世の中の観察日記

世の中を見て、思ったこと・考えたことを自由につづって参ります。このブログを読んでくださる方々と、「安心」を共有することを望んでいます。

「好き」という気持ちについて。

久しぶりに記事を更新させていただきます。

 

前回の記事を書いてから2箇月以上が過ぎ、

もうすぐ4月を迎えますが、

本年5月1日に皇太子さまが新天皇に即位され、

それに伴って始まる新元号が公表される4月1日が

近づいてきました。

 

そのような中で、私の脳裏には、

ご結婚のお話しが延期となっている眞子さまのことが

思い浮かんでおります。

 

先日、大学をご卒業になった佳子さまが、

眞子さまのご結婚に関して、

「結婚においては当人の気持ちが重要である」

とおっしゃったと聞きます。

 

私も、佳子さまと同じように思っております。

 

眞子さまに限らず、どなたがご結婚されるにしても、

その人の「立場」も大事なことであるとは思います。

他にも大事なことはたくさんあると思います。

 

しかし、結婚における「当人の気持ち」は、

最も重要であり、欠かせないものであると思います。

 

そして私は、眞子さまのお気持ちを思いながら、

但し、眞子さまのことに限ったことではなく、一般論として、

結婚における「当人の気持ち」のはじまりの部分にあるような、

好きな人に出会ってから生まれる「好き」という気持ちについて、

本日、述べてみたいと思いました。

 

また、先に申し上げておこうと思うのですが、

よく、「好き」と「愛する」は違うと聞きます。

私も一言で言えば「違う」と思いますが、

厳密に言えば、(「好き」と「愛する」には)

「重なる部分」と「重ならない部分」がある、

と思っています。

 

このような「好き」と「愛する」の違いについての私の考えは、

本日の記事では割愛させていただきますので、

単純に、純粋に、人を好きになった時のことを思い浮かべて、

当記事をお読みいただけたらと思います。

 

「好き」という気持ちは、家族、友情、恋愛など……

いろいろな場面の中で生まれてくる感情だと思います。

 

そして以前、恋愛における場面で、

「別れた彼・彼女を、見返すんだ」とか、

「私を振ったことを後悔させてやるんだ」などと

おっしゃっている方を見かけたことがありました。

 

私は、この考え方には賛同しない立場です。

 

「もう一度、振り向いてもらいたい」と思って努力することは、

場合によってはいいとは思いますが、

しかし、「見返すため」「後悔させるため」という理由であったり、

自分を受け入れてもらえなかったことへの「復讐」がただよう時、

私は、その努力を美しいものとして感じることはないと思います。

 

もし、「すてきな女性になろう」と思うなら、

「誰かを見返すため」などの理由ではなく、

「自分がそうなりたいから」という理由で十分だと思いますし、

そのほうが、同じ人にもう一度振り向いてもらうにしても、

次の恋愛においても、自分らしく楽しく過ごせるように思います。

 

私は、人を思う気持ちが「美しい」のは「純粋」なものだから、

だと思っています。

 

ですので、「純粋」に誰かを「好き」と思っている時、

その人は「美しい」のだと思います。

 

因みに、私がここで申し上げている「純粋」というのは、

もちろんながら無我夢中なものでも、自己中心的なものでもなく、

むしろ、「好きな人ができたことで、周囲の人をも思いやれる」

というものを指しています。

 

「好きな人ができたことで、周囲の人をも思いやれる」ことは、

人を思う気持ちが純粋であるときの自然現象だと思っております。

 

また、「好き」という気持ちに、

「諦める・諦めない」という発想は「ない」と思っています。

 

「交際したい」となれば、相手の気持ちがかかわってくるので、

交際できないこともあり、諦めるしかないこともあると思います。

 

しかし、「好き」という気持ちは、本来、

交際できるかどうかに関係なく芽生えた思いであって、

状況がゆるしてくれても、ゆるしてくれなくてもそれは関係がなく、

時には、相手が自分のことを好きでなくても募っていくことさえある、

「湧き上がってくる気持ち」のことだと私は思います。

 

