世の中の観察日記

世の中を見て、思ったこと・考えたことを自由につづって参ります。このブログを読んでくださる方々と、「安心」を共有することを望んでいます。

「悪口」という「矢」の向かうところについて。

私は以前、

『「悪口」と「愚痴」と「批判」について。』

という記事を書かせていただいたことがあります。

 

しかし、こちらの記事の中で、「悪口」については、

「人を悪く言うことだから、

いつの日も「言ってはいけないこと」だと思います。」

ということくらいしか述べておりませんでした。

 

※もし、お目通しいただけたら幸いです。

morimariko.hatenablog.jp

 

そして今日、もう少し、

「悪口」について述べさせていただこうと思います。

 

ご存知の方もいらっしゃることと存じますが、

仏教の開祖・釈尊(しゃくそん)の教えを最も忠実に伝え、

また、仏典の中で最も古いと言われている

『スッタニパータ』という経典があります。

 

その経典の中に、 

 人が生まれたときには、実に口の中に斧(おの)が生じている。愚者は悪口(わるぐち)を言って、その斧によって自分を斬り割(さ)くのである。

 

(『ブッダのことば―スッタニパータ』岩波書店P146参照)

という言葉が載っています。

 

短く申し上げれば、

「悪口を言えば、自分を斬りさくことになる」

と説かれていると言えると思います。

 

そして、これにまつわる、次のようなお話しがあります。 

 あるとき、お釈迦様が他宗の者に悪口を浴びせられました。しかしお釈迦様は、黙ったままで相手が言い終わるのを待つと、「あなたは弓を射たことがありますか?」と問いかけ、次のような話をします。

 矢を天に向けて放っても、受け取る人がいなければ真下に落ち、自分に当たる。同じように、あなたが私に悪口を言っても、私がそれを受け止めなければ、その矢はあなたに向かうことになる……」

 

(『くり返し読みたいブッダの言葉』P30より)

このように、

自分が放った「矢(=悪口)」は、

「矢に当たる人がいない(=悪口を受け止める人がいない)」ならば、

「自分に向かってくる」のであり、

私はこれを、

「悪口を言う」ということは、「自分に向かって矢を放っている」

ということだと解釈しております。

 

因みに、このお話を最初に知った時に、

「なるほど」と思いつつも、

「横に向かって放った矢は、自分に戻ってこないのではないか?」

「風が吹いた場合、このお話は通用しなくなるのではないか?」

と疑問を持ちました。

 

しかし、私なりに考えてみた結果、次のようなことを思いました。

 

横に向かって放った矢も、

もっともっと、というふうに飛距離を伸ばしていけば、

いずれ、まるい地球を一周して、

「自分の背に刺さることになる」

と思いました。

 

そして、矢の飛距離を伸ばした上に、風などの天候も考慮し、

必ず命中することができるよう技術を上げるならば、

「ますます自分の背に命中するように矢を放っている」

と言えると思いました。

 

「矢」で考えると、非現実的な面があるかもしれませんが、

この「矢」を、「悪口」として考えると、

私は、非現実的なお話しではないように思います。

 

「矢」を「毒矢」として「煩悩」にたとえるお話しが、

仏教にはよくあるように思うのですが、

自分の放った「毒矢」が、自分の背に刺さるまで、

「矢を放った過ち」に気づくことができないことは、

ある意味、気の毒なことだと思います。

 

やはり、一番いいのは、

「矢が放たれないこと」だと思います。

 

しかし、放たれてしまった矢に対しては、

私たちは、「受け止めない」とすることが一番いい、

「ひたすら躱す(かわす)、可能な限り躱す」

とすることが一番いい、と私は思います。

 

誰かが、放たれた矢に触れてしまうと、

その矢は、放った人のところには戻っていかないかもしれません。

 

実は私は、この記事を書くにあたり、

(すでに連想された方もいらっしゃるのではないかと思いますが、)

北朝鮮のミサイルのことが脳裏に浮かんでいました。

 

「飛距離を伸ばしてきた」とか、

「技術が向上している」とか、

そういうニュースを耳にする度に、

この「矢」のお話しを思い出しておりました。

 

実際に、矢もミサイルも、放たれれば、

どこかに落ちて、誰かに当たる可能性があると思います。

ですので、それなりの備えは必要だと思います。

 

ただ、あまりに恐怖心を見せてしまうと、

恐れさせたい相手は喜んでしまうのではないか、

と私は思います。

 

また、矢を放つ人のほうに「恐れ」という「煩悩」があり、

その「恐れ」を何とかしたいと思っていて、

しかし、対処を誤って、自らますます「恐れ」を募らせ、

それが「(飛距離を伸ばすなどの)技術の向上」として表れている、

ということではないか、と私は考えています。

 

