世の中の観察日記

世の中を見て、思ったこと・考えたことを自由につづって参ります。このブログを読んでくださる方々と、「安心」を共有することを望んでいます。

「国会議員は全国民の代表である」ことについて。

すでに投票を済まされた方もいらっしゃることと存じますが、

今度の日曜日(10/22)は、衆議院議員総選挙の日ですね。

 

(選挙の度に思うことではありますが、)

できるだけ自分の考えに近いところに票を投じたいのですが、

この度も、私は誰に・どこに投票すればいいか、

ピン!と来ません。

 

独裁的な一党政治では問題があると思いますが、

他の党を批判している姿が目立ち過ぎてしまい、

「私はこれをする」という主張が見えてこない候補者に、

なかなか票を投じる気にもなりません。

 

また、ご自分の沽券にかかわってしまうような方は、

「国民を優先する」ことができないだろう、

と思いますので、

そのような方にも票を投じることはできないです。

 

そして私は、「この人・この党に票を入れよう!」

と思える人・党がすんなり思い浮かばない代わり(なのか?)

国会議員は全国民の代表である」という言葉のほうが、

度々脳裏に浮かんでおりました。

 

日本国憲法第43条第1項には、

「両議院は、全国民を代表する選挙された議員でこれを組織する。」

とありますが、これについて、

『デイリー法学用語辞典』の「政治的代表」という箇所を読みますと、

その意味が、次のように書かれています(P339)。 

 国会議員が全国民を代表すると規定している憲法43条について、国民が代表機関を通じて行動し、代表機関が国民の意思を反映していると、解釈する考え方。国民の意思と議員の意思が一致していることは前提となっておらず、対立や矛盾があることを前提に、国民が世論の形成という形で政治に関与することに重点が置かれている。

また、

 政治的代表の考え方からは、議員は自分の選出母体である選挙区や後援団体に拘束されず、全国民の代表として、自分の信念に基づいて発言・表決を行うべきであるという自由委任の原則が導かれる。 

と書かれています。

 

因みに、「国会議員は全国民の代表である」ことに関しては、

「政治的代表」のほかに、

「法的代表(代表機関の行為が国民自身の行為であるとみなすこと)」

社会学的代表(代表が、社会の中で多様化する国民の意思を忠実に議会に反映するための機関であると考えること)」

という概念もあります(前掲書同項目内参照)ので、

念のため、ここに記載しておきたいと思います

 

日本国憲法の基本的な考え方を示す「憲法の前文」に、

「日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し」

とありますように、

日本は「間接民主制(代表民主制)」を採用しておりますし、

国会議員が「全国民を代表する」にあたり、

国民一人ひとりに違う意見もある中で、それを統括し、

国を統轄していくならば、「政治的代表」という解釈が妥当する、

と思います。

 

ただ、今の日本の国会議員が、

自分の選出母体や後援団体などに拘束されていないとは言えず、

また、“一部”の者の利益を追求して代表になっているような、

そのような現状を感じて、

「政治的代表」・「自由委任の原則」通りになっていない、

という問題があると思っています。

 

そして私は、

例えば、消費税を増税するか否かについて、

国が無駄遣いをしているところがあるだろうと思ったり、

(ですので、増税は不必要かもしれないし、)

社会保障の財源のために増税は必要かもしれないと思ったり、

しかし、増税が日本財政をさらに厳しいものする可能性もある、

と思ったりします。

 

つまり、増税したほうがいいのかどうか、

正直に申しあげて、私にはわからないのです。

 

ですので、どうしたらいいかわからない事柄については、

(国民同士の利害関係がある場合にはその調整も考え、)

(もちろん、安全保障、外交政策も含め、)

「国民にとって、一番いいこと」

を考えてくれるであろう議員を選ぶしかない、

と私は(当たり前のことを)考えています。

 

そして、私のこの考えは、

国会議員は「自分の信念に基づいて」行動すればいいという、

「自由委任の原則」の考え方と矛盾が生じないと思います。

 

(因みに私は、現段階において、

憲法改正」には「反対」の意思をはっきりと持っております。

その理由につきましては、以前、記事にしております。

お読みいただけたら幸いです。)

morimariko.hatenablog.jp

 

少々唐突ではありますが、

仏教に、「対一説(たいいっせつ)」という言葉があります。

これは、仏教の開祖・釈尊(しゃくそん)が、

「いつでも、一つのこと(同じこと)を説いた」

という意味です。

 

因みに、釈尊は「衆生を救う」ために教えを説くのにあたり、

相手に合わせて説法の仕方を変える「対機説法(たいきせっぽう)」

をしたと言われていますが、

「対機説法」をしても、「対一説」であった、

と言われています。

 