優しい人を好きになったり、おもしろい人を好きになったり、

寡黙な人を好きになったり、風変わりな人を好きになったり、

人を好きになる理由もきっかけも人それぞれだと思いますが、

交際したい気持ちが芽生えてくるのは自然なことだと思います。

 

ただ、もし、交際を申し込んで断られたことや、

何らかの問題で交際がかなわなかったときに、

とたんに「好きでなくなる」ならば、

大して好きではなかったのではないか、

本当は好きではなかったのではないか、

と私は思います。

もっと言ってしまえば、

自分の退屈や寂しさを紛らわすために恋でもしよう、

と考えていたのではないかと勘繰ってしまいます。

 

「この人の、こういうところが好き」という、

好きなことに理由があるのは自然なことだと思いますが、

「好き」という気持ちに、「うまくいったら」というような、

「条件」のようなものが付いていたら、

それは「純粋」な「好き」ではないと思います。

 

「好き」という恋心は、

退屈や寂しさを紛らわすためにするものではなくて、

自然に魅かれていって「恋しい人に抱くもの」だと思います。

 

もちろん、好きな人と交際できても、できなくても、

その後、何かを理由に気持ちが変わっていくこともあると思います。

 

その気持ちが移り変わって、新たに生まれてくる気持ちも、

「純粋」なものであるならば「美しい」ものだと私は思います。

もし、「これから私はこうしたいと思う、こうしよう」という、

明るい心の芽生えがあるならば、なおのこと「美しい」と思います。

 

もちろん、「ずっと私の気持ちは変わりません」というのも、

それが自然な思いならば、「美しい」と思います。

 

また、つらいことがあって、かげで泣いていることがあっても、

公の場で自分の「立場」を忘れない立ち居振る舞いができる方は、

心が「清らか」なのだと思います。

 

この「清らかさ」は、

「純粋に人を思う気持ち」のある方から感じることができるもの

なのではないかと思います。

 

私は、眞子さまに「純粋に人を思う気持ち」の「美しさ」と、

心の「清らかさ」を感じております。

 

「姉の一個人としての希望がかなう形になってほしい」と、

「純粋にお姉さまを思う気持ち」を伝えてくださった佳子さまも、

心の「清らか」な方だと思います。

 

眞子さまの希望がかなうことを、

「純粋に人を思う気持ち」のある方の願いがかなうことを、

私も心から望んでおります。

 

 

お読みいただきまして、どうもありがとうございました。

 

※次回の記事更新は「5月」を予定しております。

 皆様のご都合がよろしい時にお読みいただけたら幸いに存じます。

「四門出遊(しもんしゅつゆう)」というお話から思うこと。

新年を迎えてから、

 もうすぐ2週間になるところでございますが……

 

あけましておめでとうございます。

 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

「新しい年がはじまった」ことに因み、本日の記事では、

私が以前から、「出発」というイメージをもっていた

四門出遊(しもんしゅつゆう)」というお話を、

ご紹介させていただこうと思います。

 

四門出遊」は、仏教の開祖である「お釈迦様」が、

出家を決意した経緯を伝えるお話です。

 

ただ、細かいお話で恐縮ですが、

お話しのご紹介の前に、二つほど説明をさせてください。

 

一つは、「お釈迦様」という呼び名についてです。

「お釈迦様」というのは、

釈迦族」の出身なので「お釈迦様」と呼ばれているのですが、

そうしますと、「仏教の開祖であるお釈迦様」に限らず、

釈迦族の出身者は皆「お釈迦様」と呼んでもおかしくない、

ということになります。

ですので、

はっきりと「仏教の開祖であるお釈迦様」を言い表すには、

「釈迦」に、聖者を意味する「牟尼」や「世尊」という文字を付け、

釈迦牟尼世尊(しゃかむにせそん)」

(略して、「釈尊(しゃくそん)」)

と呼ぶほうがいいことになります。

 

