世の中の観察日記

世の中を見て、思ったこと・考えたことを自由につづって参ります。このブログを読んでくださる方々と、「安心」を共有することを望んでいます。

野球を通じて、思ったこと。

今、高校野球では、

甲子園出場校がどんどん決定してきていますね。

 

私は、特に詳しいというわけではありませんが、

子どもの頃から野球好きです。

 

そして今年は、

月一ペースでプロ野球観戦に出かけております。

 

私には現在、特にどこのチームのファンというのがなく、

一緒に行った友人が応援しているチームを応援します。

 

ただ、例えば、盗塁の場面では、敵味方に関係なく、

ランナーが成功しても、キャッチャーが阻止しても、

私は「おおおー!」となります(←気持ちがいいということです)。

 

また、球場全体に「おおおー!」という声が上がるのも楽しいです。

(^^)。

 

因みに、私自身が千葉の人ということもあり、

球場は、マリンスタジアムに一番多く出向いております。

f:id:morimariko:20170727231817j:plain

これは、5月のレディースデイに行った時の試合後の写真です。

さすが、女性が多いですね~。

 

そして私は、ロッテの井口選手が今季で引退してしまうのが、

サビシイです(>_<)。

 

実はつい先日、井口選手が、

『ブレないメンタルをつくる 心の軸』

という本を出されていることに気づき、

読ませていただきました。

 

ピッチャーの投げたボールをバットのどこに当てるか、

ということも大事だと思いますが、

井口選手の本には、バットに当てるタイミングと言いますか、

ボールが自分の目の前の“どの位置にある時にバットに当てるか”

というようなお話と、

それができるようになるまでのお話が書かれてあり、

今の私に野球をする機会はないものの、

何かと人生に置き換えて考えることが好きな私には、

そういう意味もあって、大変興味深いお話でした。

 

私の解釈では、「待って打つ」という感じなのですが、

井口選手の考え方、練習の取り組み方、

特に、メジャー・リーグに行って1年目の忍耐の日々などを

合わせて考えてみると、

「意図的に待って打つ」であろうと、

「(なぜか)待つことになっていて待って打つ」であろうと、

「熱い人は、そのタイミングと本物の技を必ず手に入れる」

と感じました。

 

そして私はもちろん、どちらのチームの選手でも、

ライナーをしっかりグラブに収める姿とか、

ヒットで抜けていきそうなボールに飛びつく姿とか、

バックトスを華麗に決める姿とか……

ファインプレーを見ては「あぁ~カッコイイ~!!」

と思っています(^^)。

 

ただ、井口選手の本で、ファインプレーについて、

気づかせていただいたことがありました(P47,48)。

確かに二遊間を抜けそうな打球に横っ跳びで飛びついて捕球すれば、ファンは喜んでくれます。でも、事前に打球の方向を予測して守備位置を二塁寄りにしていれば、そもそも飛びつく必要もありません。正面で捕球すれば、大きな歓声は得られませんが、確実にアウトを取ることができます。

 

派手に見えるプレーがプロの守備なのではなく、簡単な打球は堅実にさばき……

難しい打球を難なくさばいてみせることこそが本当のプロフェッショナルだと思っています。

この箇所を読んですぐ、以前テレビで野球をみていた時、

実況アナウンサーが、

「よくあの位置にいましたね~」

と言っていたことを思い出しました。

 

これは、他のスポーツでもあることだと思いますが、

それが「プロ」ということなんだな、と改めて思いました。

 

もちろん、先にあげたファインプレーは、

私にとって気持ちのいいファインプレーに違いありませんが、

ただ、これからは、

選手が「その位置にいたこと」それ自体の「ファインプレー」

見逃さないようにしたい!と思いました。

 

こうしてみると、

「位置」というものと、「プロとしての意識や熱意」には、

何らかの関係があるのだな、と思えて参りました。

 

スポーツも、人生も、

「熱心ではない」から当然「うまくいかない」ことも、

「熱心ではない」のになぜか「うまくいく」ことも、

そして、

「熱心である」のに、なかなか「うまくいかない」ことも、

あると思います。

 

