世の中の観察日記

世の中を見て、思ったこと・考えたことを自由につづって参ります。このブログを読んでくださる方々と、「安心」を共有することを望んでいます。

「自由」について。

本日は、「自由」について、述べてみたいと思います。

 

明鏡国語辞典』によれば、「自由」とは、

「他から強制や命令をうけることなく、自分の思いどおりにできること。」

と書いてありました。

 

強制や命令、また、義務や束縛など、その内容にもよりますが、

(その内容についてはさておき、)

私は、私自身については、

日常生活の中に“~しなければならない”というものがないと、

自分を律することができないと思っており、

「基本的には自由で、少々“~しなければならない”がある」

という状態が「ちょうどいい」と思っています。

 

また、(あくまでも、私自身の考えではありますが、)

何の束縛もない自由には、

時に、「寂しさ」を感じることがあります。

 

そして、この度、「自由」について述べようと思った時、

まず、思い浮かんだのは、「行雲流水(こううんりゅうすい)」

という禅語でした。

 

「行雲流水」について、

『糧になる禅語 いまを充実させる生き方』という禅語の本には、

次のように書いてあります(P128)。

 修行僧の別名は雲水。この雲水という言葉、じつは「行雲流水」という禅語を二字に縮めたもの。……大空を行く雲、谷川を流れる水。一所に定住することなく、何ものにも縛られず、師を求めて自由自在に各地を行脚する修行僧の姿を、雲や水といった自然の運行に見立てているのです。 

私のほうで太字にさせていただいた箇所、

大空を行く雲、谷川を流れる水。一所に定住することなく

(=雲が行き、水が流れるように「一か所にとどまらない」)

という言葉には、

「一つの概念に縛られないこと」や、

「新たな感覚を拒まないこと」という意味が含まれていて、

さらに、好きなだけ「立ち止まって」

納得のうえで、「大らかに」次の一歩を踏み出すという意味も、

きっと含まれているだろうと、私は解釈しています。

 

私が、「立ち止まって」「大らかに」と付け加えているのは、

時に、「自分をさえぎらず、かつ、他との調和もさえぎらない」

とするにはどうしたらいいかを「立ち止まって」考えなければ

わからない、ということもあると思うからであり、

考えた結果踏み出す一歩は、「大らか」だろうと思うからです。

 

そして、次のページには、次のように書いてあります(P129)。 

 自由とは、自らに由(よ)ること。行動の基準を他に由るのではなく、自らの精神に由るということ。欲に由るのでもありません。精神に由ることで、正しい行動ができる状態に自分を保つ。それが自由であることの本当の意味です。 

 やりたいことを好き勝手にやることは、自由ではない。それはなぜか。何が正しいかを考え、正しく行動できるから自由であるのに、欲に突き動かされるのでは、心は不自由そのものだからです。精神がまったく自由になれていません。 

欲に突き動かされたり、怒りに支配されてしまったりして、

自らをコントロールできなくなれば、とらわれの身であり、

心が「不自由」な状態であると、私も思います。

 

(また、このような、心が「不自由」な状態である人から影響を受け、

こちらも、とらわれの身になってしまうこともあるように思います。)

 

そして、「自らの精神に由る」とか、「精神が自由」とか、

そういった言葉から、さらに私が思い浮かぶのは、

「良心」です。

 

私は、「良心」というのは、「自分に一番身近な神様である」

と聞いたことがあります。

(これは、ある本に書いてあったのですが、

どの本か思い出せません。申し訳ございません。)

 

これまで生きていて、欲に突き動かされそうになったり、

怒りに支配されたり、迷いを生じたりして、

苦しんだご経験がある方もいらっしゃると思いますが、

何かを欲し、怒り、迷うという場面で「苦しむ」のは、

「良心」があることが理由、ということもあると私は思います。

(良心がなければ苦しまない、と私は思うのです。)

 

ただ、「良心に目を背けたことで良心が痛んだ」

という自分の心にさえ目を背けると、

ずっと心の不自由が続いて、

苦しさも続いてしまうように思います。

 

(躊躇の後、)良心にしたがって取った行動に、

「これが、本当に私がしたい行動だった」と

“満足”したご経験がある方もいらっしゃると思います。

これが、まさに、「自由」という状態だと思います。

 

いつも、「自分の良心にしたがう」ことができれば、

心の不自由がなくなるのではないか、と私は思います。

 

「自分の良心にしたがう」と言っても、

「良心」は、その人の心の中に、

その人なりに持っているものだと思いますので、

決して、強制や命令、義務や束縛などではない、

と私は思っています。

 

ここまで述べてきたことをもって、

私の思う「自由」について、できるだけ短く申し上げますと、

「良心という、自分に一番身近な神様に自ら好んでしたがいながら、

雲が行き、水が流れるように、心を縛ることをしないから、

(例えば、「立ち止まる」にも「立ち止まらない」にもとらわれず、

また、自分をさえぎらず、かつ、他との調和もさえぎらないから、)

“満足”である」

というものです。

 

私はまだ、「自由」を手に入れてはおりません。

これからです!

