読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世の中の観察日記

世の中を見て、思ったこと・考えたことを自由につづって参ります。このブログを読んでくださる方々と、「安心」を共有することを望んでいます。

「お知らせ」と、「健康と病気について」。

私事 心・考え方

本日は、「お知らせ」と、「健康と病気について」の、

2つのことをお話させていただきたいと思います。

 

まず、「お知らせ」から。

 

私は、来週から、

入院及び手術をする予定がございまして、

少しの間(約1箇月間を見込んでおります)、

当ブログをお休みさせていただくことにいたしました。

 

皆様のブログへは、

6月5日(日曜日)まで、

訪問させていただきたいと思っております。

 

ブログを再開できるようになりましたら、

当ブログでご報告させていただきたいと思っております。

復帰後、皆様のご無理のない中で、

再び、当ブログにお付き合いいただけたら幸いでございます。

 

因みに、私の病名は、

「卵巣腫瘍(らんそうしゅよう)」です。

 

左の卵巣に「しこり」があります。

 

毎年、婦人科検診を受けておりましたが、

容易に発見しにくいこともあるようで、

腹部に圧迫感がある、腹痛など、

自覚症状が出てから受診して、

発見に至りました。

 

自分の身にこのようなことが起きて、

初めて知りましたが、

卵巣にできた「しこり」が、

「良性」の場合を「卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)」と呼び、

「悪性」の場合を「卵巣がん」と呼ぶようです。

 

私が受けた検査のうち、

腫瘍マーカー(血液検査)の値が正常値を超えたため、

悪性の可能性が出てきました。

 

しかし、その他の検査とあわせ、総合的に考えると、

良性の可能性が高い、という医師の診断をいただいております。

 

このように、手術するまで、

「良性」か「悪性」か、はっきりと判断できない場合、

「卵巣腫瘍」(←私についた病名)となるそうです。

 

私自身の現状は、

時々、腹痛がある程度で、

腹痛のない時間のほうが圧倒的に多く、

気持ちが滅入ることもなく、

食欲が落ちることもなく、

外見上、「元気」にしか見えないだろう、

という感じです。

 

ただ、左の卵巣と、

もうすぐお別れなのだな、

ということが、寂しいです。

 

そして、もし、私の受けたストレスを、

左の卵巣とそのしこりが引き受けてくれていたのだとしたら、

と思うと、申し訳ない気持ち、ありがたい気持ち、

両方の気持ちになりました。

 

これまで、私のからだの中で、

私を支えてくれていたわけですが、

今後は、手術によって、

私のからだの外へ出ることによって、

これからの私を支えてくれることになります。

やはり、ありがたいです。

 

そして今日、お話しようと思っていた2つ目のことですが、

自分が病気になった、手術するのだ、

というふうになってから、

以前大学で、『生命倫理の現在』という本を教科書にして、

「健康と病気について」

というレポートを書いたことを思い出しました。

 

レポートの下書きが残っていましたので、読み返しました。

 

そして、

わかっていたような気もするのですが、

忘れていたような気もすることがありましたので、

改めて、「今後も、忘れずに覚えておこう」という趣旨で、

箇条書きにして、こちらに載せておくことにしました。

  • 人間は健康を求めることとは裏腹に、病気と縁が切れない矛盾を背負った存在である。
  • 人は、矛盾を背負った存在であることを、了解しなければならない。
  • 病気と健康は隣接しており、一つのカラーのグラデーションの中を、行ったり来たりするような「一つ」の中の柔軟な対立関係にある。
  • 健康と病気は、別々のものではなく、相対的で、共存的な関係でもある。
  • (フランスの科学哲学者カンギレムによると、)

    基準を固定化せず、環境に適応していくことができることが健康、

    基準を固定化し、環境に適応することができないことが病気である。

 

また、先ほどの『生命倫理の現在』の中の執筆者(池辺義則教氏)が、

カンギレムの、ある言葉の解釈を次のように書いていました(P121)。

 病人は規範をもたないために異常なのではなく、一つの規範しか受けいれることができないために病人なのである。病気は健康の次元でみたときの一つの変異なのではなく、生命の一つの新しい次元である。

 

私は、「健康」とは、

「自分のからだの状態を知り、

その状態に、好ましい環境を用意しようという作業ができること」

なのではないか、と思いました。

 

これもまた、私が覚えておきたいことです。

 

 

それでは、皆様も、どうかおからだを大切にしていただき、

ご無理のないように、お過ごしくださいませ。

 

皆様のご健勝をお祈り申し上げております。

 

 

お読みいただきまして、どうもありがとうございました。

 

引用文献

生命倫理の現在』塚崎智、加茂直樹 世界思想社

 生命倫理の現在 (SEKAISHISO SEMINAR)