読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世の中の観察日記

世の中を見て、思ったこと・考えたことを自由につづって参ります。このブログを読んでくださる方々と、「安心」を共有することを望んでいます。

「つくべき縁」「離れるべき縁」について。

仏教(関連) 心・考え方

先月(3月)から今月にかけて、

卒業式、入学式・入社式などがある春の訪れとともに、

「別れ」と「出会い」という言葉を

何度か見聞きいたしておりました。

 

また、私の前回の記事では、

仏教」や『歎異抄(たんにしょう)』に対する、

皆様の温かいまなざしを感じ、

仏教が大好きな私としては、とても嬉しい気持ちになり、

ありがたく思っておりました。

 

このような思いがあいまって、

私は、『歎異抄』の中に出てくる言葉、

「つくべき縁」「離れるべき縁」が脳裏に浮かんでおりました。

 

そこで、今回の記事は、そのような縁に関することで、

私の思っていることを書かせていただきたいと思います。

 

親鸞聖人が、

「つくべき縁」「離れるべき縁」について語られたことを、

親鸞聖人の弟子・唯円(ゆいえん)が、

歎異抄』の第六条に記しています。

 

(以下、『歎異抄角川学芸出版を参考書として、

現代語訳等でご紹介させていただきます。)

 

親鸞聖人がこの縁について語られたのには、

次のような背景がありました。

  親鸞の教えに共感して念仏する人が多くなると、親鸞を師と仰ぐ直弟子と、直弟子を師とする孫弟子も生まれ、やがて、わが弟子、ひとの弟子というような、わけへだてをして争うなど、さまざまな問題が発生した。

 このような事態に直面して、親鸞は、師匠とはなにか、弟子とはなにかと、あらためて自らに問いかけた。

 そして、そうだ、自分には弟子は一人もいなかったのだ、すべて阿弥陀仏の弟子であり、念仏者は、みな、ことごとく、同じ浄土への道を歩む同行なのだと、気づかされたのであった。(P22,23)

 

そして、『歎異抄』第六条によれば、

親鸞聖人は、次のようにおっしゃっていたそうです。

  この親鸞は、弟子は一人ももっておりません。……(略)……

 人は、つくべき縁があれば、共につれそい、離れるべき縁があれば別れることもあります。それゆえ、今までの師匠にそむいて他の人にしたがって念仏するものは、浄土に生まれることができない、などというのは、決して言ってはならないことです。その人に阿弥陀さまからくださった信心を、自分があたえたものであるかのように思い、とりかえそうとでもいうのでしょうか……(P87,83)

 

親鸞聖人は、皆、阿弥陀さまの弟子である、と思った方です。

 

また、「念仏する」という行為も、

人が誰かにさせるものではなく、

阿弥陀さまがそうさせてくださるものなのだ、

と思っていた方でした。

 

ですので、

(実際には、親鸞聖人にはたくさんのお弟子さんがいましたし、

この『歎異抄』の著者・唯円もお弟子さんですが、)

親鸞聖人には、

「自分に弟子がいるという意識はなかった」とそうです。

お互いを、

「念仏をとなえる者同士」「阿弥陀さまに救われる者同士」

としか思わず、

「友」とか、「同胞」、「同行」と思っていたようです。

(『親鸞! 感動の人生学』山崎龍明氏(P198)等を参照)。

 

私は、「自分がよいと思ったことをすすめる」

というのは、(押し付けでない限り、)

いいことだと思っています。

 

そしてもちろん、

「自分がよいと思ったことをすすめてもそれをしない人」とか、

「自分とは違う考え方をする人の方へ行ってしまった人」とか、

そういう相手に憤るような方には、私は仏教者を感じません。

 

また、「弟子をごっそり持って行かれた」と憤り、

「取り返そう」と躍起になる方にも、

同じく、仏教者を感じません。

 

親鸞聖人は、

いずれ誰もが阿弥陀さまに救われるのだから、

弟子を奪い合う必要などないし、

むしろ、弟子を「自分のもの」のように思うことがおかしい、

とおっしゃっているのだと思います。

 