ただ、「熱心ではない」のに恵まれたような立ち位置にいると、

だんだん居心地が悪くなって自ら移動することもあると思いますし、

逆に、その立ち位置にふさわしくあろうと努力する、

ということもあると思います。

 

また、「熱心である」けれども望む立ち位置が手に入らないのは、

やり方とか、方向とか、捉え方とか……どこか変えたほうがいい、

という理由があってのこと、ということもあると思います。

 

ですので、結局、

今の自分の「立ち位置」にはちゃんと意味があって、

おおかた「熱意」と見合っている、

という気がいたします。

 

井口選手の“位置”を掴むという「熱意」は、

昔からずっと変わらなかったのではないかと思いますが、

それでも、バッターの時と守備に就いていた時と、

それぞれに「ここだ!」という“位置”を掴むまでの過程には、

試行錯誤があったことと思います。

 

きっと、試行錯誤の最中は、

「それが、自分が本当に求めているものなのかどうか」

を考える機会にもなっていると思いますので、

「気持ち」が揺れ動くのは当然だと思います。

 

そして、「試行錯誤という中での位置」や、

「試行錯誤した上での位置」というのは、

「熱心であるからこその位置」であり、

その位置は、いつも「よい位置」でしかない、

と私は思います。

 

また、試行錯誤の日々を通過しても、再び、

「それを続けていくのか、離れていくのか、勇気ある選択」

を迫られる時がやってきて、

“新たな位置”を掴んでいくのだろう、

ということも思います。

 

私はテレビで、

井口選手の引退会見の様子をほんの少し拝見したのですが、

その時の井口選手の目がとてもキラキラしていたのが印象的でした。

 

「思い残すことなくやった」という“新たな位置”に到達して、

井口選手はキラキラした目をしていらっしゃったのだと思います。

 

私は、そのような井口選手が守っていたセカンドの守備に就いて、

「私よ!よくぞその位置にいた!」と賞賛する私を想像して、

ちょっと想像してみただけで、楽しい気分になりました(^^)。

 

実は井口選手、本の中でも“新たな位置”を感じさせることを

おっしゃっています。

「将来、監督をやってみたい」(P156)。

「いつかはメジャー・リーグの監督もやってみたい」(P158)

 

メジャーでの井口監督!

「あ~観に行きた~い!」なんて思う私。

観客席という“位置”に居る私まで想像してしまいました!

 

井口選手の引退がさびしかった私の心は、

今、“ワクワクの位置”に変わってきたようです。(^^)。

 

 

お読みいただきまして、どうもありがとうございました。

 

引用文献

『ブレないメンタルをつくる 心の軸』

井口資仁 ベースボールマガジン社 

ブレないメンタルをつくる心の軸
 

 

「竹」の生き方について。

九州における豪雨の被害に遭われました皆様へ、

心より、お見舞い申し上げます。

 

本日は、私がしばらく考えておりました、

「竹」の生き方について、

述べさせていただこうと思います。

 

数か月前から、私の友人であり、

はてなでブログを開設されている方でもある、

Mayumiさん(id:mmm-thatsfine)との間で、

「竹」の話題が出ていました。

 

Mayumiさんは、

「竹というのは、およそ百年に一度花を咲かせて、

その一帯が全滅するそうですね

昔、そのことを題材にしたオリジナルのミュージカルを見て

印象に残っています」

とおっしゃっていました。

 

私は、そのような「竹」の生涯を初めて知り、

「およそ百年に一度花を咲かせて、その一帯が全滅する」

ということが気になりつつ……

次の禅語を思い出しておりました。

 

「風過ぎて竹に声を留めず」

(かぜすぎて たけにこえを とどめず)

 

これは、

「風が過ぎてしまえば何事もなかったかのように静まる竹」

の様子を伝えるものです(『ほっこり、やさしい禅語入門』P76)。

 

「竹」が「風」に吹かれているところを想像すると、

小さく、また、大きく揺れてしなったり、

葉の触れ合う音もサラサラと小さかったり、

ザワザワと大きかったり、していると思います。

 

