読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世の中の観察日記

世の中を見て、思ったこと・考えたことを自由につづって参ります。このブログを読んでくださる方々と、「安心」を共有することを望んでいます。

「わが身は小天地」ということについて。

先日(11月24日)は、関東で、

積もるほどの雪が降りましたね。

 

11月の東京都に雪が降るのは、

54年ぶりのことだったそうですね。

 

私は千葉県に住んでおりますが、

やはり、バス・電車が遅延・運休し、

雪の影響を受けました。

 

そして、

いつどこで起こるかわからない地震も多い昨今。

 

そのような日々の中で、

私は、『菜根譚(さいこんたん)』という、

中国の古典に出てくるある言葉を

思い出していました。

 

[訳文]を先にご紹介させていただきます。

(『1分間でわかる「菜根譚」』P193より)

  わが身はひとつの天地である。喜怒も正当で、好き嫌いにも原則が通っているようにすれば、無理のないやわらなか道理で自身を貫ける。

 

[読み下し文]は次の通りです。

  吾が身は一小天地なり。喜怒をして愆らず(あやまらず)、好悪をして則(のり)有らしめば、便ち(すなわち)是れ燮理(しょうり)の功夫(くふう)なり。

 

毎日には、

気温の高い日もあれば、低い日もあり、

ちょうどよい気温の日もある……

晴れの日、雨の日、風の日、雪の日があり、

晴れていながら雨が降る日もある……

そして、大地が揺れる日もある……

 

このような、様々な毎日があるということは、

「小さな天地」である「わが身」にも、

様々なことがあり、いろいろな気持ちになるのは、

「とても自然なこと」ですね。

 

暖かい気持ちの日、寂しい気持ちの日、

怒りの日、勢いのある日、楽しい日、無心の日……

 

笑いながら涙を流す日は、

晴れていながら雨が降る日に、

似ているような気がいたします。

 

自分の心が揺れる日は、

大地が大きく、また、小さく揺れる日に、

似ているのかもしれません。

 

また、「晴れの日」と言っても、

太陽のまぶしさと共に明るい気持ちになる日もあれば、

太陽のまぶしさに負けそうになる日もあると思います。

 

そして、「雨の日」と言っても、

しとしと降る雨に悲しみに誘われる日もあれば、

しとしと降る雨に心落ち着く日もあると思います。

 

先ほどの『菜根譚』の中にあった、

「喜怒も正当で、好き嫌いにも原則が通っているようにすれば、無理のないやわらなか道理で自身を貫ける」

という言葉から、

私は、どのような日でも、一番大事なことは、

素直な気持ちで、「自分」に基づいて行動しているか、

ということなのだろうと思います。

 

それはつまり、

喜ばしいことを、ちゃんと喜んでいるか、

怒ってもおかしくないことを、ちゃんと怒っているか、

ということであり、

また、誰かの「晴れ」に合わせたり、

誰かの「雨」に合わせることを、

自分は、本当はしたくない(かもしれない)のにしていないか、

ということでもあります。

(自分が本当にそうしたい(合わせたい)ならいいけれども、

したくないなら、しないほうがいい、と私は思います。)

 

もちろん、喜怒の表現は、

場合によっては控えるべきときがあると思います。

 

ただ、「こういうときに喜ぶ」「こういうときに怒る」

「こういうことが好き」「こういうことが嫌い」という、

「自分の感覚」を持っていることで、

自然に生きることができる!

無理なく生きることができる!

と『菜根譚』は説いている、

と私は解釈しています。

 

また、ある事柄に対し、

このままの自分でいいと思うならそのままで、

このままの自分ではいけないと思うなら変えていく、

という、そういうことも、素直に「自然に」するといい、

という意味も含んでいると思います。

 

そして、「生きづらさ」があるときには、

自分の気持ちに嘘をついていないか、

自分の本心に気づかない振りをしていないか、

自分の行動が自分の気持ちに基づいていない不自然さがないか、

と疑ってみるといいのではないか、

と私は考えています。

 

これは、「自分を見失わない生き方」なのだと思います。

 

「怒ってはいけない」「好き嫌いがあってはいけない」

と聞くこともありますが、

それにとらわれなければいいのだと思います。

「理由」があるなら、私はいいと思っています。

菜根譚』が解くように、「原則」が通っていれば、

いいのだと思います。

 

私は、さまざまな日々の中で、

「わが身は小天地」という自然な態度で、

「本当の私はこうである」「本当は私はそうしたい」

という自分に基づいて、

素直に喜んだり、素直に怒ったりしながら、

毎日を過ごしていきたい、と思っています。

 

 

お読みいただきまして、どうもありがとうございました。

 

引用・参考文献

『1分間でわかる「菜根譚」』渡辺精一 三笠書房

 1分間でわかる「菜根譚」 (知的生きかた文庫)

菜根譚』洪自誠、今井宇三郎(訳注) 岩波書店

 菜根譚 (岩波文庫)