そして、この『歎異抄』にでてくるお話は、

私たちの日常の中にある「別れ」と「出会い」にも、

同じようなことが言えるのではないか、と私は思います。

 

ある人が、自分と同じ道を歩むのか、自分と違う道を歩むのか、

それは「ご縁」を抜きにして考えられるものではなく、

「つくべき縁」があって、

お互いに同じ道を歩もうと思い合えればそれを喜び、

「離れるべき縁」があって、

自分と違う道を選んでいった方がいれば、

その方にもちゃんと救いがあることを信じる、

というのが、「ちょうどいい心持ち」のように思います。

 

そして私は、ここで、もう一つ、

申し上げたいと思うことがあります。

 

ご存知の方も多いかもしれませんが、

仏教の言葉であり、日常でも用いられている、

「四苦八苦(しくはっく)」という言葉がありますが、

これは、「四つ」の苦しみに、もう「四つ」苦しみがあって、

合計「八つ」の苦しみが説かれたものです。

 

〈ごく簡単に説明をさせていただきます。〉

生(しょう):生まれる苦しみ

老(ろう):老いる苦しみ

病(びょう):病気になる苦しみ

死(し):死ぬ苦しみ

愛別離苦(あいべつりく):愛するものと別れなければならない苦しみ

怨憎会苦(おんぞうえく):厭なものと会わなければならない苦しみ

求不得苦(ぐふとっく):求めているものが手に入らない苦しみ

五陰盛苦(ごおんじょうく):心身があるために煩悩が生ずる苦しみ

(『ブッダの教えがわかる本』P116~117参照)。

 

どちらも苦しいことだと思います。

 

そして、(上記で太字にした)

愛別離苦」=「愛するものと別れなければならない苦しみ」も、

もちろん、とても苦しいことだと思います。

 

しかし、

「愛していて、別れたくない」と思えるような人に出会えた人生は、

実は、とても素晴らしい人生だ、と私は思います。

 

人生に、そういう、

愛する人が登場したことの「幸せ・喜び」もあることを、

見落としたくない、

苦しみ・悲しみのために忘れてしまうことのないようにしたい、

と私は思うのです。

 

そして、だからこそ、

「つくべき縁」「離れるべき縁」があるとしても、

離れたくないならば、「離れたくない」と思って、言って、

いいのだと思います。

 

「会いたい」と言って、いいのだと思います。

 

「会いたい」「また会いたい」「離れたくない」

という方とすでに出会っている方も、

これから出会うという方も、

「とても素晴らしい人生」であることに、

どうか、「喜ぶこと」を、お忘れなく!!

と私は思っております。

 

 

お読みいただきまして、どうもありがとうございました。

 

引用・参考文献

歎異抄千葉乗隆 角川学芸出版

新版 歎異抄―現代語訳付き (角川ソフィア文庫)

親鸞! 感動の人生学』山崎龍明 中経出版

親鸞! 感動の人生学 (中経の文庫)

ブッダの教えがわかる本』服部祖承 大法輪閣

ブッダの教えがわかる本―仏教を学ぶ

私の、仏教が大好きな理由。

仏教(関連) 私事

私は仏教徒ではありませんが、

仏教が大好きです。

 

仏教の教えの中で、

私が大変気に入っておりますのは、

「自灯明・法灯明(じとうみょう・ほうとうみょう)」

という教えです。

 

「自灯明・法灯明」は、

「自分をよりどころとし、正しい教えをよりどころとすること」

という意味で、

私は、自分の生き方の基本的な考え方として、

取り入れさせていただいております。

 

※「自灯明・法灯明」に関しましては、

 以前、記事にさせていただいております。

 皆様に許すお時間があり、お読みいただけたら幸いです。

morimariko.hatenablog.jp

 

このほかにも、私は、仏教の教えの多くに共感し、

お導きをいただいてきたと思っております。

 

しかし、私には、

仏教の教えのすべてに頷いているわけではない」

という本心があります。

 

また、私がこのような本心をもっていても、

仏教が、私から去って行ってしまったことはなく、

去って行きそうな気配すら感じたこともないまま、

今日を迎えております。

 

それで私は、本心を偽る必要もなく、

安心して、仏教を好きでいられます。

 

