世の中の観察日記

世の中を見て、思ったこと・考えたことを自由につづって参ります。このブログを読んでくださる方々と、「安心」を共有することを望んでいます。

除夜の鐘を鳴らすことについて。

本年最後の記事を書かせていただきます。

 

当ブログにお越しくださいました皆様、

そして、当ブログを気にかけてくださいました皆様に

心から感謝いたしております。

どうもありがとうございました。

 

今年も12月に入り、大晦日が近づいて参りました。

 

ご存知の方もいらっしゃることと存じますが、

晦日の夜に「百八つ(108)の除夜の鐘」が鳴りますが、

これは、人に「百八つの煩悩(ぼんのう)」があるからだそうです。

 

「除夜の鐘」について、『日本仏教がわかる本』(P153)には、

「人間の心にある百八の煩悩の迷いを醒まし、一切の衆生に温かい仏心を呼び起こすものとされています。過ぎた一年の煩悩を消し、来たる一年の煩悩の迷いを脱することを願って鐘が鳴らされているのであります」

と書いてありました。

 

また、「煩悩」について、『インド仏教史 上巻』(P254)には、

(「煩悩」の解釈として私が好んでいる箇所を太字にしております)

煩悩とはクレーシャの訳語であるが、有部に属する『入阿毘達磨論』巻上(大正二八、九八四上)には、「心身を煩乱逼悩して相続するが故に煩悩と名づく。これ即ち随眠なり」と述べ、心身を騒乱して寂静をさまたげるものの意味に解釈している。」

と書いてありました。

 

「煩悩とは……心身を騒乱して寂静をさまたげるもの」

 

(「寂静(じゃくじょう)」の意味は次の通りです。

①ひっそりと静かなこと。

②〔仏〕煩悩を離れ、心の平静なこと。涅槃。

広辞苑』より)

 

百八つあると言われている煩悩ですが、

実は、煩悩の数や数え方にはさまざまな説があります。

ただ、仏教では特に、人の根源に非常に強くある煩悩として、

「貪欲(とんよく)・瞋恚(しんに)・愚痴(ぐち)」の三つ挙げ、

これを「三毒(さんどく)」と呼んでいます。

 

また、「貪欲・瞋恚・愚痴」の頭文字をとって、

「貪瞋痴(とんじんち)」とも呼ばれています。

(略したときには、「瞋恚」の「瞋」は「じん」と読まれています。)

 

三つのそれぞれの意味については、

ブッダの教えがわかる本』(P119)に、次のように書かれています。

「貪欲とは、むさぼりの心です。

 瞋恚とは、怒りの心です。

 愚痴とは、人間の愚かさをさしています。」

 

もう少し申し添えれば、

「貪欲」とは、貪る(むさぼる)ようにほしがって執着すること、

「瞋恚」とは、思い通りにならないことに憤り、嫌って拒絶すること、

「愚痴」とは、真実に暗い・無知であること、です。

 

また、仏教では、

「煩悩」は、「真理・真実を知らないこと=無知」から生ずるもの

と考えていますので、(上に挙げた三つ目の)「愚痴」へ対処が、

「むさぼりの心」や「怒りの心」はもちろん、

あらゆる煩悩から離れていける可能性を秘めている、

と言えると思います。

 

そして実は、書籍の中で、

「愚痴」は、「愚」という文字でもよく見かけます。

「とん・じん・ち」の場合で言えば、

「貪(とん)・瞋(じん)・痴(ち)」と、

「貪(とん)・瞋(じん)・癡(ち)」という二つを見かけます。

 

これは、「痴」は昔、「癡」という文字を用いていたからのようです。

 

私はこの二つの表記があることを知った時、思ったことがありました。

 

それは、(あくまでの私の考えではありますが、)

病垂(やまいだれ)が用いられている「痴・癡」には、

「知っている・知らない」「疑う・疑わない」を

うまくできない病(上手に扱えない病)

という意味があるのではないか、という考えです。

 

たとえば人は、時には、いわゆる”知ったか振り”をしたり、

逆に、謙遜をし過ぎて「私なんか……」と言って、

知っていることを、自信を持って教えることができなかったり、

また、親切に裏があるのではないかと疑ってみたり、

逆に、人のつく嘘に何となく気づいていながら疑うことをせず、

むしろ積極的に”信じている振り”をしてみたり、

さらに、“信じている振り”をした自分を省みずに、

訪れた結果に「裏切られた」と言ってみたり……

ということをしてしまうことがあるように思います。

 

もちろん、疑っているけれども疑っていない振りをしたほうが、

ここはうまくいく、ということもあると思います。

また、世の中には、全く見抜くことのできない嘘もあると思います。

 

ただ、「疑っている」ならば「疑っている」という自分の勘や、

また、「怒っている」ならば「怒っている」という自分の気持ちなど、

そういう自分がせっかく感じ取った勘や気持ちを“無視せず”、

そのうえで“適した行動をとる”ように心掛けなければ、

人は、「知っている・知らない」「疑う・疑わない」を

うまくできない病(上手に扱えない病)に操られてしまうのではないか

と私は考えています。

 