つまり、どのような相手にも、どのような状況下にあっても、

釈尊の「衆生を救う」気持ちとその教えは、

いつも「ブレることはなかった」ということを伝えている言葉、

それが「対一説」なのだと私は解釈しております。

 

(「対機説法」につきましても、

以前、記事を書かせていただいております。

もし、お読みいただけたら幸いです。)

morimariko.hatenablog.jp

 

誰に・どこに投票すればいいかわからないとしても、

私は必ず、どなたかに票を投じます。

それは、「国会議員なし」というわけにはいかない、

と思っているからです。

 

時が流れていくにあたり、

人の考え方に変化があり、状況に変化があり、

世の中に変化があることは、当然のことだと思います

 

ただ、そのような中でも、どのような中でも、

釈尊の説いた「対一説」のように、

「国民にとって、一番いいこと」を考え、

それが「ブレることはない」と思う方に、

国会議員になってほしいです。

 

(少々重複して述べてしまいますが、)

私は、選挙でどなたが当選しても、

国会議員が全国民の代表である」ことを真に自覚し、

それは「政治的代表」であり、「自由委任の原則」に則って、

「自分の信念に基づいて」行動し、

その信念が「国民にとって、一番いいこと」を考える、

というものであって、

その考えが「ブレることはない」

という国会議員であってほしいです。

 

私は、この視点も取り入れて、

投票に出向きたいと思います。

 

 

お読みいただきまして、どうもありがとうございました。

 

引用文献

『デイリー法学用語辞典』三省堂

 デイリー法学用語辞典

 

「丁寧であること」について。

本日は、「丁寧であること」について、

述べさせていただこうと思います。

 

私は今年、野球観戦のために、

千葉ロッテマリーンズの本拠地である

ZOZOマリンスタジアム」に何度か出向きました。

 

そして、試合中、ロッテの選手が登場する際に、

バックスクリーン上のビジョン(マリンビジョン)に、

決まって出てくる「限界を超えろ!」という言葉を、

私は妙に気に入っておりました。

f:id:morimariko:20171007231506j:plain

(こちらの写真は、ロッテ・井口選手の引退試合の日に撮ったもので、(向かって右上に)井口選手の背番号「6」の旗があります!)

 

実は私は、ふだんから、

「自分のできる範囲のことを精一杯する」のがいい、

と思っております。

それは、

「無理をするのはよくない」と思っているからです。

 

そしてこれは、

「限界を超えろ!」と矛盾する、

と思っておりました。

 

しかし、井口選手の、メジャー時代の、

“限界を超えていく”ようなファインプレーを拝見したことで、

「限界を超えろ!」ということと、

「自分のできる範囲のことを精一杯する」ということが、

私の中で、“矛盾なく”つながりました。

 

☆こちらが、その井口選手のファインプレーです。


Iguchi makes an incredible throw while falling

(メジャーでも度々とり上げられているそうなので、

ご覧になったことがある方もいらっしゃるかもしれないですね!)

 

私は、

「自分のできる範囲のことを精一杯する」というのは、

「とても丁寧な生き方」であると思っていましたし、

今でもそのように思っています。

 

そして、井口選手の、あのような“限界を超えていく”プレーは、

井口選手が、自分が「大好き」な野球がうまくなるように、

いろいろなことを考えて、たくさん練習をされて、

「丁寧」に野球と向き合ってきたからこそ生まれたのだろう、

と思います。

 

つまり、

「大好き!」「それをするのが物凄く好き!」

ということが根底にあって、好きだからこそ、

必然的に、「丁寧」に取り組んで、

「丁寧」を重ねて行った結果、「限界を超える」

ということが起きるのだ、と私は思ったのです。

 

もちろんながら、これは(「限界を超える」というのは)、

野球・スポーツに限ったことではないと思います。

 

「好き」なことに対して、

「自分のできる範囲のことを精一杯する」という、

「とても丁寧な生き方」「とても丁寧な取り組み」の先で、

「限界を超えていく」ということは起きるのであって、

これらは、矛盾するどころか、

「1本のつながった線上にある」と私は思い直しました。

 

また、本当に一つ一つの事柄に「丁寧」に向かい合うと、

「今の自分が丁寧に取り組むことができるのはここまでだ」

ということも、わかってくる気がいたします。

 

そして、

「今、自分が丁寧に取り組むことができるのはここまでだ」

という認識に応じた態度・行動は、

(事や場面、相手などに対して)「丁寧なものになっている」、

と私は思います。

 

もちろん、日常生活を送る中で、

「これは、あまり気にしなくていい」とか

「これは、ちょっと手を抜いてもいい」とか、

そういうことはあると思います。

 

ですので、「何もかも丁寧にしなければならない」

とは言えないようにも思います。

 

