世の中の観察日記

世の中を見て、思ったこと・考えたことを自由につづって参ります。このブログを読んでくださる方々と、「安心」を共有することを望んでいます。

「後悔」と「償い」について。

日大アメフト部の選手が危険な反則プレーをし、

関学大の選手にケガを負わせてしまった問題は、

多くの方がご存知だと思います。

 

また、日大の選手の記者会見、監督とコーチの記者会見、

そして本日、日大の学長の会見もあり、

ご覧になった方も多いのではないかと思います。

 

私もそれぞれの記者会見の様子をニュース番組の中で拝見しました。

 

私は、生涯において、

「人は、まちがえない、ということができない」

と思っています。

 

そして、そのまちがいが自分自身だけで済む問題ならば、

反省したり、学びの機会を得たと思って、

「後悔」をせず、または、「後悔」を終えて、

自己の「成長」につなげればいい、と思います。

 

しかし、そのまちがいが人に危害を与えてしまったものであるとき、

それは自分自身だけで済む問題ではなく、

「取り返しのつかないこと」になることもある、と思います。

 

人に「取り返しのつかないこと」をしてしまった場合、

反省に加え、できる限りの「償い」をする必要があると思いますが、

真に反省をした人は、むしろ、「後悔」をして、

できる限りの「償い」をせずにはいられないという心境になり、

そこに何らかの行動が伴っていくものだと私は思います。

 

私は、人に「取り返しのつかないこと」をしたときに、

(冷静になって考えてみれば、)

「それをしたことは、私にとって不本意なことであった」とか、

「あんなことしなければよかった」とか、

そのような「後悔」の念が心に宿ることが、

「償い」の中には必ず含まれているものだと思っています。

 

したがって、「後悔」の念が心に宿っていないならば、

どのような行動をとっても「償い」にはなっていない、

「償い」はまだ始まっていない、と私は思っています。

 

日大の選手の記者会見の様子を見て、

多くの方が感じられたように、

「償い」の第一歩として「真実を明らかにすること」をされた彼の、

「顔を出さない謝罪はない」という、逃げることのない彼の、

その心に「後悔」の念が宿ったことをしっかりと感じました。

 

あくまでも私の考えではございますが、私は以前から、

「被害者」は「ただ被害者」ということがあるけれども、

「加害者」は「ただ加害者」ということはない、と考えています。

 

「ただ加害者」ということはない、というのは、

「加害者」は、「加害者」となる前に、

別の事柄ですでに「被害者」を経験していて、

いつも「被害者兼加害者」という立場になる、という意味です。

 

例えば、親から圧迫や虐待を受けている子ども(被害者)が、

学校でいじめをしてしまう(加害者)、

といったことを指して、私はこのように申し上げております。

 

私は、日大の選手・彼ももちろん「ただの加害者」ではなく、

自由な意思決定を奪われた「強迫」を受けている状態(被害者)と、

関学大の選手にケガを負わせてしまったこと(加害者)から、

「被害者兼加害者」であると思っています。

※因みに私は刑罰等における情状酌量に高い存在意義を感じています。

 

そしてもし、監督やコーチが、

「人にケガを負わせてはいけない」

「自分が起こした事柄から逃げてはいけない」

という教育を受けず(被害者)、

選手に、社会に、大きなダメージを与えた(加害者)ならば、

彼らもまた「被害者兼加害者」であると思います。

 

しかし、彼らが「取り返しのつかないこと」をしておきながら、

自分のした「事の重大さ」がわからず、

「後悔」の念が湧きあがらない「被害者兼加害者」であるならば、

大変気の毒な方々だと思います。

 

私は、先ほど、生涯において、

「人は、まちがえない、ということができない」

と申し上げました。

 

だから、人には「償い」という行為ができるようにもなっている、

と思います。

 

大変酷なことではありますが、

「被害者兼加害者」は、別の事柄ですでに受けた自分の「被害」を、

(別な形で「加害」として表すのではなく、)

「断ち切る」という役を担う立場に立たされながら、

「償い」をしていくのだと思います。

 

私は、日大の選手の記者会見で、

彼に、この「断ち切る姿」も感じました。

 

人は皆、心の奥底でつながっていると考えている私は、

彼の「断ち切る姿」と心に宿った「後悔」の念に対し、

「応援」の念を、ずっと送り続けたいと思います。

 

また、ケガをされた選手の一日も早い快復をお祈り申し上げます。

 

私は、ケガをされた方にも、後悔をした方にも、

ご家族やご友人・仲間と共に、お顔に笑顔が戻る日が訪れることを

心から望み、必ずその日が訪れることを、信じております。

 