この私の気持ちをますます安心させてくださるようなお話が、

歎異抄(たんにしょう)』という本に書かれています。

 

※ご存知の方もいらっしゃることと存じますが、

 『歎異抄(たんにしょう)』は、

 浄土真宗の祖「親鸞聖人」の弟子である「唯円(ゆいえん)」が

 著したもので、東洋の聖書とも言われています。

 

この『歎異抄』の第九条に、

唯円が「念仏を唱えても喜ぶ気持ちが湧いてこないのはなぜか」

と本心を打ち明け、

それに対して、親鸞聖人が答える場面が出てきます。

 

(現代語訳でご紹介させていただきます。)

「念仏を申しておりましても、おどりあがるような喜びがありません。また、急いで浄土へまいりたいという心もおこりません。これはいったいどうしたことでしょうか」とたずねました。すると親鸞聖人は、「実はわたしも同じような疑問をいだいていたのですが、唯円房よ、あなたも同じ思いをもっていたのですね」といわれて……(『歎異抄角川学芸出版P85) 

 

仏教徒であり、念仏者である親鸞聖人と唯円が、

「念仏を申しておりましても、おどりあがるような喜びがありません」

と言えてしまう、

こんなに「本心でかまわない」仏教が、

私は大好きなのです。

 

このあと、親鸞聖人は、唯円に、

喜べないのは煩悩のしわざであり、

阿弥陀さまは、そのようなわたしであることをはじめから知って

おられ……」

と答えていらっしゃいました。

 

この、唯円が本心を打ち明ける第九条よりも前の、

第一条に「摂取不捨(せっしゅふしゃ)」という言葉があります。

 

角川学芸出版の『歎異抄』P12には、

  摂取不捨とは、単に仏がおさめとって見捨てないということではない。親鸞は『浄土和讃』の中で、仏に背をむけて逃げるものを、どこまでも追いかけて、ひとたびとらえると、決してはなさないことであるといっている。

と書かれています。

 

繰り返しますが、

「摂取不捨」とは、阿弥陀様が、

「仏に背をむけて逃げるものを、どこまでも追いかけて、

ひとたびとらえると、決してはなさないこと」

という意味だと書かれています。

 

阿弥陀さまは、

人間に深い煩悩があることを十分ご承知で、

人間とはそういうものであるからこそ「救いが必要」なのであり、

だから、「(救いを必要とする)すべての衆生を救う」

という誓願を立ててくださった方です。

 

人が、「この誓願は、煩悩深き自分のために立てられたものだ」

と深く頷き、

その人に、「念仏しよう」という思いが「自然に」湧きあがったなら、

それが、阿弥陀さまがその人を救うために、

「とらえて、決してはなさない」

という合図になるようです(と、私は解釈しています)。

 

私は、仏・阿弥陀さまの救いなくして、

今日の私はなかっただろう、と思っている私です。

 

しかし、仏教に出会い、念仏に出会い、

仏の慈悲に触れてもなお、

仏教の教えのすべてに頷いているわけではない」

とも思っている私です。

 

このような私に、

仏教が好き」という思いが一度も消えたことがないのは、

仏の「ひとたびとらえると、決してはなさない」

という慈悲・恩恵をいただいているからなのではないか、

と思っています。

 

私の、仏教が大好きな理由は、

この度申し上げたことがすべてではありませんが、

理由の中でも大きいものを述べさせていただきました。

 

私の、仏教が大好きな理由をもう一度、

箇条書きにさせていただきますと、次のようになります。

・本心でかまわない(むしろ、本心がいい)

・(どのような本心をもっていても)私から去って行かない

・背をむけて逃げる私をどこまでも追いかけて、とらえ、

 決してはなさないでくれる

 

因みに、私が仏教の教えで頷くことができない箇所というのは、

私が理解できないだけ、という可能性が大いにあり、

「まだ、結論が出ていない」ということでもあります。

 

ひっかかる点に、

「これはどういうことだろう?」

「そういうものかなぁ?」と、

これまで通り、問い続けたいと思っております。

 

そして、納得できたときは、

素直に頷きたいと思っております。

 