そして、「風」が吹き抜けて行ったあとは、

「竹」が、「自分の軸とするところ」に戻ってきて、

静かにそこに立っている、

という様子が、脳裏に浮かんで参ります。

 

また、「風」に関して、次のような禅語があります。

 

「八風吹けども動ぜず」

(はっぷうふけども どうぜず)

 

ここに言う「八風=八つの風」とは、

1.「意にかなうこと」

2.「意に反すること」

3.「陰でそしること」

4.「陰で賞賛すること」

5.「人前でほめること」

6.「人前でそしること」

7.「心身を悩ますこと」

8.「心身を喜ばすこと」

を表しています(前掲書P68参照)。

 

ですので、

「八風吹けども動ぜず」とは、

このような「八つの風が吹いてきても、動じないように」

と説いている禅語です。

 

※因みに「八風吹けども動ぜず 天辺の月(てんぺんのつき)」

 と書いてあることもあります。

 「八つの風が吹いてきても、天に輝く月のように、動じないように」

 という意味になります。

 

「竹」は、どのような風にも激しく逆らうことなく、

「柔らかい風」が吹いて来てはそれを味わい、

「強い風」が吹いて来ては折れないようにしなり、

たくましく立ち続けているのではないかと思います。

 

人は、

意にかなうことがあったり、褒められたりすれば「喜び」、

意に反することがあったり、そしられたりすれば「怒り、悲しむ」

といった気持ちになることがありますが、

私は、これは、人である以上、当然のことだと思っておりますし、

そういう感覚が、人には必要であると思っています。

 

きっと、喜び、怒り、悲しみなどの感情を味わって、

気持ちをあちこちに揺り動かしてしまうこともあるけれども、

あることの影響を受けたり、

また、あることの影響は受けなかったり、

という取捨選択をしながら、

決して、自分の心を見失わないように努めることで、

人は強くなっていくのだと思います。

 

それはまるで、「竹」が風に吹かれてしなり、

風を通り抜けさせたあと、

必ず、「自分の軸とするところ」に戻ってくることと「同じ」

なのではないか、と私は思いました。

 

また、

「竹」「上へと伸びつつ、根を張りめぐらす」ように、

「人」も「成長しながら、信念という根を張りめぐらす」

ということをしているのではないか、

と思えて参りました。

 

そして、再び冒頭にお話した、

「およそ百年に一度花を咲かせて、

その一帯が全滅する(一帯を枯らす)」という

「竹」の生涯を思い浮かべると、

これが、「人」の場合、

この世を去る時に、自らの信念を「拾い上げていく」

ということではないだろうか、と私は思えて参りました。

 

きっと、もともと「竹」は、

生涯を終える時に「一帯を枯らす」という覚悟をしていて、

そのように責任を果たす覚悟をしたうえで、

根を張りめぐらしているのではないか……

 

そのように思うと、「人」は、

生涯を終える時に「信念を拾い上げる」という志をもって、

そのように責任を果たそうという覚悟があるなら、

「信念」という根を張りめぐらしていいのではないか、

と思えて参りました。

 

「信念を拾い上げる」という志、というのは、

抽象的な表現かもしれませんが、

どのように具体化するかは、人それぞれだと思います。

 

「一帯を枯らす」というのは、

そうやって、新芽に、その場所を明け渡す、

という意味もあるのかもしれません。

 

ただ、新芽には、

「ここに、誰かの信念があった」ということが、

わかるのではないかと思います。

 

責任を果たす覚悟があるからこそ、根を張りめぐらす「竹」

 

「風」が吹き抜けて行ったあと、

「自分の軸とするところ」に必ず戻ってくる「竹」

 

私は今、「竹」の生き方に、憧れ始めています。

 

「竹」について考えるきっかけをくださいましたMayumiさん、

どうもありがとうございました。

 

そして、当記事をお読みくださいました皆様、

どうもありがとうございました。

 

f:id:morimariko:20170710234216j:plain

 