 

お読みいただきまして、どうもありがとうございました。

『五観の偈(ごかんのげ)』というお経が教えてくれること。

先日、千葉県印西市にあるピザレストラン

『PIZZERIA OSOROKU』(ピッツェリア オソロク)

というところで食事をしました。

 

〈お店の前のお庭の様子です〉

 f:id:morimariko:20180424225048j:plain f:id:morimariko:20180424225418j:plain

    f:id:morimariko:20180424225303j:plain  

 

こちらは、障がいのある方を雇用していて、

注文を取るのも、食事を運んでくるのも、

何らかの障がいのあるスタッフの方々でした。

 

私は友人と、ピザ2種類とデザート2種類を注文しました。

f:id:morimariko:20180424225449j:plain←チーズピザ

f:id:morimariko:20180424225529j:plain f:id:morimariko:20180424225554j:plain

 

もちろんながら、全部おいしかったです!

 

私はもともとチーズが大好きなのですが、

左上の写真の「チーズピザ」は、

あっさりしているようでありながら、ちゃんとチーズを感じ、

ふわふわっとしているようでありながら、食べ応えのあるピザで、

私だけではなく、多くの方々のお口に合うのではないかな、

と思うピザでした。

 

そして食事中、スタッフの方が私たちのテーブルに

注文していない「パスタ」を持ってきました。

 

隣のテーブルとまちがえたようです。

 

まちがってパスタを持ってきてしまったそのスタッフは、

その後、再び私たちのテーブルに戻ってきて、

頭を下げながら、「すみませんでした!」

とはっきりとした声でおっしゃってくださいました。

 

このような、再度戻ってきて詫びるという丁寧な接客は、

ふだんレストランで食事をしていても、

あまり見かけない気がいたします。

 

私は、口に「おいしいピザ」をいただいただけでなく、

「気持ちのよいスタッフの接客」に、

心に「清々しさ」もいただいた、と感じました。

 

実はこのことをきっかけに、私は、

本日の記事のタイトルにあります『五観の偈(ごかんのげ)』

というお経について、書きたくなったのです。

 

『五観の偈』は、『五観文(ごかんもん)』とも呼ばれている、

お食事の前に唱えるお経です。

 

(宗派の違い等により文言が異なる場合がございますが、)

禅宗の僧侶が著された『お経の意味がわかる本』P70,71から、

このお経を引用させていただき、読みがなを添え、

読みがなの下に意訳を載せて、ご紹介させていただきます。 

『五観の偈』

 

一つには、功の多少を計り、彼の来処を量る。

(ひとつには、こうのたしょうをはかり、かのらいしょをはかる)

この食物が食膳に運ばれてくるためには、幾多の人々の労力と神仏の加護があることを思って、感謝致します。

 

二つには、己が徳行の全闕と忖って供に応ず。

(ふたつには、おのれがとくぎょうのぜんけつとはかってくにおうず)

私たちの徳行が、この食物をいただくにあたって、ふさわしいものであるかどうかを省みながら、いただきます。

 

三つには、心を防ぎ、過貪等を離るるを宗とす。

(みつには、しんをふせぎ、とがとんとうをはなるるをしゅうとす)

食物だけに対してだけでなく、私たちは、貪る心を起こさないように致します。

 

四つには、正に良薬を事とするは、行枯を療ぜんが為なり。

(よっつには、まさにりょうやくをこととするは、ぎょうこをりょうぜんがためなり)

今、この食物をいただくのは、良薬として飢えと渇きをいやすためです。

 

五つには、道業を成ぜんが為に、当にこの食を受くべし。

(いつつには、どうぎょうをじょうぜんがために、まさにこのじきをうくべし)

仏弟子として正しい生き方を全うするために、今、この食物を(感謝の念を抱きつつ)いただきます

 

以上のように、『五観の偈』は、

食事が自分の目の前に届くことのありがたさや、

食事をすることの意味などを、

改めて感じさせてくれる内容になっています。

 

そして私は、このお経の一つひとつから、

次のようなことも思っています。

 

一つには、見える形で、また、見えない形で、

たくさんの方々のお力添えがあったから、

今、ここに、自分がこうして存在していられるのだ、

ということ。

 

二つには、「徳を積んだ量」と「食物をいただく量」が

見合っているかどうかを省みれば、

私はもっと徳を積むか、細身になるかしなければいけない、

ということ。^^;

 

ただ、「これからもっとがんばろう」というような、

活動開始の前に、「意欲の量」に合わせてお食事を摂ることは、

(問題がないというより、むしろ)そうするといいと思っています。

 