ですので、矢を放つ人に「恐れ」がなくなれば、

矢を放つことはしなくなるのではないか、

そして、「圧力をかける」などの行為は、

場合によっては、「逆効果」なのではないか、

と思っております。

 

ただ、念のために申し上げますが、

私は、世の中に、こちらが一歩譲ったら、

一歩前進してくる人(譲り合えない人)がいる、

と思っておりますので、このような観点から、

現実的には「圧力が全くいらない」ということはない、

と思っております。

 

今一度、「悪口」にお話を戻しますが、

私は、「悪口」は、

「わざわざ悪く言うこと」「悪意をもって言うこと」

だと思っております。

それは、根も葉もないことを言ったり、

人の言動や事柄を曲解して悪く言ったりすること、

だと思っております。

 

また、一見「悪口」のようではあるけれど「悪口」ではない、

ということもあると思っておりますので、

それが本当に「悪口」なのかの検討を要することもある、

と思っております。

 

そして私は、「悪口」に対して、

「受け止めない」「躱す」とすることが一番いい、

と思っているのですが、これには、

「相手にしない」「放っておく」というようなイメージがある、

のではないかと思います。

 

そこでまた、念のために申し上げておきたいのですが、

もし、「濡れ衣を着させられる」ようなことがあれば、

それはぜひとも「晴らしたほうがいい」、

と私は思っております。

 

私は、どなたも、濡れ衣を着る必要は全くないと思っております。

 

「濡れた衣」を着てしまったら、重いと思います。

ぜひ乾かして、晴らして、軽くなっていただきたいです。

 

 

お読みいただきまして、どうもありがとうございました。

 

引用文献

ブッダのことば―スッタニパータ』中村元 岩波書店

  ブッダのことば―スッタニパータ (岩波文庫)

『くり返し読みたいブッダの言葉』山川宗玄 リベラル社

  くり返し読みたい ブッダの言葉

野球を通じて、思ったこと。

今、高校野球では、

甲子園出場校がどんどん決定してきていますね。

 

私は、特に詳しいというわけではありませんが、

子どもの頃から野球好きです。

 

そして今年は、

月一ペースでプロ野球観戦に出かけております。

 

私には現在、特にどこのチームのファンというのがなく、

一緒に行った友人が応援しているチームを応援します。

 

ただ、例えば、盗塁の場面では、敵味方に関係なく、

ランナーが成功しても、キャッチャーが阻止しても、

私は「おおおー!」となります(←気持ちがいいということです)。

 

また、球場全体に「おおおー!」という声が上がるのも楽しいです。

(^^)。

 

因みに、私自身が千葉の人ということもあり、

球場は、マリンスタジアムに一番多く出向いております。

f:id:morimariko:20170727231817j:plain

これは、5月のレディースデイに行った時の試合後の写真です。

さすが、女性が多いですね~。

 

そして私は、ロッテの井口選手が今季で引退してしまうのが、

サビシイです(>_<)。

 

実はつい先日、井口選手が、

『ブレないメンタルをつくる 心の軸』

という本を出されていることに気づき、

読ませていただきました。

 

ピッチャーの投げたボールをバットのどこに当てるか、

ということも大事だと思いますが、

井口選手の本には、バットに当てるタイミングと言いますか、

ボールが自分の目の前の“どの位置にある時にバットに当てるか”

というようなお話と、

それができるようになるまでのお話が書かれてあり、

今の私に野球をする機会はないものの、

何かと人生に置き換えて考えることが好きな私には、

そういう意味もあって、大変興味深いお話でした。

 

私の解釈では、「待って打つ」という感じなのですが、

井口選手の考え方、練習の取り組み方、

特に、メジャー・リーグに行って1年目の忍耐の日々などを

合わせて考えてみると、

「意図的に待って打つ」であろうと、

「(なぜか)待つことになっていて待って打つ」であろうと、

「熱い人は、そのタイミングと本物の技を必ず手に入れる」

と感じました。

 

そして私はもちろん、どちらのチームの選手でも、

ライナーをしっかりグラブに収める姿とか、

ヒットで抜けていきそうなボールに飛びつく姿とか、

バックトスを華麗に決める姿とか……

ファインプレーを見ては「あぁ~カッコイイ~!!」

と思っています(^^)。

 

ただ、井口選手の本で、ファインプレーについて、

気づかせていただいたことがありました(P47,48)。

確かに二遊間を抜けそうな打球に横っ跳びで飛びついて捕球すれば、ファンは喜んでくれます。でも、事前に打球の方向を予測して守備位置を二塁寄りにしていれば、そもそも飛びつく必要もありません。正面で捕球すれば、大きな歓声は得られませんが、確実にアウトを取ることができます。

