世の中の観察日記

世の中を見て、思ったこと・考えたことを自由につづって参ります。このブログを読んでくださる方々と、「安心」を共有することを望んでいます。

禅語「拈華微笑(ねんげみしょう)」。

元号が「平成」から「令和」へ変わってから12日目を迎えました。

 

ゴールデンウィークもすでに終わり、

祝賀ムードが落ち着いてきたように思います。

 

しかし、「令和」という時代に対して何らかの期待をもった雰囲気は、

今も続いているように思います。

 

「(令和が)いい時代になるといいなと思います」

とおっしゃっている方を度々お見かけしましたが、

私もそのように思っております。

 

「平成」という時代は、世の中を見ても個人的にも内容が濃く、

この時代に居合わせ、この時代を経験させていただいたことは、

私自身にはよかったと思っております。

 

そして、「令和」という時代を迎える場面に居合わせたことも

よかったと思いました。

それは、「令和」と言っては微笑み、「令和」と聞いては微笑む……

人々のそのような様子に、

禅語の「拈華微笑(ねんげみしょう)」を感じたからです。

 

『ほっこり、やさしい禅語入門』(P75)という本に、

「拈華微笑」は、次のように説かれています。

 あるとき、説法の場でありがたいお話を聞こうと集まった弟子たちを前に、お釈迦さまは無言のまま優曇華うどんげ)の花を差し出しました。何のことか意味がわからずにいる弟子たちのなかで、唯一、迦葉(かしょう)という弟子だけはその意味をくみとり、ほほえみました。こうしてお釈迦さまの教えは迦葉に伝えられたといわれています。

※文中に「優曇華うどんげ)」という花の名前が出て参りますが、

 他の書物で「金波羅華(こんぱらげ)」と説いているものもあります

 (講談社の『無門関を読む』P72参照(著:秋月龍珉))。

 

さらに言葉を引用させていただきながら、短く申し上げてみますと、

「言葉を交わさずとも、一輪の花を差し出せば、ほほえみだけでお互いの心を伝え合うことができること」が、「拈華微笑」です。

 

また、『明鏡国語辞典』には、「拈華微笑」とは、

「仏教で、ことばでは説明できない仏法の真髄を心から心へと伝えること。また、一般に、ことばを用いずに心から心へと伝えること。以心伝心。」

というふうに書いてありました。

 

私が「令和」という元号を迎えた日本に「拈華微笑」を感じたのは、

「令和」を合言葉にして、人々が平和を願い、夢や希望を持ちながら、

「お互いに、いい時代になるといいよね!」

というメッセージを送り合い、受け取り合い、

あちらこちらに微笑んでいる方がいらっしゃって、

大変多くの方々の間に「以心伝心」があったことを感じて、

気持ちよかったからに違いありません。

 

「令和」を「合言葉」に人々が微笑み合うのは、

「令和」という花が「開花」して人々が微笑み合うのと同じこと、

と私は感じました。

 

「令和という花」と「人」の心が通い合い、

「人」と「人」の心が通い合う、

このような「拈華微笑」が日本という国で見られたことを、

私は大変嬉しく思いました。

 

ただ、「令和」という時代を迎え、笑顔の方を多く見かけたとはいえ、

気がかりなことがあって、「今は笑うことができない」という方も、

何らかの問題を抱えていて、「今はそれどころではない」という方も

いらっしゃると思っております。

 

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、

禅には「不立文字(ふりゅうもんじ)」という言葉があり、

これをごく簡単に申し上げてしまえば、

「さとりは、文字では伝わらず、心で伝える」

という考え方のことなのですが、

その前提がある中で、「禅語」の位置づけを考えますと、

「禅語」は、それを唱えた人からの「(さとりへの)誘い」

なのだろうと私は思います。

※因みに、「拈華微笑」は、

 中国永代の禅僧無門慧開(むもんえかい)和尚が編集した『無門関』

 という公安集の中にあるものです(『無門関を読む』P3参照)。

 

もし、そこに一輪の花があることに気づかないでいる方に、

「ねぇ、ちょっとこの花を見て!」というように声をかけることは、

「拈華微笑の世界への誘い」になると思います。

それは、

「お釈迦さまが一輪の花を差し出して、あなたが笑うのを待っている」

ことと同じだと思います。

 

また、「一輪の花が咲いていること」や、「その花の美しさ」に、

自ずと気づくこともあると思います。

 

「その花の美しさ」に自ずと気づくことができるのは、

その花が本当に「美しい」からだと私は思います。

その花自身の放つオーラのようなもののおかげで、

こちらが何をせずとも「美しい」ことを真に理解させてもらえる、

ということではないかと私は思うのです。

また、その美しさに人が癒されることがあるのは、

真に「美しい」ことは「優しい」ということでもあるから、

なのだろうと思います。

 