引用・参考文献

『ほっこり、やさしい禅語入門』石飛博光と鴻風会 成美堂出版

ほっこり、やさしい禅語入門―心豊かな毎日をおくるための禅のことば

菜根譚』洪自誠、今井宇三郎(訳注) 岩波書店

菜根譚 (岩波文庫)

命と人生を大切に。

 ※本日の記事は、約4,700字になっております。

 皆様に、許すお時間がありますときに、

 お読みいただけたら幸いです。

 

また、本題に入る前に、

今、私が心配に思っていることを少しお話させてください。

 

世界のあちこちでテロ事件が起きている中、

今月15日に、徹夜国会、強行採決という形で、

改正組織犯罪処罰(テロ等準備罪共謀罪)法案が

可決・成立したことは、皆様もご存知でいらっしゃると思います。

 

この法律によって、

表現の自由等が脅かされるのではないか、

警察等の恣意的な運用がなされるのではないか、

という懸念を多くの方が感じられているように、

私も感じております。

 

ただ、今後、この法律が施行・運用されるにあたり、

「一般人が対象になることはない」ということについて、

私としては、もう一つ懸念を感じます。

 

それは、

テロリストは実行するまで「一般人を装っている」だろう、

ということです。

 

つまり、この法律によって、一般人を疑いにくい、

また、「恣意的」と言われることを避けたいために、

かえって、警察等の本来あってもいい弾力的な対応を妨げる、

という面もあるのではないか、と私は懸念しております。

 

それでは、ここからは、

本題の『命と人生を大切に。』について、

述べさせていただきます。

 

私は、前回の記事『自爆テロをなくすために……。』

という記事を書いたことで、思い出していたことがありました。

 

それは、

私が愛読する加藤諦三先生の本『「あなたを傷つける人」の心理』に、

「きずな喪失症候群」と「燃えつき症候群」

という言葉が載っていることです。

 

※当記事における「先生」とは、すべて加藤諦三先生のことです。

 また、付しているページ番号は『「あなたを傷つける人」の心理』

 のものです。

 

先生がおっしゃっている「きずな喪失症候群」「燃えつき症候群」とは

どのような人か、たくさん挙げられている例から、

いくつか挙げさせていただきますと、

「人を殺すタイプ」「自殺するタイプ」

「殴る人」「殴られる人」

「搾取する人」「搾取される人」

「支配する人」「支配される人」

「いじめる人」「いじめられる人」

「操作する人」「操作される人」

「騙す人」「騙される人」などで、

前者が「きずな喪失症候群」、後者が「燃えつき症候群」の人です

(P3参照)。

 

私は、ここに言う、

「きずな喪失症候群」の人が「テロリストになりやすい人」、

「燃えつき症候群」の人が「テロリストに洗脳されやすい人」、

だと思いました。

 

(因みに、「きずな喪失症候群」と「燃えつき症候群」をあわせもつ「混合型」の人もいるのですが(P52~)、今回は割愛させていただきます。)

 

「きずな喪失症候群」の人は、

全部自分の思い通りにしようという自分勝手な人で、

とにかく「口がうまい」ようです。

 

また、先生は、

「きずな喪失症候群が人に絡んで搾取するのは、自分と人をつなぐ心のきずながないからである。彼らが関係のない人にまで絡むのは、きずなを求めているのである。」(P203)

と書かれています。

それで、このタイプを「きずな喪失症候群」と名付けたようです。

 

そして、「きずな喪失症候群」の人は、

安住の場所がなく、どこにも帰属する場所がないため、

「社会的に問題を起こす新興宗教集団や、政治的過激集団などに行き着いてしまうのである。」(P203)

と先生はおっしゃっています。

 

一方、「燃えつき症候群」の人は、

自分を「認めてほしい」という気持ちが非常に強くあり、

とにかく「おだてに弱い」そうです。

 

先生は、「燃えつき症候群」については、

フロイデンバーガーの著書『燃えつき』から因んで、

このように呼んでいるようです。

そして、

「燃えつき症候群」の人が、

「相手が自分を褒めてくれればいい。なんでも自分の意見に賛成してくれればいい。素晴らしい人と煽ててくれればいい。自分に名誉を与えてくれればいい……」(P41)と思っていること、