三つには、貪る心があると、

人と何かを“分け合う”という気持ちを忘れ、

自己中心的な人になってしまうこともあるだろう、

ということ。

 

四つには、人が生きていくうえでは、

心身に「飢えと渇き」が当然に起こり、これは避けられない。

そして、これを癒やそうとするにあたって摂取するものは、

「良薬」=「心身に良いもの」でなければいけない、

ということ。

 

因みに私は、いただくものが「良薬」でなければ、

「飢えと渇き」は癒やされないと思っています。

 

五つには、人が生きていくためには、

どうしても、エネルギーが必要であり、

自分が信じた道を選んで生きていくためにも、

食事・栄養の摂取は必要不可欠である、

ということ。

 

冒頭でご紹介させていただいたピザレストラン『オソロク』に行き、

『五観の偈』の説くところを思い出し、

私は、「また行きたいなぁ~」と思っています。

 

私が『オソロク』でいただいたものは、

私の「心身」の「飢えと渇き」を癒やしてくれる「良薬」でした。

 

行きたい場所がある、好きな場所があるというのは、

それだけで元気になりますが、

それだけで元気になれるということは、

その場所が、私にとって「良薬」をいただける場所として

まちがいない!ということだと思っています。

 

私の「目」に映ったお庭の絵も、咲いていたお花たちも、

私の「飢えと渇き」を癒やしてくれました。

 

 

少々お話しが変わりますが、

新年度を迎えてから、幾日か過ぎ、

今、うまくいっている人もいらっしゃれば、

うまくいっていない人もいらっしゃると思います。

 

今、何かに挑戦しようとしている方もいらっしゃるかもしれませんし、

すでにした挑戦と失敗に肩を落としている方や、

新たな人間関係に悩んでいる方なども、いらっしゃるかもしれません。

 

私は、

「挑戦する」「計画を立てる・立て直す」「現状を維持する」とか、

また、「考える」「反省する」「謝罪する」「感謝する」なども、

エネルギーがなければ中途半端なものになってしまう、

と思っています。

 

ですので、いずれにいたしましても、私はまず、

どなたにも「食事・栄養」を摂っていただきたい、

と思っています。

 

嫌なことや、気になることがあって、

食事が喉を通らないという方もいらっしゃるかもしれませんが、

食事の間は何も考えないことにして、

その嫌なことは「食事の後に考える」ことにする、

というのは難しいでしょうか?

 

私は、滅多なことでは食欲を落としませんが、

これまでに、全くそういうことがなかったわけでもありません。

 

(参考になるかどうか、わかりませんが、)

「無(む)、無(む)、無(む)……」とか、

「何も考えない、何も考えない……」などと、

心の中で唱え続けながら食事をしたら、

「食べられた!」ということがありました。

 

どなたにも、事に臨む前に、

まず、「食事・栄養」を摂っていただき、

ご自分の力を存分に発揮できること、

また、最良の結果・結論を出すことができることを、

私は望んでおります。

 

何も考えずに何とか摂った食事も“身”になるのであり、

また、一人で摂った食事も、皆で摂った食事も、その時の情景も、

自分の人生の“実”になるのであり、

私は、食事というものが、どなたにとっても、

“ありがたくて、楽しみ”なものであってほしい、

「おいしい!」と味わいながら摂る食事であってほしい、

と思っております。

 

 

お読みいただきまして、どうもありがとうございました。

 

引用文献

『お経の意味がわかる本』服部祖承 大法輪閣

 お経の意味がわかる本 (仏教を学ぶ)

「忍耐」について。

ここのところ、テレビをつけると、

財務省の(森友学園)決裁文書の改ざん問題のニュース、

また、その国会審議での様子などが流れていると思います。

 

私は、その様子を見る度に、

この問題から「自殺者が出ている」ということを、

どれほど重く受け止めている国会なのかが気になりました。

 

不本意な立場に立たされ、

自ら命を絶ってしまった財務省職員のことを思うと、

あの国会に、はっきりと「足りないもの」を感じます。

 

「こういうことで死者を出すことは二度とあってはいけない」

「虚偽と真実の狭間で苦しむ人を出してはいけない」

という意味での緊迫した空気があってほしい、

と私は思いました。

 

そのように思う中で、私は、

いつか書きたいと思っていた「忍耐」についてを、

本日の記事にさせていただくことにしました。

 

先日、オリンピック・パラリンピックが閉幕しましたが、

人があることに努力し、また、耐え抜いた姿に、

感動や勇気をいただくことがあります。

 

また、自己の成長のために、

そして、秩序ある世の中を保つために、

忍耐を知り、それをすることができることは、

必要で大事なことだと私は思っています。

 