 

皆様にも、皆様の思う「自由」があると思います。

 

皆様が、“満足”を感じる「自由」で日々お過ごしになることを、

願っております。

 

 

お読みいただきまして、どうもありがとうございました。

 

引用文献

『糧になる禅語 いまを充実させる生き方』佐藤隆定 国書刊行会

 糧になる禅語 いまを充実させる生き方

私にとっての希望の数字「1999」。

 

被災された各地の皆様にお見舞いを申し上げます。

避難されている方々、作業をされている方々の

安全と心身の疲労の回復を心より願っております。

 

 

f:id:morimariko:20180924231101p:plain

 

以前にも申し上げたことがございましたが、私は野球が好きです。

 

私は先日(9月21日)、ZOZOマリンスタジアムに行き、

千葉ロッテマリーンズを応援してきました。

 

この日は、

福浦選手が「2000本安打までもう少し!」という日でもあり、

試合開始前からドキドキ♡ワクワクしておりました。

 

そして、ご存知の方もいらっしゃることと存じますが、

福浦選手は、9月21日に「1999本目」のヒットを放ち、

翌日の9月22日に「2000本安打を達成!」しました。

〈福浦選手、おめでとうございます!!〉

 

福浦選手は、入団した時は投手でしたが、早々に野手に転向し、

練習について行けなかった、よく倒れ込んでいたというお話しもあり、

落ち込んだり、苦しんだ日々もあったことと思います。

また、2000本安打を達成した9月22日も、

首に痛みを抱えながら、試合に臨んでいたと聞きます。

 

そのような福浦選手の応援歌は、

「俺達の福浦 一打に全て込めて

 不屈の闘志を見せてくれ 千葉の誇り胸に」

という歌詞で、“不屈”という文字が入っています。

f:id:morimariko:20180924231437j:plain

 

一打一打を大切に積み重ね、

苦しい日々に打ちのめされることなく、

“不屈”の闘志で今日を迎えられた福浦選手に、

「2000」という数字は“とてもよく似合う!”と私は思います。

 

ただ、実際に私が自分の目で見ることができた福浦選手のヒットは、

1999本目であり、2000本目は(球場に行けなかったので、)

実際には見ておりません。

 

もちろんながら、2000本を達成するところは見たかったです。

ただ、1997本目を見た時から、もしかしたら1996本目から、

私は、「1999」にも魅力を感じていたように思います。

 

私はこれまで、「がんばった」こともあれば、

「怠けた」こともありながら生きてきました。

 

「がんばった」こともあるのだから、

何か築いたものがそれなりにあるだろうと(ゼロではないだろうと)、

きっとどこかで思っています。

 

ただ、「怠けた」こともあるので、今の私は、

「目標としているもの(=なりたい私)」にまだまだ到達していない、

という気持ちがはっきりとあります。

 

このような、満ちていない私に「1999」という数字は、

「希望の数字」として、私の目に映りました。

 

ただ本当は、「1999」という数字は「2000」の一つ手前ですから、

今の私はここにすらまだ到達していない、と思っています。

 

しかし、記事の冒頭に写真を載せさせていただきましたが、

「FUKU METER 1999」という写真を見ると、

「FUKU METER」の文字が“不屈”の精神を私に思い出させ、

そして、「1999」という数字が「もう少しだ!行ける!」

という気持ちにさせてくれるので、

私の心に携えることをお許しいただきたい、と思っています。

 

福浦選手の2000本安打についてのニュースを読んでいると、

「ロッテ一筋25年」とか、

「2315試合目で偉業を成し遂げた」という文言を見かけます。

 

何かを成し遂げるのに、努力と時間は、

どうしても必要になってくると思います。

 

また、辛い事があって耐えていたり、

目標に向かおうとしていないからこそイライラしたり、

自分の目標さえわからないから焦っていたり、

人それぞれ、苦しい理由も違えば、

そこから脱出する機会も、要する時間も違うと思います。

 

ですので、

私が「目標とするもの(=なりたい私)」に到達するのに、

どれくらいの努力が必要か、

何日・何打席(=どれくらいの時間と何回の試練や機会)が必要か、

わかりません。

もちろん、生涯、到達しないことも考えられます。

 

しかし、「2000」という“達成”の数字を、

「1999」という“希望”の数字を胸に、

“不屈”に追いかけていくということを、

私は今、とてもしたいです。

 

おそらく私は、生涯“不屈”でありたくなったのです。

 

ボール球に手を出して空振りの三振をしたり、

見逃しの三振もしてしまうかもしれない。

打てたとしてもゴロばかりかもしれない。

犠牲フライも送りバントもうまくできないかもしれない。

デッドボールもあるかもしれない。

それでもまた、打席に立つ!

 

もしかしたら、私にとっては、“不屈”の精神を手に入れることが、

“達成”ということなのかもしれません。

 

ブログの記事だけでは、なかなか私がどういう人なのか、

わからないところもあると思いますが、

私はふだんから、失言も失敗もする人間です。

「修正したい」と思ってから長い時間が過ぎています……

が、やはりまだまだ、まだまだ……なんです!

 

そして、今、この記事を書いたことにより、

修正時間を長く要するような私に、

“不屈”という精神に向かう意欲と、

「1999だ!もう少しだよ!」という“希望”が、

今後の私を支えていくメンバーに加わりました。

 

ここに、やはり、私の目標“達成”としての数字「2000」の写真も

載せさせていただきたいと思います。

f:id:morimariko:20180924231632j:plain

 

感動や影響を与えてくださった福浦選手、

1999本と2000本達成の写真を提供してくださった友人、

野球観戦でご一緒させていただいた方々、

そして、この記事をお読みくださいました皆様に、

感謝いたしております。

 

どうもありがとうございました。