但し、本日の記事では、「仏教の開祖であるお釈迦様」のことを、

そのまま「お釈迦様」と表記させていただきます。

 

そしてもう一つは、「ブッダ」という呼び方についてです。

「お釈迦様」は、「ブッダ」とも呼ばれますが、

ブッダ」とは本来、「真理に目覚めた人」という意味ですので、

「お釈迦様」が「ブッダ」と呼ばれるようになったのは、

真理に目覚めた後(さとりを開いた後)のことになります。

 

「お釈迦様」は、釈迦族の王国、カピラ城の王子として誕生し、

その時の名は「ゴータマ・シッダッタ」でした。

(「ガウタマ・シッダールタ」という表記もあります。)

 

それでは、「四門出遊」というお話を、

『もう一度学びたいブッダの教え』(P50.51)や

ブッダの教えがわかる本』(P24.25)を参考にしながら、

(私のほうで少々言葉を換えさせていただきながら、)

ご紹介させていただきます。 

 シッダッタは、宮殿で何の不自由もない暮らしをしていましたが、何の不自由もないことでかえって退屈をし、ある日、馬車に乗って散歩に出かけました。

 シッダッタがお城の東の門から出ていくと、今まで見たことのない、腰の曲がった人を見かけました。

 シッダッタが「あれは何だ?」と御者(ぎょしゃ)(=馬を扱う人)に尋ねると、「あれは老人です」と御者は答えました。

 御者はさらに「人として生をうけた者は、いつかあのような姿になります」とシッダッタに伝えました。

 すると、シッダッタは衝撃を受けて、城の中へ戻っていってしまいました。

 

 またある日、シッダッタは、今度は南の門から出ていきました。すると、今まで見たことのない、やせ衰えてうずくまる人を見かけました。

 シッダッタは「あれは何だ?」と御者に尋ねます。「あれは病人です」と御者は答えました。

 御者はさらに「人として生をうけた者は、あのような姿になることを避けることができません」とシッダッタに伝えました。

 シッダッタは再び衝撃を受けて、城の中へ戻っていってしまいました。

 

 さらに別のある日、シッダッタは再び散歩に出かけようと、今度は西の門から出ていきました。すると、多くの人が集まる中に横たわっている人がいました。

 シッダッタは「あれは何だ?」と御者に尋ねました。「あれは死人です」と御者は答えました。

 御者はさらに「人として生をうけた者は、いずれ、あのような姿になるのです」とシッダッタに伝えました。

 シッダッタは、やはり衝撃を受けて、城の中へ戻っていってしまいました。

 

 シッダッタは、「老人」「病人」「死人」を見て、これは、この自分も避けることができないことなのだと感じ、何とも言い表し難い不安に苛まれました。

 

 そして、またある日、シッダッタは馬車に乗って、今度は北の門から散歩に出かけました。すると、清々しい、神々しい人が立っていました。

 シッダッタは、今度は御者ではなく、その人自身に「あなたは何をしている人か」と尋ねました。するとその人は「出家修行者です」と答えました。

 シッダッタは、この出家修行者の凛とした姿に、自分の理想とする姿を感じ、感動を覚えながら、城に戻っていきました。

 

 シッダッタは、「人はなぜ生まれ、老いて、病んで、死んでいくのかを問わずにいられない苦しさ」、そして、「生まれてきた以上は決して避けることのできない老い、病、死、それに対する不安」、これらを克服するためには、「出家修行者になるしかない」と確信して、出家を決意し、準備を整え、29歳の時に出家しました。

これが、シッダッタ(さとりを開く前のお釈迦様)の、

出家を決した経緯を伝える「四門出遊」というお話です。

 

ここには、シッダッタの、

「悩んだ」→「(苦悩に)向かい合った」→「出家を決意した」

→「(そして本当に)出家した」

という様子までが描かれていますが、出家後のシッダッタは、

35歳の時に「ブッダ(真理に目覚めた人)」となって、

「人は、生まれてきた以上、老い、病、死を避けることができない」

という苦悩を克服しました。

 