「自分の気持ちに素直になること」なくして、

「自分の気持ちの主(ぬし)となり、

 自分の気持ちの扱い方がうまくなる」ということは、

ないように思います。

 

「愚痴・愚癡」の意味である「真実に暗い」を、

「真実に明るい」というふうになるにはどうしたらいいかは、

もちろんながら、大変難しい問いですが、

ただ、もし、「知っている・知らない」「疑う・疑わない」を

うまくできない病(上手に扱えない病)操られないよう心掛け、

「知っているものは知っている」「疑うべきは疑う」というように、

「自分の本当の感覚を信頼する」ようにしていけば、

「真実に暗い」ことから、少し離れていけるのではないか、

と私は考えています。

 

時に、判断を誤って失敗することもあるかもしれませんが、

それはやはり、「真実に暗い」ことから離れていくための“学び”

なのだと思います。

 

(因みに「愚痴・愚癡」とは別に「疑(ぎ)」という煩悩もあります。

こちらの「疑」は、「真実・真理を信じることができない」

という意味のものであることをここに申し添えておきたいと思います)

 

(また、仏教には、真理を知らないことから脱するための、

四諦八正道(したいはっしょうどう)」という教えがあります。

私が細々とブログを続けていく中で、いつかご紹介させていただけたら

と思っております)

 

私は毎年、除夜の鐘の音が聞こえてくると、

心が落ち着いてくるように感じています。

「心に静けさが戻り、かつ、力が湧いてくる」気がしております。

 

「新年はこれをしよう!」という「熱い心」も「エネルギー」も、

きっと「静かな心」から生まれてくるのだろう、と思っております。

 

そして、本物の情熱は成し遂げるまでの間、また、成し遂げてもなお、

ずっと、心のどこかに「静かな心」を伴っているものなのかもしれない

と思っています。

 

(因みに私は、「熱い心・熱意」は、「騒がしい心」とは違うもの、

と思っておりますことを、念のため申し添えさせていただきます。)

 

記事の始めのほうで、

「煩悩とは……心身を騒乱して寂静をさまたげるもの」

とお伝えしましたが、煩悩に操られやすい人間が、

人生で、また、人生の中の選択の場面で大事にしたほうがいい視点は、

「自分の心(自分の世界)が、寂静につながるのかどうか」

だと私は思います。

 

そしてもし、自分に素直になれないときや、

心に引っかかるものがあり、不本意ながら心静かでないときには、

心の中で、意図的に、自ら「除夜の鐘」を鳴らして、

心に静けさを取り戻し、力が湧いてくるのを待ってみるのもいい、

と思っています。

 

私は、日々の皆様の心が明るくあることを願っております。

当記事もその願いを込めて書かせていただきました。

 

自ら、心の中に除夜の鐘を鳴らしながら、

また、世の中に除夜の鐘が鳴り響き渡り、

どなたさまにも、

心静かで力が湧いてくる一年が訪れますことを

心より願っております。

 

 

お読みいただきまして、どうもありがとうございました。

 

引用文献

『日本仏教がわかる本』服部祖承 大法輪閣

 日本仏教がわかる本―仏教を学ぶ

『インド仏教史 上巻』平川彰 春秋社

 インド仏教史 上巻

ブッダの教えがわかる本』服部祖承 大法輪閣

 ブッダの教えがわかる本―仏教を学ぶ

 

※次回の記事更新は来年(2020年)「3月」を予定しております。

 更新にお気づきいただけましたら、

 そして、皆様のご都合がよろしい時にお読みいただけましたら、

 幸いに存じます。

禅語「啐啄同時(そったくどうじ)」。

台風・大雨により被災された方々へ

心よりお見舞いを申し上げます。

 

私は千葉県千葉市に住まいがあり、

台風15号の時には2日間程度の停電に遭いました。

 

9月に入っていたものの、夜は夏のように暑くて眠れず、

冷蔵庫のヒンヤリ感が徐々に奪われていくことを感じながら、

明くる日も段々と薄暗くなっていく空や町の色に合わせて、

「今夜も暗闇の中で過ごす覚悟」をしていった記憶がございます。

 

「いつ復旧するのかわからない」状況下では不安を覚えましたが、

結果的に冷蔵庫の中身を少々処分する程度で済みましたし、

家屋に損傷もなく、私は自分を被災者だとは全く思っておりません。

 

ただ、私の住まいと通りが1本違うだけで、

1週間を超える停電になってしまったご近所があり、

大変であったに違いありません。

また、ブルーシートが張られた家も見かけますので、

大変である真っ最中に違いありません。

 

そして、台風19号による各地の大変な被害についても、

被災者はもちろん、被災者ではなくても、その事態の酷さに、

多くの方々が胸を痛めていることと存じます。

 

