世の中の観察日記

世の中を見て、思ったこと・考えたことを自由につづって参ります。このブログを読んでくださる方々と、「安心」を共有することを望んでいます。

「生きること」について。

コロナ禍、地震災害など、被害に遭われました方々に、

心からお見舞いを申し上げます。

 

また、医療に従事してくださっている方々に、

そして、その方々を支えてくださっている方々に、

私たちは本当に助けられていると思います。

どうもありがとうございます。

 

 

なかなか落ち着きを取り戻せない世の中で、

辛い時間を長く過ごされている方が多くいらっしゃることと存じます。

 

「生きていけない」「死にたい」と思っている方も、

いらっしゃることと存じます。

 

私は、命あるすべての方々に「生きてほしい」と思っています。

 

本来、私の思う「生きること」については、

述べようとすれば、読んでくださる方を疲れさせてしまうほど、

かなりの長文になってしまいます。

ですので、この度は、ブログの記事であることを踏まえて、

短めに述べさせていただこうと思います。

 

私は、「生きる」というのは、

命ある限り“する(生きる)もの”だと思っています。

悲しくても、つまらなくても、するものだと思っています。

 

すでに楽しいことがあれば、幸いだと思います。

もし、積極的に楽しいことを見つけようとして見つかれば、

それも幸いだと思います。

 

もし、楽しいことがあれば、

“生きることは、しやすいこと”になっていくと思います。

だから、楽しいことはたくさんあってもいいし、

一つのことで充実させてもいいと思います。

 

楽しいこと、嬉しいこと、ときめくこと、

好奇心をくすぐられることなどは、

細胞が生き生きとしてくることもあって、

心身ともに生きていきやすくしてくれるものであり、

むしろ、「生きてきてよかった」と思わせてくれることもある、

と思います。

 

これとは逆に、楽しいことがない時や、悲しい時、辛い時、

特に悲しいことはないけれど何もない時などにも、

「生きていきにくい」と感じることがあると思います。

 

そして、度重なる困難に、くじけそうになることがあると思います。

「むしろ、倒れてしまいたい」と思うこともあると思います。

 

夢や希望を見失えば、

これから先、生きていくことに意味があるのだろうか、

と思うこともあると思います。

 

しかし、楽しいことがないから、悲しいことばかりだから、

というのは、「生きるのをやめる理由」にはならない、

と私は思っています。

 

「命を授かった」こと、それが「生きる開始のサイン」であり、

「命を授かった」こと、それだけで「生きていく理由」となり、

楽しいから生きていくのではなく、悲しいから死ぬのではなく、

人は、命を授かった時から「生きることになっているから、生きる」

のだと私は思っています。

 

「人生を楽しむために生まれてきました」と思う人がいても、

もちろんいいと思います。

しかし、人生を楽しめなくなった時に、「だから死にます」

という思いにつなげてはならないと思います。

 

命を授かった時から生きることになっている私たちは、

人生を充実させればいい、と私は思っています。

 

ただ、何らかの感情が生じている出来事の経験は、

すでに充実が始まっていて、自分がその始まりに気づいていないだけ、

ということがあると思います。

また、どう対処すれば充実になるのかわからない、

ということもあると思いますが、考えている・悩んでいることも、

私は充実が始まっていると思います。

その気になったら、そこからもう一歩、出てみてほしいです。

 

私は、楽しいことは、生きることを応援してくれるものであり、

悲しいことは、乗り越えることで、生きる力を強くするもの、

だと思っています。

 

また、楽しいことがあって明るい人は他の誰かに明るさをもたらし、

悲しいことがあってもくじけない人は他の誰かに希望をもたらす、

ということがあると私は思っています。

 

楽しいことも、悲しいことも、何もないことも、

自分がどのようにとらえて、自分がどのようにふるまうかで、

“充実”というところに行き着く可能性はいつもあると思っています。

 

ここで、私が時に頭の中で口ずさむ、

『修証義(しゅしょうぎ)』というお経に出てくる一文を

お伝えしたくなりました。

 

「己れに随い行くは只是れ善悪業等のみなり」

(おのれにしたがいゆくはただこれぜんあくごっとうのみなり)