人が避けることのできない四つの苦しみ、

「生まれること、老いること、病気になること、死ぬこと」は

生老病死(しょうろうびょうし)」と言われ、

「人間の最大の苦悩」とも言われています。

 

もし、これらが「人間の最大の苦悩」であり、

その克服が可能であるとすれば、

「日常生活の中で不本意に生じる小さな苦悩も、大きな苦悩も」

克服は可能なのだと私は思います。

ただ、ここで私が思っている「克服」というのは、

「もう悩まされることのない、自分なりの“納得”」

というようなものです。

 

また、克服するためには「出家しなければならないのか?」

ということについて、私なりの考えを述べさせてください。

 

「仏門に入るため、家を出る」ことを「出家」というわけですが、

これはそもそも、

「悩む心から抜け出るため、家を出る」ということと同じ、

だと思います。

 

長い間、毎日悩んでいたとしたら、悩んでいることに慣れてしまい、

悩んでいる状態が通常、ということになってしまうと思います。

ですので、この、

「“悩んで暮らすことに慣れてしまった心”という“家”を出る」

ことを「出家」と言ってもいいのではないか、

と私は考えてみました。

 

ですので、

本当に「家を出る」という「出家」もあれば、

「悩む心から出る」という「出家」もあり、

私は、実際に「家を出る」という「出家」をしなくても、

「悩む心から出る」という「出家」をすることで、

「悩みを克服することはできる」と考えています。

 

ただ、「出家」は一般に「家を出る」ことを指すと思いますので、

「悩む心から出る」ことは「出発」という表現でいいかなと、

思っています。

 

いずれにしても、苦悩の克服には、

まず、「出家・出発の決意」が必要のようですね。

 

また、「四門出遊」のお話の最後にありましたように、

「お釈迦様」は(決意をしてすぐにではなく)「準備を整え」てから、

出家されていますね。きっとこれも必要なのだと思います。

 

そして、29歳の時に出家し、35歳でさとりを開いたということは、

「お釈迦様」は、6年間さまよっていたことになりますね。

この6年間は、(ごくごく簡単な説明ではありますが、)

まず、瞑想の道を選びますが、やがて、その道を捨て、

次は、苦行の道を選びますが、やはり、その道を捨て、

再び、瞑想の道を選び、ついに、さとりを開く、

という内容でした。

 

私はここに、

「克服というものは、それほど簡単に手に入るものではないこと」や、

「あきらめない人にだけ、あきらめなかったからこその結果がある」

といったことを感じます。

そして何より、「人生を逃げないことの尊さ」を感じます。

 

新しい年がはじまり、

「悩む心から出る」という、克服のための「出発」をする方がいたり、

「新しいことにチャレンジする」という「出発」をされる方もいたり、

世の中のあちらこちらに、いろいろな「出発」があって、

たくさんの方が「出発」をなさっていることと思います。

 

「決意」をもとに、「出発」をされた方を想像するだけで、

しっかりと前を見つめるまなざし、凛としたお姿、

そして、第一歩を踏み出した途端にトーンが変わる景色、

漂う清々しい空気などが、伝わって参ります。

 

何となく、これから、

心弾むような「出発」をされる方がいらっしゃる気がしてきました。

 

そういう私も、記事を書かせていただきながら、

その気になってきました。(^^)

 

「新年」って、何だか、いいですね~!

 

 

お読みいただきまして、どうもありがとうございました。

 

引用文献

『もう一度学びたいブッダの教え』田上太秀 西東社

 もう一度学びたいブッダの教え

ブッダの教えがわかる本』服部祖承 大法輪閣

 ブッダの教えがわかる本―仏教を学ぶ

 

※私事で恐縮でございますが、

 本年の更新は「さらにゆっくり」になる予定でございます。

 次回の記事更新は「3月」を予定しております。

 もし、更新にお気づきいただけましたら、

 そして、皆様のご都合がよろしい時に、

 お読みいただけたら幸いに存じます。