読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世の中の観察日記

世の中を見て、思ったこと・考えたことを自由につづって参ります。このブログを読んでくださる方々と、「安心」を共有することを望んでいます。

「今日の私」について。

ごあいさつ 私事

2017年を迎えてから、7日目となりました。

 

松の内」(お正月)は、

元旦から「7日まで」という地域と、

「15日まで」という地域があるそうですね。

 

私の住む地域(関東)は、1月7日までです。

 

ですので、(もう夜でもありますが)

ごあいさつをさせていただいてもよろしいでしょうか?

 

「皆様、あけましておめでとうございます」

 

そして、昨年、当ブログを気にかけてくださいました皆様、

どうもありがとうございました。

 

また、本年も、ブログを通じての和みと学びの時間を

楽しみにしております。

 

新たな年が、どなた様にとっても、

ステキで、すばらしくて、

心明るい一年になりますことを、

お祈りいたしております。

 

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

そして本日は、

年が明けてから思い出していたことを

書かせていただこうと存じます。

 

私は、お正月早々、子どもの頃にお世話になった、

「わたなべさん」というおじいちゃんのことを

思い出しておりました。

 

そのおじいちゃんのことは、

以前、当ブログで『「大事な人」について。』というタイトルで、

記事にさせていただいことがあります。

morimariko.hatenablog.jp

 

父と母が共働きであったため、

私は、ご近所にお住いの、わたなべさんというおじいちゃんに、

わが家に通ってきていただき、

私の幼稚園の送り迎えを中心に、お世話になっていました。

 

ある日、幼稚園で、保護者同伴の遠足があり、

梨狩りに行くことになりました。

 

やはり、私の場合は、

父も母も一緒に行くことはできませんでしたので、

その日、おじいちゃんが一緒に行ってくださいました。

 

いっぱい梨を獲った帰り、

おじいちゃんは、私のリュックにたくさんの梨を詰め込みました。

 

私は、とても重くて、重くて、

おそらく私は、「そんなに入れなくても……」と

子どもながらにため息をついたような記憶があります。

 

その日の夜、母に、

「おじいちゃんが、私のリュックにたくさん梨を入れるから、

重くって、重くって……」

と、困ったように、つらかったんだというように、話しました。

 

すると母は私に言いました。

「まりちゃん(←私のことです)に、

たくさん食べてほしかったんだね」と。

 

私は、母からそう言われて、ハッとしました。

「あの、梨の重さは、

おじいちゃんの、私に対する愛情の重さだったんだ」と。

 

「おじいちゃんは、私のリュックに、

愛情をたくさん詰め込んでくれたんだ」と。

 

あの遠足の帰り道、

私の背中に感じた梨の重さ。

 

今でも、私の背中に、

おじいちゃんの愛情を感じることができて、

私は、穏やかな気持ちで、

「今年もがんばろう!」

「絶対がんばれる!」

と思いました。

 

私に、

「今年も、おじいちゃんはまりちゃんを応援しているよ!」

という、おじいちゃんの声が届いたのでした。

 

実は、時期を同じくして、

友人がくれた言葉が私の力となって……

日頃から力づけてくれている友人なのですが、

改めて、深く、ありがたさを感じました。

 

そして私は、今、ここで思うのです。

 

私は、これまでに、たくさんの優しさをもらって生きてきた。

 

私は、これまでに、たくさんの愛情をもらって生きてきた。

 

私は、これまでに、たくさんの方々に見守られて生きてきた。

 

私がこれまでに出会った方々、

私に起きたこれまでの出来事、

私に届いた想い、言葉……

「すべて大事で必要なことだった」

 

そのすべてがあって、「今日の私」が在ることができた。

 

年が明けて、今、このような気持ちになり、

これまでのことを思うと、ありがたくて、

これからのことを思っても、ありがたくて、

この感謝の気持ちを行動で表したい……

そう思いながら、

今年最初の記事を書かせていただきました。

 

 

お読みいただきまして、どうもありがとうございました。