「絡まれたことを、自分が認められたと錯覚して嬉しくなり、その人をいい人と思ってしまう」(P203)ことで尽くしてしまい、

いつのまにか燃え尽きてしまう、

という意味を、この名に込めているのだと思います。

 

先生の本によれば、

「きずな喪失症候群」の人も、「燃えつき症候群」の人も、

子どもの頃に、親などから揺るぎない愛情をもらっていないために、

強い「愛情飢餓感」がある、という共通点があるそうです。

 

但し、より強く愛情飢餓感があるのは、

「燃えつき症候群」の人のほうだそうです。

 

そして、心配なのは、

「燃えつき症候群」の人が見返りの愛を求めて、

「きずな喪失症候群の人を喜ばそうとすると……あなたはいよいよ相手から軽蔑され、いよいよ奴隷扱いされる。」(P73)

という状況です。

 

また、先生は、

この本(『「あなたを傷つける人」の心理』)に限らず、

他の本でも、

「ずるさは弱さに敏感である」という言葉をよく用いられ、

「さびしい時は危険である」とおっしゃって、

注意喚起されていらっしゃいます。

 

例えば、『やさしさを「強さ」に変える心理学』(P123)にも、

「ずるさは弱さに敏感である」と書かれていて、

その前ページ(P122)には、

「人は淋しいから騙される」とも書かれていて、

したがって、

人を騙すような「ずるい人」と、

人に騙されるような「弱い人、さびしい人」は、

「結びつきやすい」という指摘を先生はなさっています。

 

私は今、テロの問題から、このようなことを思い出して、

記事を書かせていただいているのですが、

これは、もちろんながら、テロに限ったことではなく、

子どもたちの間で起きているいじめにもあてはまり、

例えば、次のようなことがあるそうです。

「燃えつき症候群の子どもは、相手から蹴飛ばされると痛くて泣く。しかしその蹴飛ばした子どもから「大丈夫?」となでられると許してしまう。淋しいから。」(P54,55)

 

本来、蹴飛ばされたなら、蹴飛ばしてきた人に、

「やめてよ!」と言っていいところを、

むしろ、

「大丈夫?」と言ってなでてもらうという行為を、

自分を蹴飛ばしてきた人からであっても、

「さびしくて欲しいもの」になってしまう、

というのが、“燃えつき症候群の人”ということだと思います。

 

しかも、

「燃えつき症候群タイプが、お世辞で動かなければ、きずな喪失症候群の人が次に使う手は脅し」

なのだそうです(P54)。

 

「さびしい時は、危険である」……まさにその通りなのだと思います。

 

ですので、先生は、この本を通して、また、この本に限らず、

次のことをすすめていらっしゃいます。

「燃えつき症候群」の人は、

・とにかく、「きずな喪失症候群」の人から離れること

・「一人でもいい」と思うこと

・心当たりがあれば、人に惑わされない人の傍に行くこと

 

そしてここで、

私は、「真に自分を心配して、声をかけてくれる人はいる」

と思っておりますので、

そのような人と、「単に口がうまい、きずな喪失症候群の人」を

どこで見分けるかという点を、

考えなければならないと思います。

 

そこで、「きずな喪失症候群」の人かどうかを見分けるのに、

次の3つを挙げてみたいと思います。

①動物的感覚を活かす

②その人が「○罰型」かを見る

③その人の「行動」を見る

 

①先生は、(人も動物ですので、)

「何か危ない気がする!」「何か変!」というような

危険を察知する「動物的感覚」が衰えていなければ、

「きずな喪失症候群」を見分けられる、

とおっしゃっています(P101参照)。

 

②また、

「きずな喪失症候群」の人は“他罰型”、

「燃えつき症候群」の人は“自罰型”、

心理的に健康な人は“無罰型”、

という特徴がありますので(P168参照)、

この「○罰型」というのも、

「○○症候群」を見分ける目安になるかもしれません。

 