ですので、人は本来、

一輪の花を見つけたら、優しい気持ちになって微笑み、

もし、問題を抱え、気がかりなことがあっても、

そこにある一輪の花に気づけたなら、眺めたくなる、

しかも、優しい気持ちで眺めたくなって癒されていく、

ということがあるのだと私は思っています。

 

ところで、「令和」の二文字は、

日本最古の歌集『万葉集』の「梅花の歌」の序文にある、

「初春の令月にして、氣淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫す。」

の中から選ばれたことは、多くの方がご存知のことと思います。

 

実は、「令和」時代を迎える前に、

偶然、友人が私に梅の花の写真を送ってきてくれていました。

最初はうっとり見ていました。

しばらくして、梅の花が見ているほうを私も見たい気持ちになり、

さらに、その梅の花が見ている方向に“優しい未来”を感じました。f:id:morimariko:20190512224402j:plain

 

また、友人は、

「“思いのまま”という木があって、白梅なのに何故か所々ピンクのお花が…思いのまま、だからでしょうか? 美しかったです」

と言葉を添えてくれていました。f:id:morimariko:20190512224448j:plain

 

友人が、この梅の花の写真を撮ったこと、

友人が、この写真に、言葉を添えて私に送ってきてくれたこと、

ここに、友人から私への「拈華微笑の世界への誘い」があり、

私が、この梅の花の思いのままの“色”にうっとりして、

梅の花が見ている方向に“優しい未来”を感じたこと……

ここに、「梅の花」と「友人」と「私」の「拈華微笑」がありました。

 

今、私のこの記事をお読みくださっている方々の中に、

「私にもそういうことがありました!」という方も、

「私にもそういうことがしょっちゅうあります!」という方も、

いらっしゃるのではないかと思います。

 

自分を笑顔にしてくれる人がいることの幸せを感じながら、

今、笑顔ではない方が、いずれ必ず笑顔になることを信じながら、

たくさんの「心」と「心」が通い合い、

ますます「拈華微笑」で包まれていく世の中を思い浮かべることを、

私は今、楽しんでおります。

 

 

お読みいただきまして、どうもありがとうございました。

 

引用・参考文献

『ほっこり、やさしい禅語入門』石飛博光 成美堂出版

ほっこり、やさしい禅語入門―心豊かな毎日をおくるための禅のことば

『無門関を読む』秋月龍珉 講談社

無門関を読む (講談社学術文庫)

 

※次回の記事更新は、約3箇月先の「8月」を予定しております。

 もし、更新にお気づきいただけましたら、

 そして、皆様のご都合がよろしい時にお読みいただけましたら、

 幸いに存じます。

「好き」という気持ちについて。

久しぶりに記事を更新させていただきます。

 

前回の記事を書いてから2箇月以上が過ぎ、

もうすぐ4月を迎えますが、

本年5月1日に皇太子さまが新天皇に即位され、

それに伴って始まる新元号が公表される4月1日が

近づいてきました。

 

そのような中で、私の脳裏には、

ご結婚のお話しが延期となっている眞子さまのことが

思い浮かんでおります。

 

先日、大学をご卒業になった佳子さまが、

眞子さまのご結婚に関して、

「結婚においては当人の気持ちが重要である」

とおっしゃったと聞きます。

 

私も、佳子さまと同じように思っております。

 

眞子さまに限らず、どなたがご結婚されるにしても、

その人の「立場」も大事なことであるとは思います。

他にも大事なことはたくさんあると思います。

 

しかし、結婚における「当人の気持ち」は、

最も重要であり、欠かせないものであると思います。

 

そして私は、眞子さまのお気持ちを思いながら、

但し、眞子さまのことに限ったことではなく、一般論として、

結婚における「当人の気持ち」のはじまりの部分にあるような、

好きな人に出会ってから生まれる「好き」という気持ちについて、

本日、述べてみたいと思いました。

 

また、先に申し上げておこうと思うのですが、

よく、「好き」と「愛する」は違うと聞きます。

私も一言で言えば「違う」と思いますが、

厳密に言えば、(「好き」と「愛する」には)

「重なる部分」と「重ならない部分」がある、

と思っています。

 

このような「好き」と「愛する」の違いについての私の考えは、

本日の記事では割愛させていただきますので、

単純に、純粋に、人を好きになった時のことを思い浮かべて、

当記事をお読みいただけたらと思います。

 

「好き」という気持ちは、家族、友情、恋愛など……

いろいろな場面の中で生まれてくる感情だと思います。

 