台風19号の後、私はテレビで、

足元が泥で埋め尽くされ、家の屋根が吹き飛ばされ、

ブルーシートが風にあたる音がする中で、

片付けに追われている方が「がんばりますよ」と、

インタビュアーの問いかけに答えているところを見ました。

 

この「がんばりますよ」を、

どのような心境で、どのような意味でおっしゃったのか、

わかったつもりになって言葉で表現することはできない、

と思っています。

 

ただ、この「がんばりますよ」に、

できるかぎり、たくさんの応援をしていきたいと思いました。

 

そのような思いを抱いている中、一昨日(10月25日)の大雨で、

私は一時、帰るための交通手段をなくしました。

 

しかし、私が利用している交通機関が運転を再開してくださったので、

結局その日、帰宅できなかった千葉県民もいる中で、

私は日付が変わる前に帰宅することができました。

 

ふだん、当たり前のように利用している交通機関が、

このような状況下で運転を再開してくださり、

いつもの何倍もの時間をかけて帰宅となりましたが、

その長い時間の中で、

私が日々どこへ出かけて行っても自宅へ帰ってくることができるのは、

この交通機関のおかげであることを改めて感じて、

つくづく、帰る手段のあることのありがたみを感じました。

 

交通機関で働く方々は、被災者でありつつ、

被災者を応援する方々でもあったことと思います。

 

そして私は、被災した方々、その方々を応援する方々、

その両方に該当する方々が、困難の時を耐えて、

力を合わせて一歩でも前進しようとするところに、

禅語の「啐啄同時(そったくどうじ)」を感じました。

 

『糧になる禅語 いまを充実させる生き方』という本には、

「啐啄同時」について、次のように説かれています(P26)。

親鳥のおなかの下で温められた卵が、ある日突然動き出す。コツコツ、コツコツ。卵の中の雛が内側から殻をつつく音。これが「啐(そつ)」。ちょうどその時、親鳥は卵の変化を察知して外から殻をつつく。ここをつつきなさい。ここを破るのですよ。早く出ておいでとばかりに。これが「啄(たく)」。  

そして、

「雛と親鳥の殻をつつくタイミングが同じであること。それが「啐啄同時」。」であると書かれています(P27)。

 

雛自身の成長を待つ必要があり、

しかし、雛に自分で殻を破る力がなかったとしたら、

卵の中で力尽きてしまうこともあるため、

早くもなく、遅くもない、絶妙なタイミングで、

雛と親鳥が“殻をつつき合う”ことの大事さを説いているのが

「啐啄同時」なのだと思います。

また、“内からの力”と“外からの力”を合わせて殻を破っていく

という教えも感じられます。

 

「啐啄同時」は、「親と子」や「先生と生徒」など、

導く者と導かれる者との関係で説かれているもののようですので、

私がこの状況下で「啐啄同時」を思うのは少々違うのではないか、

と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、私は、この度の台風や大雨で、

被災した方々が「がんばりますよ」と言って、

その方々を応援する方々ができるかぎりの応援をしようという姿は、

“内からの力”と“外からの力”を合わせて

今、目の前の困難を一緒に乗り越えようという姿なのであって、

一緒に“殻をつつき合う”という「啐啄同時」を感じるのです。

 

もちろん、弱気になったり、弱音を吐くことがあって、

不安になって、当然だと思います。

そして、その当然こそ、皆で力を合わせて、

がんばって乗り越えていくものだと思います。

 

また、自分を応援してくれる方々の存在に気づいて、

「私、がんばろう」と思えてくることもあると思います。

 

もし、右手にケガをしたら、左手にがんばってもらって、

もし、左足にケガをしたら、右足にがんばってもらって、

日々を過ごすと思います。

 

ケガをしたら、元気なところにがんばってもらうのだと思います。

ケガをしたら、元気なところがそこを牽引していくのだと思います。

その間、ケガをしたところは、

「治ろう、治ろう」とがんばるのだと思います。

 

私は、「がんばりますよ」の声に心を打たれています。

 

天災はいつどこで起こるかわかりませんから、明日は我が身です。

もし、私が被災したら、私も「がんばりますよ」と言いたいです。

 

どのような心境で、どのような意味であったとしても、

「がんばりますよ」から何かが始まるように思います。

 

被災した側となっても、それを応援する側であっても、

また、その両方に該当するのだとしても、

「啐啄同時」を思って、「力を合わせて」がんばることに、

がんばり続けることに、違いはないと思っております。

 

まずは、自分のできることから始めて、

自分のできることを増やしていきたいと思っております。

 

 

お読みいただきまして、どうもありがとうございました。

 

引用文献

『糧になる禅語 いまを充実させる生き方』佐藤隆定 国書刊行会

 糧になる禅語 いまを充実させる生き方

 

※次回の記事更新は「12月」を予定しております。

 更新にお気づきいただきましたときに、

 また、皆様のご都合がよろしいときに、

 お読みいただけましたら幸いでございます。