 

これについて、『曹洞宗のお経』P104に、

「自分についていくのは、ただ心でなした善と悪の行為の習慣だけ」

という意訳が付されています。

 

この一文の前を割愛させていただきましたが、

これは、私たちが亡くなった後、

魂が行くところとされる黄泉の国へ行く時のことで、

何も持っていくことはできないし、

この世で権力や地位や財力があったとしてもそれは関係がなく、

家族や友人に一緒について来てもらうこともできない……但し、

「自分が日常生活を送る中で持っていた心と、してきた行いが

“積み上げてきたもの”は自分についてくる」という内容のものです。

 

何かに一生懸命になったり、怠けたり、いい加減にしたり、

成功に喜んだり、失敗に悲しんだり、笑ったり、怒ったり、

誰かを恨んだり、誰かを思いやったり……と、

自分の心をどのようにしてきたか。

それで、どのような行いをしてきたか。

 

楽しいことや悲しいことがあって、それでどうしたか。

それで、自分の心に何を宿して生きてきたか。

 

これまで持っていた心と、してきた行いが積み上げてきたもの、

それだけが、黄泉の国へ行く時に自分についてくるとしたら……

 

私は、「明るい心」「負けない心」でありたいですし、

「やさしい心」「強い心」を持てるようでありたい、

そういった心を宿して、行いを伴って、充実した日々を、

生きていきたいです。

 

もう一度、一文を繰り返しますが、

「己れに随い行くは只是れ善悪業等のみなり」

(おのれにしたがいゆくはただこれぜんあくごっとうのみなり)

という一文は、まちがった考え方を採用するわけにはいかない、

しかも、“それはきっとまちがっている”と思いながら、

まちがった考え方や行動を選択するわけにはいかないという、

私を律する言葉として、かつ、私を応援する言葉として、

私の中で生きています。

 

コロナ禍でも、震災に遭っても、諸々の困難があっても、

生きていきにくい中を耐え続け、生きる道を選んで進み、

何らかの手立てを考え、人生に取り組む方々の心に宿るものは、

輝きを放つに違いないと思っています。

 

むしろ、もうすでに輝いているような気がいたします。

 

辛く悲しい時を過ごしている方々が、

「私、よく頑張っている!」と、

ご自分に声をかけているといいな、と思っています。

 

生きる道を選んで今日を迎えている方々は、

すでによく頑張っているに違いないですから。

 

 

お読みいただきまして、どうもありがとうございました。

 

引用文献

曹洞宗のお経』監修/中野東禅 双葉社

曹洞宗のお経 (わが家の宗教を知るシリーズ)

 

 

※次回の記事更新は「7月」を予定しております。

 更新にお気づきいただけましたら、

 そして、皆様のご都合がよろしい時にお読みいただけましたら、

 幸いに存じます。

「回向(えこう)」について。

まず、ごあいさつからさせていただきたいと存じます。

 

当ブログは約4か月に一度、更新をさせていただいております。

11月を迎えて書かせていただく今回の記事は、

今年最後の記事になります。

 

更新の回数が大変少ないにもかかわらず、

お越しくださった皆様には大変感謝いたしております。

今年はまだ1か月半以上ありますので、

かなり早いごあいさつになってしまいますが、

今年も当ブログにお付き合いくださいました皆様、

大変お世話になりました。どうもありがとうございました。

 

 

それでは、本題の「回向」についてのお話に入らせていただきます。

 

まず、『お経の意味がわかる本』という本の73ページにある、

「回向」の説明を引用させていただきたいと思います。

 

「回向は、「廻向」とも書きます。その意味は、「ふり向ける」ということです。つまり、自分が積んできたり、修めてきた善根功徳を、人々や生き物のためにふり向けるということです。また、自分の功徳を他人に施し、極楽往生の資(たすけ)としようと願うことでもあるのです。さらには、仏事・法事を営んで、その功徳が故人の死後の安穏をもたらすように期待することでもあります。」

 