ただ、何をどこまで「耐えるか、耐えないか」は、

基本的には「本人の自由」だと思っています。

 

但し、

「自分が耐えることで誰かに迷惑をかけることがあるのか」

逆に、

「自分が耐えないことで誰かに迷惑をかけることがあるのか」

を考えなければならないケースもあると思います。

ですので、

「(するかしないか)本人の自由とは言えない忍耐」もある、

と思っています。

 

それから、「してはいけない忍耐」というものもある、

と思っています。

 

「あなたの忍耐」に、「感謝」する人がいるならば、

それは「してもいい忍耐」かもしれません。

 

さらに、精神面での自己鍛錬のつもりならば、

それも「してもいい忍耐」かもしれません。

 

しかし、世の中には、

その人がその人自身で処理するべき事柄なのに、

人を巻き込んだり、人任せにしたり、

人に責任を押し付ける人もいると思います。

 

「あなたの忍耐」を「利用」して無傷であろうとする人に、

あなたは、「あなたの忍耐」をささげてはいけない、

(これが「してはいけない忍耐」)と私は思っています。

 

また、私自身が「忍耐」をするかしないかを決定するのに、

目安にしていることの一つに、

「自分が耐えることを選択したことで生じるものが、

“自分の範囲内”で収まるかどうか」

というものがあります。

 

“自分の範囲内”というのは、

「自分で後始末ができる範囲内」とか、

「自分をコントロールできる範囲内」とか、

そういった意味です。

 

「私さえ耐えていればいいんだ」と思うような事があっても、

また、たとえ自分に原因があって起きた事であっても、

結局、自分だけで処理できなかったり、受け止めきれなかったら、

人に迷惑をかけたり、心配をかけたりすることになると思います。

 

ある事に耐えようとしたけれども、結局耐えられず、

自殺してしまったり、

人に負担を強いることになってしまったり、

人に危害を及ぼしてしまったりといったことは、

“自分の範囲内”とは言えない、と私は思っています。

 

但し、“自分の範囲内”に収めることができないかもしれない、

ということでも、周囲から理解や協力が得られる場合などには、

手がける(耐える)ことに挑戦するのもいいと思っています。

 

また、“自分の範囲内”がどこまでなのかがわからない、

ということもあるとは思いますが、

少なくとも、「ただただ苦痛でしかない忍耐」は、

「しなくていい忍耐」か、または、

「してはいけない忍耐」であり、

“自分の範囲内”にも収まらないものと考えています。

 

「人」というのは、

「許容範囲を超える忍耐」を強いられて、

何が何だかわからなくなるほど苦しい状況に陥れば、

「自殺してしまうことのある生き物」だと思います。

 

だから、

「自分の許容範囲を超えて、自分に耐えることを強要しない」

という考えと、

「他者の許容範囲を超えて、その他者に耐えることを強要しない」

という考えの両方をもって、

自他の、自殺してしまうことのある側面をカバーする必要がある、

と私は思っています。

 

少なくとも、

あまりの苦しさに何が何だかわからない状況に陥り、

自ら命を絶ってしまう前に、

まだ、冷静な判断ができるうちに、

「しなくていい忍耐」「してはいけない忍耐」から離れることを、

ぜひ、していただきたいです。

 

冒頭でも申し上げましたが、

本日、私がこの記事を書いているのは、

自分の許容範囲を超えて強いられたものに苦しみ、

命を絶った人がいるというのに、

それに見合うような空気が感じられなかった国会を見た、

ということがきっかけでした。

 

自ら命を絶った財務省職員であったその方は、

不本意なことをしなくて済む世界」

「虚偽と真実の狭間で苦しむことのない世界」

に行ったのだろう、と私は思っています。

 

ただ、誰もが、

もし、「嘘をついた・嘘をつかされた」としても、

この世に居て、生きたまま、

「私は嘘をついてしまったという“本当”のこと」を言うことで、

この世に居ながら「嘘の世界から抜け出せる」と私は思います。

 

この世を「虚偽と真実の狭間で苦しむことのない世界」、

つまり、「嘘をつかずにいられる世界」にできるのは、

この世を生きている私たちにしかできないと思います。

 

もし、嘘をつかざるをえない環境があるならば、

その環境こそが退かれるべきものだと思います。

 

そして、

「嘘をつかざるを得ない立場に立たされれば“苦しい”と感ずる人」が

この世を「嘘をつかずにいられる世界」にする担い手として、

この世に残るべき人だと、私は思っています。

 

 

お読みいただきまして、どうもありがとうございました。