※「念仏」については、またの機会に記事にさせていただけたらと

 思っております。

 

 

お読みいただきまして、どうもありがとうございました。

 

引用文献

歎異抄千葉乗隆 角川学芸出版

新版 歎異抄―現代語訳付き (角川ソフィア文庫)

「毎日」について。

心・考え方

今日は、私が思っている「毎日」について、

述べさせていただこうと思います。

 

時間を大事に思っている方々にとって、

「毎日」は、やはり、大事な日々だと思います。

 

私も、大事に思っております。

 

その毎日の中で、

火事のような緊急事態が発生した場合などに、

そこで発揮される、

日常では到底考えられないもの凄い力のことを

「火事場のバカ力」というと思います。

 

夢中になって、一生懸命になった時に、

不思議な力がはたらくということもあると思いますが、

「火事場のバカ力」は、

その人が「もともと持っている力」なのである、

とも聞きます。

 

この「火事場のバカ力」を毎日発揮してしまうと、

人は、非常に短命になるようです。

 

ということは、

人のからだは、日頃から力を蓄えておき、

いざという時に「火事場のバカ力」を発揮する、

という具合にバランスをとりながら、

自分の命を長命にしよう、

としているのだと思います。

 

ですので、例えば、

「今日はゆっくり過ごした」とか、

「今日は何もしなかった」とか、

そういう日があるのは、

「いざという時」にそなえて、

(自分の知らない間に)「力を蓄えている」

ということなのかもしれません。

 

それとは逆に、すでに何かを成し遂げて、

いっぱい力を使ったので、

「今、休んでいる」「力を取り戻している」

ということもあると思います。

 

また、思い通りに過ごせなかった日々を振り返って、

「私は怠けているだけなのではないか」

と自分に問うこともあると思います。

 

しかし、怠けるタイプの方が、

そういう問いかけをご自分になさるとは、

私は思いません。

 

また、例えば、

(いつかはわからないけれど)すごい力を発揮するであろう日や、

(いつなのかわかっている)すごい力を発揮したい日など、

そういう大事な日を、「出番の日」と呼んで、

その他の日は「出番に備えている日」と呼んでみると、

「出番に備えている日」が、

「出番に備えている」という役割を担った日として、

力を蓄えるための「大事な日」に思えて参ります。

 

ここで、私が愛読している本の一つである、

中国の古典『菜根譚(さいこんたん)』の中にある言葉を

ご紹介させていただきたいと思います。 

 

岩波書店菜根譚』P306より)

[訳文]を先にご紹介させていただきます。 

  鳥の中でも、長く伏せていて力を養っていたものは、いったん飛び上がると、必ず外の鳥よりも高く飛び、また、花の中でも、早く花を開いたものは、必ず外の花よりも早く散る。この道理をわきまえておれば、中途であし場を失ってよろめく心配を免れることができ、また、成功をあせる気持を消すこともできる。 

 

[読み下し文]は次の通りです。

  伏すこと久しきものは、飛ぶこと必ず高く、開くこと先なるものは、謝すること独り早し。此れを知らば、以て蹭蹬(そうとう)の憂いを免るべく、以て躁急(そうきゅう)の念を消すべし。

 

つまり、

「長く力を蓄えていた鳥が飛び立つときは、必ず高く飛ぶ」

のであり、また、

「早く咲いた花ほど、早く散っていく」ということは、

「遅く(力を蓄えてから)咲く花は、実り豊かに長く咲く」

ということだと思います。

 

「うまくいかないときは、無理に動かず、力を蓄えるとき」

と聞くことがあります。

 

「力を蓄える日」には、

「リラックスの日」「リフレッシュの日」のほか、

「考える日」や「学ぶ日」、「試行錯誤の日」なども、

該当するように思います。

 

出番の日も、出番に備えている日も、

その日数は人によって違うと思いますが、

いずれにしても、

「毎日」とは、

「出番の日」と「出番に備えている日」で構成されている

「大事な日々」である、と私は思います。

 

 

お読みいただきまして、どうもありがとうございました。

 

引用・参考文献

菜根譚』洪自誠、今井宇三郎(訳注) 岩波書店

 菜根譚 (岩波文庫)