同じく73ページに「回向」には三種あることが書かれています。

「その一つは、自分の積んだ善根功徳を自分の悟りにふり向けるという菩提(ぼだい)回向です。二つめは、他のものの利益にふり向けるという衆生(しゅじょう)回向。三つめは、回向そのものにとらわれないで、そこに平等真実の理(ことわり)を悟るという実際(じっさい)回向があります」

 

実は今年、私の母の姉(伯母)が老衰で亡くなりました。

91歳でした。大変苦労をしてきたのですが、

それを感じさせないほど、いつも明るく優しい伯母でした。

 

そして、私は思い出したことがあります。

 

私の母と伯母がまだ子どものころ、私の母の父(祖父)が、

「村外れに道祖神を建て、月に何度かそこにお金を置きに行っていた」

というお話なのですが、

「なぜ、お金を置いてくるのか」と伯母が尋ねると、

「困っている人が持っていくだろうから」と祖父は答えたそうです。

 

私は感動し、このような祖父を誇りに思っておりますが、

それ以上に、私が今日まで生きてくることができたのは、

見返りを求めることのない行いで積んだ祖父の功徳が、

私にふり向けられていたおかげなのではないかと思え、

「なんてありがたいことだろう」と深い感謝の念を抱きました。

 

また、私がそのおかげに気づくことができたのは、

その祖父の行いを伯母と母が私に伝えてくれたからであって、

ここに“つながり”というものと、伯母と母の功徳をも感じました。

 

祖父も伯母も母も、功徳を意識して私に伝えてきたのではない

と思います。

もし、そのような気持ち(功徳を積む狙い)があったならば、

私に、このお話を聞いての感動はなかっただろうと思います。

 

おそらく「功徳」は、

ただただ、人々や世の中の安穏を純粋に願う思いのある人が、

知らない間に積んでいるものであって、

その「功徳」が、その人の純粋な願いや思いがあることによって、

自然に自他にふり向けられる、

それが「回向」というものなのではないかと私は思います。

 

私は、意図的に功徳を積もうと思ってすることのすべてを

否定するつもりはありませんが、

見返りを求めることなく、

ただただ、人々や世の中の安穏を純粋に願って、

自然になされる行為の多くが功徳につながっているのだろう、

と思います。

 

今年は、新型コロナウィルスの猛威によって、

世界中が困難や恐怖に襲われる年になってしまいました。

もちろんながら現在も、とうてい油断のできない状況にあり、

寒い季節の到来とともに、感染者数がかなり増加し、

ますますの緊張の高まりを多くの方々が感じていらっしゃる

ことと存じます。

 

ウィルスの恐怖ばかりでなく、経済的な問題や将来への不安など、

苦しい状況を抱えている方も多くいらっしゃることと存じます。

それでも、

「苦しいけど生き抜こう」と自分自身を励ます方がいるならば、

私にとってそれは、世の中の安穏の一つです。

 

一人でも多くの方が、

「自分のために、明日につながる何かをしよう」

「誰かのために、未来につながる何かをしよう」

とするならば、

一人ひとりの思いに“つながり”が生じて、

一人ひとりの「回向」の力の誕生があるに違いない、

と私は思います。

 

最後に、再び先ほどと同じ『お経の意味がわかる本』という本の

72ページから引用させていただき、私の好きなお経の一つ、

『普回向(ふえこう)』をご紹介させていただきたいと思います。

 

『普回向』

「願わくは此の功徳を以って普く一切に及ぼし、我等と衆生と皆共に仏道を成ぜんことを。」

(ねがわくはこのくどくをもってあまねくいっさいにおよぼし、われらとしゅじょうとみなともにぶつどうをじょうぜんことを)

意訳:

「この(善行によって生じた)功徳を、あまねく生きとし生けるものにふり向け、私たち仏道修行者と生きとし生けるもの、皆が仏道を成就することができますように」

 

私は、皆様の明るく楽しい毎日を願い、

『普回向』を唱えさせていただきたいと存じております。

 

 

お読みいただきまして、どうもありがとうございました。

 

引用文献

『お経の意味がわかる本』服部祖承 大法輪閣

 お経の意味がわかる本 (仏教を学ぶ)

 

※次回の記事更新は「2021年3月」を予定しております。

 皆様のご都合がよろしい時にお読みいただけましたら、

 幸いに存じます。