 

派手に見えるプレーがプロの守備なのではなく、簡単な打球は堅実にさばき……

難しい打球を難なくさばいてみせることこそが本当のプロフェッショナルだと思っています。

この箇所を読んですぐ、以前テレビで野球をみていた時、

実況アナウンサーが、

「よくあの位置にいましたね~」

と言っていたことを思い出しました。

 

これは、他のスポーツでもあることだと思いますが、

それが「プロ」ということなんだな、と改めて思いました。

 

もちろん、先にあげたファインプレーは、

私にとって気持ちのいいファインプレーに違いありませんが、

ただ、これからは、

選手が「その位置にいたこと」それ自体の「ファインプレー」

見逃さないようにしたい!と思いました。

 

こうしてみると、

「位置」というものと、「プロとしての意識や熱意」には、

何らかの関係があるのだな、と思えて参りました。

 

スポーツも、人生も、

「熱心ではない」から当然「うまくいかない」ことも、

「熱心ではない」のになぜか「うまくいく」ことも、

そして、

「熱心である」のに、なかなか「うまくいかない」ことも、

あると思います。

 

ただ、「熱心ではない」のに恵まれたような立ち位置にいると、

だんだん居心地が悪くなって自ら移動することもあると思いますし、

逆に、その立ち位置にふさわしくあろうと努力する、

ということもあると思います。

 

また、「熱心である」けれども望む立ち位置が手に入らないのは、

やり方とか、方向とか、捉え方とか……どこか変えたほうがいい、

という理由があってのこと、ということもあると思います。

 

ですので、結局、

今の自分の「立ち位置」にはちゃんと意味があって、

おおかた「熱意」と見合っている、

という気がいたします。

 

井口選手の“位置”を掴むという「熱意」は、

昔からずっと変わらなかったのではないかと思いますが、

それでも、バッターの時と守備に就いていた時と、

それぞれに「ここだ!」という“位置”を掴むまでの過程には、

試行錯誤があったことと思います。

 

きっと、試行錯誤の最中は、

「それが、自分が本当に求めているものなのかどうか」

を考える機会にもなっていると思いますので、

「気持ち」が揺れ動くのは当然だと思います。

 

そして、「試行錯誤という中での位置」や、

「試行錯誤した上での位置」というのは、

「熱心であるからこその位置」であり、

その位置は、いつも「よい位置」でしかない、

と私は思います。

 

また、試行錯誤の日々を通過しても、再び、

「それを続けていくのか、離れていくのか、勇気ある選択」

を迫られる時がやってきて、

“新たな位置”を掴んでいくのだろう、

ということも思います。

 

私はテレビで、

井口選手の引退会見の様子をほんの少し拝見したのですが、

その時の井口選手の目がとてもキラキラしていたのが印象的でした。

 

「思い残すことなくやった」という“新たな位置”に到達して、

井口選手はキラキラした目をしていらっしゃったのだと思います。

 

私は、そのような井口選手が守っていたセカンドの守備に就いて、

「私よ!よくぞその位置にいた!」と賞賛する私を想像して、

ちょっと想像してみただけで、楽しい気分になりました(^^)。

 

実は井口選手、本の中でも“新たな位置”を感じさせることを

おっしゃっています。

「将来、監督をやってみたい」(P156)。

「いつかはメジャー・リーグの監督もやってみたい」(P158)

 

メジャーでの井口監督!

「あ~観に行きた~い!」なんて思う私。

観客席という“位置”に居る私まで想像してしまいました!

 

井口選手の引退がさびしかった私の心は、

今、“ワクワクの位置”に変わってきたようです。(^^)。

 

 

お読みいただきまして、どうもありがとうございました。

 

引用文献

『ブレないメンタルをつくる 心の軸』

井口資仁 ベースボールマガジン社 

ブレないメンタルをつくる心の軸
 

 

「竹」の生き方について。

九州における豪雨の被害に遭われました皆様へ、

心より、お見舞い申し上げます。

 

本日は、私がしばらく考えておりました、

「竹」の生き方について、

述べさせていただこうと思います。

 

数か月前から、私の友人であり、

はてなでブログを開設されている方でもある、

Mayumiさん(id:mmm-thatsfine)との間で、

「竹」の話題が出ていました。

 

Mayumiさんは、

「竹というのは、およそ百年に一度花を咲かせて、

その一帯が全滅するそうですね

昔、そのことを題材にしたオリジナルのミュージカルを見て

印象に残っています」

とおっしゃっていました。

 

私は、そのような「竹」の生涯を初めて知り、

「およそ百年に一度花を咲かせて、その一帯が全滅する」

ということが気になりつつ……

次の禅語を思い出しておりました。

 