③そしてまた、「言葉ではなく、相手の行動を観察することである」

と先生はおっしゃっています(P44)。

 

私も、やはり、「単に口がうまい」だけなのかどうかは、

「行動」を見るのがいいと思います。

 

そして、その「行動」というのは、

「自分の命や人生を、大切に思ってくれている行動なのかどうか」

を見る、ということだと思います。

 

“あなたは英雄になる”と言って、

「あなたの手に銃を持たせる」という行動をする人、

“あなたには価値がある”と言って、

「あなたの身体に爆弾を巻き付ける」という行動を取る人が、

あなたの命や人生を大切に思っている人ではないことは、

明らかだと思います。

 

また、「きずな喪失症候群」という話にまではいかなくても、

(やむを得ない場合もあると思いますが、そういう場合を除き、)

「あなたに、危険なことはさせられない」

と思ってくれる人が、

「あなたの命や人生を大切に思ってくれている人」だと、

私は思います。

 

また、私は特に、

「自分は、燃えつき症候群の人かもしれない」と思う人には、

人に「そんな危険なことはさせられない」と思うのと同じように、

「自分に、そんな危険なことはさせられない」

と思うようにしていただきたいです。

 

私は、

「きずな喪失症候群」の人も、「燃えつき症候群」の人も、

子どもの頃に受け取って当たり前の愛情を受けてこなかった、

という点を思うと、双方に救いがあってほしい、と思っています。

 

その一つのあらわれとして、

「きずな喪失症候群」の人が、「人を騙すような人でなくなる」、

「燃えつき症候群」の人が、「人に騙されない人になる」、

という状況がおとずれてほしいです。

 

しかし、

人を騙すような人に、「騙さないで」と言っても、

その声は、なかなか心にまでは届かないように思います。

 

ただ、「騙される人がいなくなる(少なくなる)」ことで、

必然的に「騙すことに成功する人がいなくなる(少なくなる)」

ということは、十分あり得ることなのではないか、

と思っています。

 

そしてこれは、

「きずな喪失症候群」の人の「騙す」という行為を、

「燃えつき症候群」の人が「やめさせてあげられる」

ということだとも思います。

 

またこれは、

「騙す・騙される」の関係を成立させない力は、

「きずな喪失症候群」人より、

「燃えつき症候群」の人のほうがもっている、

ということを示している気もいたします。

 

先生は、「燃えつき症候群」の人に向けておっしゃっています。

「あなたが毅然とした態度をとることで、相手は気がつくのである」

「もうこの人は自分の食い物にはならない」と……(P132)。

 

自分を騙し、利用し、搾取しようという人の、

偽物の愛を追いかける生涯では、あまりにさびしく、

悲しいことです。

 

「辛いことを、何とか乗り越えよう!」としている人には、

きっと、真に心配し、応援してくださる人がいると思います。

 

最初はひとりでも、きっとそういう人が現れると思います。

 

場合によっては、乗り越えてから仲間ができる、

ということもあると思います。

 

いずれにしても、誰もが、

真に心配し、応援し、人の命と人生を大切に思う人の、

「本物の愛」を受け取るようであってほしい、

と私は思っています。

 

そして、「本物の愛」を受け取ると、

自分も「本物の愛」を人にそそぐようになるのだと思います。

 

先ほど私は、

「「きずな喪失症候群」の人の「騙す」という行為を、

「燃えつき症候群」の人が「やめさせてあげられる」」

と述べましたが、

これは、「燃えつき症候群」の人が発揮する「本物の愛」

なのだと思います。

 

先生は、

「人はつき合う人を間違えない限り、自分の人生が八方塞がりになることはない。」

とおっしゃっています(P10)。

 

命と人生を大切にする人たちが一緒に生きていく世の中を、

私は望んでおります。

 

 

お読みいただきまして、どうもありがとうございました。

 

引用文献

『「あなたを傷つける人」の心理』

 「あなたを傷つける人」の心理 きずな喪失症候群 (PHP文庫)

『やさしさを「強さ」に変える心理学』加藤諦三