しかし、基本に「丁寧」がある人は、

(「丁寧」が身に付いているので、)意識しなくても、

「気にしなくていいこと」と「気にかけたほうがいいこと」

の判断・力配分に、すでに「丁寧」が入っている、

という気が私はしております。

 

さらに、基本に「丁寧」がある人は、

相手や自分の気持ちを「丁寧に見る」ということもしていて、

一見あっさりしているようであっても、

「丁寧ではない」ということにならない、

という気も私はしております。

 

結局、「適切な判断や力配分」ができるのも、

「できることは(できることに関しては)きちんと行える」のも、

「限界を超えて、できることが増えていく」のも、

いずれも、「丁寧であること」が原点にある

と私は思います。

 

 

そして最後に、

私の、個人的なことを書かせていただきたいと思います。

 

(先ほどの写真でお気づきかもしれませんが、)

私は先月、千葉ロッテマリーンズ井口資仁選手の引退試合

球場で見ることができました。

 

ロッテは先制点を取ったものの、

7回表に、対戦相手である日本ハムに逆転され、

2点差で9回の裏を迎えました。

 

そして、バッターボックスに井口選手!

2ランホームランを打ち同点!!

 

本当にそういうことってあるの?というくらい、

劇的なシーンに居合わせることができました。

 

球場の歓声は、

も~~~~~の凄かったです!!

 

そして試合は延長戦に突入しましたが、

12回裏に鈴木選手の「サヨナラ打!」によって、

ロッテの「サヨナラ勝ち!」となりました。

 

いつからか井口選手のファンになっていた私は、

井口選手の最後の試合、最後のバッターボックス、

最後のホームラン、“選手としての”最後のユニフォーム姿……

全部を見ることができて、恵まれた“幸せ者”でした(^^)。

 f:id:morimariko:20171007232340j:plain

〈〈井口選手、お疲れ様でした!!!〉〉

 

実は私は、いつもチケットの入手を友人に任せっきりです。

 

この度の井口選手の引退試合のチケットも任せっきりでした。

 

しかし、その日(引退試合の日)の夜、ある知人から、

「え~今日行けたの?

 チケットよく取れたね~!私、完売で行かれなかった~!」

と言われたことで、

このような日のチケットを手に入れた友人の、

「カゲの努力」にようやく気づき、私はハッとしました。

 

また、引退試合の前日に完売だった限定グッズを、

結局手に入れてくれたのも、その友人でした……

 

友人の「カゲの努力」に気づいていなかった、

という「丁寧さが欠けていた私」が、

恵まれた“幸せ者”になれたのは、

友人の「丁寧な取り組み」のおかげに違いなく、

改めて、感謝の念を抱きました。

 

ということで、

私にとって、井口選手の引退試合の日は、

友人の「カゲの努力・丁寧な取り組み」をつくづく感じた日であり、

そして、「丁寧であることは、人を幸せにする」ということを、

つくづく感じた日にもなりました。

 

私の感謝の気持ちは直接本人に伝えましたが、

この記事に、ぜひ書き残しておきたいと思いました。

 

 

お読みいただきまして、どうもありがとうございました。

「心の住まい」について。

本日は、『「心の住まい」について。』

という題で記事を書かせていただくことにしました。

 

以前、ユング心理学で著名な河合隼雄先生が書かれた、

『こころの処方箋』という本を読みました。

 

その中に、

次のようなお話しが書かれていました(P128,129)。 

筆者は日本の中世の説話集が好きでよく読んでいるが、その中に次のような話があった。

ある人が死んで冥界に行くと、立派な御殿が建ちつつある。これは誰の住居かと訊くと、未だ生きている人の名前を言い、その人の善行に応じて、こちらに住む家が作られてゆくのだ、と説明してくれる。

結局、その人はもう一度この世に帰されて、このような話をするわけだが、このようないわゆる冥界往還の話には教えられることが多い。

この話によると、こちらの世界の行為に応じて、あちらの世界で住む住居が作られてゆくわけだが、その住居に住む期間を考えると、こちらの住居などほんの僅かで、あちらで住む方が途方もなく長いので、あちらの住居の方がよほど大切なことは誰でもわかるであろう。

とすると、こちらでどのような行為によって、あちらの住居が出来あがってゆくのだろう。こちらで豪邸を建てると、あちらにはそれに対応してどんな住居が出来あがるのだろう。人を陥れては金を貯め、豪邸を建てている間に、あちらでは「たて穴式住居」が深く深く掘られてゆく、など考えてみると面白い。

 

河合隼雄先生は、

「こちらの世界の行為に応じて、

あちらの世界で住む住居が作られてゆく」にあたり、

「人を陥れては金を貯め、豪邸を建てている間に、

あちらでは「たて穴式住居」が深く深く掘られてゆく」

とお考えになってみたようです。

 