「風過ぎて竹に声を留めず」

(かぜすぎて たけにこえを とどめず)

 

これは、

「風が過ぎてしまえば何事もなかったかのように静まる竹」

の様子を伝えるものです(『ほっこり、やさしい禅語入門』P76)。

 

「竹」が「風」に吹かれているところを想像すると、

小さく、また、大きく揺れてしなったり、

葉の触れ合う音もサラサラと小さかったり、

ザワザワと大きかったり、していると思います。

 

そして、「風」が吹き抜けて行ったあとは、

「竹」が、「自分の軸とするところ」に戻ってきて、

静かにそこに立っている、

という様子が、脳裏に浮かんで参ります。

 

また、「風」に関して、次のような禅語があります。

 

「八風吹けども動ぜず」

(はっぷうふけども どうぜず)

 

ここに言う「八風=八つの風」とは、

1.「意にかなうこと」

2.「意に反すること」

3.「陰でそしること」

4.「陰で賞賛すること」

5.「人前でほめること」

6.「人前でそしること」

7.「心身を悩ますこと」

8.「心身を喜ばすこと」

を表しています(前掲書P68参照)。

 

ですので、

「八風吹けども動ぜず」とは、

このような「八つの風が吹いてきても、動じないように」

と説いている禅語です。

 

※因みに「八風吹けども動ぜず 天辺の月(てんぺんのつき)」

 と書いてあることもあります。

 「八つの風が吹いてきても、天に輝く月のように、動じないように」

 という意味になります。

 

「竹」は、どのような風にも激しく逆らうことなく、

「柔らかい風」が吹いて来てはそれを味わい、

「強い風」が吹いて来ては折れないようにしなり、

たくましく立ち続けているのではないかと思います。

 

人は、

意にかなうことがあったり、褒められたりすれば「喜び」、

意に反することがあったり、そしられたりすれば「怒り、悲しむ」

といった気持ちになることがありますが、

私は、これは、人である以上、当然のことだと思っておりますし、

そういう感覚が、人には必要であると思っています。

 

きっと、喜び、怒り、悲しみなどの感情を味わって、

気持ちをあちこちに揺り動かしてしまうこともあるけれども、

あることの影響を受けたり、

また、あることの影響は受けなかったり、

という取捨選択をしながら、

決して、自分の心を見失わないように努めることで、

人は強くなっていくのだと思います。

 

それはまるで、「竹」が風に吹かれてしなり、

風を通り抜けさせたあと、

必ず、「自分の軸とするところ」に戻ってくることと「同じ」

なのではないか、と私は思いました。

 

また、

「竹」「上へと伸びつつ、根を張りめぐらす」ように、

「人」も「成長しながら、信念という根を張りめぐらす」

ということをしているのではないか、

と思えて参りました。

 

そして、再び冒頭にお話した、

「およそ百年に一度花を咲かせて、

その一帯が全滅する(一帯を枯らす)」という

「竹」の生涯を思い浮かべると、

これが、「人」の場合、

この世を去る時に、自らの信念を「拾い上げていく」

ということではないだろうか、と私は思えて参りました。

 

きっと、もともと「竹」は、

生涯を終える時に「一帯を枯らす」という覚悟をしていて、

そのように責任を果たす覚悟をしたうえで、

根を張りめぐらしているのではないか……

 

そのように思うと、「人」は、

生涯を終える時に「信念を拾い上げる」という志をもって、

そのように責任を果たそうという覚悟があるなら、

「信念」という根を張りめぐらしていいのではないか、

と思えて参りました。

 

「信念を拾い上げる」という志、というのは、

抽象的な表現かもしれませんが、

どのように具体化するかは、人それぞれだと思います。

 

「一帯を枯らす」というのは、

そうやって、新芽に、その場所を明け渡す、

という意味もあるのかもしれません。

 

ただ、新芽には、

「ここに、誰かの信念があった」ということが、

わかるのではないかと思います。

 

責任を果たす覚悟があるからこそ、根を張りめぐらす「竹」

 

「風」が吹き抜けて行ったあと、

「自分の軸とするところ」に必ず戻ってくる「竹」

 

私は今、「竹」の生き方に、憧れ始めています。

 

「竹」について考えるきっかけをくださいましたMayumiさん、

どうもありがとうございました。

 

そして、当記事をお読みくださいました皆様、

どうもありがとうございました。

 

f:id:morimariko:20170710234216j:plain

 

引用・参考文献

『ほっこり、やさしい禅語入門』石飛博光と鴻風会 成美堂出版

ほっこり、やさしい禅語入門―心豊かな毎日をおくるための禅のことば

菜根譚』洪自誠、今井宇三郎(訳注) 岩波書店

菜根譚 (岩波文庫)