読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世の中の観察日記

世の中を見て、思ったこと・考えたことを自由につづって参ります。このブログを読んでくださる方々と、「安心」を共有することを望んでいます。

「生きがい」について。

心・考え方 自殺の阻止

「これがあるから、私は生きていける」と思うこととか、

「これまで、生きてきてよかった」と思うこととか、

そういうことを、「生きがい」という、と私は思っています。

 

しかし、「これがあるから、私は生きていける」

と思っていたものを失ったとき、

生きていけなくなるならば、

「生きがい」は、ないほうがいいのかもしれない、

と私は考えたことがあります。

 

私は、これまでの人生の中で、猫と暮らしていた時間がないのは、

2年間だけです。

 

以前、一緒に暮らしていたある猫を、私は溺愛していました。

亡くなってから、もう15年になります。

 

その猫は、晩年、体調を悪くすることが多く、

私は、「この猫がいなくなったら、

私も一緒にいなくなってしまうのではないか」

と思っていたくらい、溺愛していました。

 

そして、亡くなったときは、ずいぶん泣きました。

 

墓苑に埋葬しました。

お墓も買いました(母と共同出資で)。

 

お彼岸、ご命日など、何度かお墓参りに行っているうちに、

「供養」が、心のざわざわを静めてくれることを知りました。

 

また、ご住職が、説法の中で、

「供養は、こちらの世界にいる

私たちのためのものでもあるんですよ」

とおっしゃっていたのが、よくわかりました。

 

私は、その当時、その猫が「生きがい」だったのだと思います。

 

しかし、その「生きがい」をなくした今も、私は生きています。

 

「生きがい」をなくして、次の「生きがい」が見つかるなら、

それもいいと思います。

 

しかし、わざわざ探そうとすると、なかなか見つからないもの

だろうとも思います。

 

私が、その当時、「生きがい」をなくしても、生きてこれたのは、

一緒に楽しく暮らしてきて、癒やしてもらって、

感謝しているその猫に、

「悲しい思いをさせて、ごめんね」なんて

言わせてはいけない、

という思いがあったからだと思います。

 

「生きがい」がなくても、人は生きていける

ということなのかもしれませんし、

または、

その猫に「ごめんね」と言わせないことが、

私の、新たな「生きがい」になった、

ということなのかもしれません。

 

いずれにしても、

私は、「生きてきてよかった」と、

今も、しっかり思っています。

 

 

お読みくださいまして、ありがとうございました。