そして以前、恋愛における場面で、

「別れた彼・彼女を、見返すんだ」とか、

「私を振ったことを後悔させてやるんだ」などと

おっしゃっている方を見かけたことがありました。

 

私は、この考え方には賛同しない立場です。

 

「もう一度、振り向いてもらいたい」と思って努力することは、

場合によってはいいとは思いますが、

しかし、「見返すため」「後悔させるため」という理由であったり、

自分を受け入れてもらえなかったことへの「復讐」がただよう時、

私は、その努力を美しいものとして感じることはないと思います。

 

もし、「すてきな女性になろう」と思うなら、

「誰かを見返すため」などの理由ではなく、

「自分がそうなりたいから」という理由で十分だと思いますし、

そのほうが、同じ人にもう一度振り向いてもらうにしても、

次の恋愛においても、自分らしく楽しく過ごせるように思います。

 

私は、人を思う気持ちが「美しい」のは「純粋」なものだから、

だと思っています。

 

ですので、「純粋」に誰かを「好き」と思っている時、

その人は「美しい」のだと思います。

 

因みに、私がここで申し上げている「純粋」というのは、

もちろんながら無我夢中なものでも、自己中心的なものでもなく、

むしろ、「好きな人ができたことで、周囲の人をも思いやれる」

というものを指しています。

 

「好きな人ができたことで、周囲の人をも思いやれる」ことは、

人を思う気持ちが純粋であるときの自然現象だと思っております。

 

また、「好き」という気持ちに、

「諦める・諦めない」という発想は「ない」と思っています。

 

「交際したい」となれば、相手の気持ちがかかわってくるので、

交際できないこともあり、諦めるしかないこともあると思います。

 

しかし、「好き」という気持ちは、本来、

交際できるかどうかに関係なく芽生えた思いであって、

状況がゆるしてくれても、ゆるしてくれなくてもそれは関係がなく、

時には、相手が自分のことを好きでなくても募っていくことさえある、

「湧き上がってくる気持ち」のことだと私は思います。

 

優しい人を好きになったり、おもしろい人を好きになったり、

寡黙な人を好きになったり、風変わりな人を好きになったり、

人を好きになる理由もきっかけも人それぞれだと思いますが、

交際したい気持ちが芽生えてくるのは自然なことだと思います。

 

ただ、もし、交際を申し込んで断られたことや、

何らかの問題で交際がかなわなかったときに、

とたんに「好きでなくなる」ならば、

大して好きではなかったのではないか、

本当は好きではなかったのではないか、

と私は思います。

もっと言ってしまえば、

自分の退屈や寂しさを紛らわすために恋でもしよう、

と考えていたのではないかと勘繰ってしまいます。

 

「この人の、こういうところが好き」という、

好きなことに理由があるのは自然なことだと思いますが、

「好き」という気持ちに、「うまくいったら」というような、

「条件」のようなものが付いていたら、

それは「純粋」な「好き」ではないと思います。

 

「好き」という恋心は、

退屈や寂しさを紛らわすためにするものではなくて、

自然に魅かれていって「恋しい人に抱くもの」だと思います。

 

もちろん、好きな人と交際できても、できなくても、

その後、何かを理由に気持ちが変わっていくこともあると思います。

 

その気持ちが移り変わって、新たに生まれてくる気持ちも、

「純粋」なものであるならば「美しい」ものだと私は思います。

もし、「これから私はこうしたいと思う、こうしよう」という、

明るい心の芽生えがあるならば、なおのこと「美しい」と思います。

 

もちろん、「ずっと私の気持ちは変わりません」というのも、

それが自然な思いならば、「美しい」と思います。

 

また、つらいことがあって、かげで泣いていることがあっても、

公の場で自分の「立場」を忘れない立ち居振る舞いができる方は、

心が「清らか」なのだと思います。

 

この「清らかさ」は、

「純粋に人を思う気持ち」のある方から感じることができるもの

なのではないかと思います。

 

私は、眞子さまに「純粋に人を思う気持ち」の「美しさ」と、

心の「清らかさ」を感じております。

 

「姉の一個人としての希望がかなう形になってほしい」と、

「純粋にお姉さまを思う気持ち」を伝えてくださった佳子さまも、

心の「清らか」な方だと思います。

 

眞子さまの希望がかなうことを、

「純粋に人を思う気持ち」のある方の願いがかなうことを、

私も心から望んでおります。

 

 

お読みいただきまして、どうもありがとうございました。

 

※次回の記事更新は「5月」を予定しております。

 皆様のご都合がよろしい時にお読みいただけたら幸いに存じます。