釈明を行う会見が、

生中継されていたと思います。

 

私は、ほんの少ししか見られませんでしたが、

あとで、会見を振り返ったニュースを見て、

私的な飲食費があったことを認め、

政治資金収支報告書を訂正して返金する、

と舛添都知事がおっしゃっているのを聞きました。

 

また、家族と宿泊していた部屋で「会議」を行ったそうで、

このような誤解を招くような行為は今後しないと、

おっしゃっているのも聞きました。

 

まだまだいろいろあると思いますが、どのようなことも、

自分のしたことを、自分で「問題ありません」

というだけでは、「釈明」になっていないと思います。

 

舛添都知事は、「説明責任は果たした」としているようですが、

多くの方が納得されていないように、私も納得はできないです。

 

私は、会見で発言する舛添都知事を拝見して、

「堂々としていないな」、

「目に勢いがないな」、

やはり、「目は口ほどに物を言う」ということかな、

などと思ってしまいました。

 

舛添都知事に限ったことではなく、

あのような釈明会見をする方々からは、

たいてい、あのような印象を受けます。

 

どなたかの不祥事があった時、

もの凄い勢いで糾弾する議員を見かけることがありますが、

あの勢いと同じ勢いで、

きっぱりと「疑惑に回答」してくれれば、

「堂々としていないな」とは思わない気がいたします。

(個人的には、穏やかな方がいいですが。)

 

「堂々としていない」という態度は、

「やましいことがある」と白状してしまっているようなもの

に見えますので、

歯切れの悪い言葉を聞く前から、

結果が見えている気がいたしました。

 

ただ、堂々としていようがいまいが、

してはいけないことをしたなら、

それなりの責任を取らなければならないことには

変わりないですね。

 

知事や市長や議員など、

私たちが「選挙」で選んだ方々が、

こういう不祥事で辞職していくところを、

もう私たちは、何度も見てきていると思います。

 

また、今年の夏は、参議院選挙がありますね。

(衆参ダブル選挙になる可能性もありますね。)

 

いずれにしても、

勝手なことをし始める人がどうしても出てきますので、

知事であろうと市長であろうと、議員であろうと、

私たち国民は、「監視」をしなくてはならないですよね。

 

しかし、「政治家なんて、カゲでみんな悪いことしているよ」

などという声もよく聞きます。

 

ということは、私たちは、

政治をよい方向へ動かしていく人を選ぶ「選挙」に、

多大なお金や時間や労力を費やしているはずが、

「カゲで何をするかわからない人」、または、

「不祥事で、いつ辞職するかわからない人」を選ぶ「選挙」に、

大事なお金や時間や労力を費やしている、

ということになってしまっていることになりますね。

 

また、よく、「国民一人ひとりが政治に参加するべきだ」

という言葉を耳にします。

いいことだと思います。

 

日本を担っているのは、全国民ですから、

「政治は皆で」が、いいと思います。

 

また、「国民は、政治を政治家任せにしない」

というのも、いいと思います。

 

しかし、

「国民が、政治家に、政治を任せられない」のだとしたら、

「何のための選挙なのだろう?」

ということになってしまう気もいたします。

 

ただ単に、政治を動かすための頭数をそろえるだけ、

になってしまう気がいたします。

 

選挙の際に、

各党が掲げる政策の違いも重要ではありますが、

しかし、それよりも先に、選挙そのものが、

「監視されなくても、きちんとやる人」を選ぶ「選挙」

になっていなければいけないと思います。

 

結局、一番大事なのは「信頼」なのだと思います。

 

少なくとも、今夏の参議院選挙からは、

18歳以上の方にも選挙権があるわけです。

 

(因みに、18歳以上の方が選挙権をもつことについて、

 以前、下記のようなブログを書きました。

 お読みいただけたら幸いです。)

morimariko.hatenablog.jp

 

今後、有権者・選挙に参加する人たちの、

お金や時間や労力が無駄になることのないように、

「監視されなくても、きちんとやる人」が立候補者に現れて、

「意味のある選挙」になってほしいものだなと思います。

 

舛添都知事の釈明会見から、

このようなことを思った昨日、今日でした。

 

 

お読みいただきまして、どうもありがとうございました。