この箇所を読んだ時、私の脳裏では、

「現在の行為に応じて、

 現在の心の住まいが決まってくる」

ということが思い浮かんでおりました。

 

もし現在、「人を陥れては金を貯め、豪邸を建てている」ならば、

心の住まいは「砂上の楼閣」なのではないだろうか、

と思ったのです。

 

私は、日頃から、

「人に嘘をつく人は、自分自身にも嘘をついている」

と思っていますので、

「人を陥れる人は、自分自身をも陥れている」

と思います。

 

そして、自分や人に嘘をついたり、人を陥れたりする人は、

きっと、安心・安定した心持ちで生きているわけではないだろう、

と思います。

 

因みに、「現実から目を背けている人」も、

安心・安定した心持ちで生きているわけではないと思います。

 

ですので、このような人たちは、

砂の上にある楼閣のような、不安定なところに、

心を住まわせてしまっているのではないか、

と思うのです。

 

そして、土台となる部分が「砂」のまま「増築」を考えてしまう、

また、増築することで不安を払拭できるのではないかと考えてしまう、

という人もいるように思います。

 

しかし、当然ながら、「砂上の楼閣」に「増築」をしたら、

ますます重みを増し、バランスを崩しやすくなると思います。

 

ただ、私は、

「楼閣」を「(自分の)こうありたいという姿・形」とし、

「増築」を「こうありたいという姿・形の増大・拡大」として

考えた時、「楼閣の増築」は特に悪いことではなく、

むしろ、いいことなのではないかと思っています。

 

しかし、土台部分が「砂」である以上は、

「不安」がつきまとうのではないかと思います。

 

ただ、自分や人に嘘をついたり、人を陥れたり、

また、現実から目を背けていたりするから生じた「不安」は、

それをしない(嘘をつかない、人を陥れない、現実から目を背けない)

とすることで払拭できるものだと思います。

また、それをしないと同時に、

心の住まいは「砂上の楼閣」から「強固な土台上の楼閣」へと変わる

と思います。

 

そして、

「嘘をつかない、人を陥れない、現実から目を背けない」ためには、

時々、または、何かをきっかけに、

「私はこのまま、この考え方・この生き方でいいのだろうか」を

「素直に自分に問う」ことをして、

出てきた自分の本心や答えを「認める」ことが必要だと思います。

 

「認める」ことができたあと、

実際の行動にどう表すかは大事なことだと思いますが、

私は、「認める」ことができたあとは、自然に、

その人にとっての正解の行動を取るようになるのではないか、

と思っています。

 

もし、「正解の行動を取っているようには思えない」とか、

「まだ、何となく不安だ」と思うならば、

それは「本心や答え」をまだ「認められていない」か、

または、「(本当の)本心や答え」にまだ「たどり着いていない」

ということではないかと思います。

(この時の自分に目を背けると、ますます正解から遠ざかってしまう

ように思います。)

 

繰り返して申し上げますが、

「嘘をつかない、人を陥れない、現実から目を背けない」ならば、

心の住まいは「砂上の楼閣」から「強固な土台上の楼閣」へと変わる

と私は思っています。

 

大変勇気を必要とすると思いますが、

土台を、砂上から強固なものにするには、

楼閣を全部解体して基礎工事をやり直す、

とするのが一番早いと思います。

これは、不必要な階があった、必要な部屋がなかった、

などに気づきやすい気がいたします。

 

しかし、楼閣自体に問題がない、

ということも十分考えられると思います。

 

そして、もちろんながら、

ここでお話ししてまいりました「楼閣」は、

実際の楼閣(建築物)とは違いますので、

楼閣をそのままに、「土台だけを変える」

ということがさほど難しくないかもしれない、

とも思います。

 

また、全部解体することにしても、

「(自分の)こうありたいという姿・形」としてあった「楼閣」が、

「青写真としての意味があった」ということも十分あると思います。

 

とすれば、砂上とはいえ、建てていた楼閣が

「無駄なものではなかった」どころか、

土台を強固にした後の「(楼閣の)落成が早い」という、

利点になるかもしれません。

 

 

冒頭のほうで、河合隼雄先生の本に、

「こちらの世界の行為に応じて、

あちらの世界で住む住居が作られてゆく」

というお話のご紹介をさせていただきましたが、

「現在の行為」は、

「現在の心の住まい」と「あちらの世界で住む住居」の、

両方を決めていくもののように思います。

 

少々長々と述べてまいりましたが、私は、

心の住まいの土台が「強固な土台」になるのは、

「嘘をつかない、人を陥れない、現実から目を背けない」

ということだと思っている、ということです。

 

そして、

皆様の「不安のない暮らし」を願っております。

 

 

お読みいただきまして、どうもありがとうございました。

 

引用文献

『こころの処方箋』河合隼雄 新潮社

 こころの処方箋 (新潮文庫)