読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世の中の観察日記

世の中を見て、思ったこと・考えたことを自由につづって参ります。このブログを読んでくださる方々と、「安心」を共有することを望んでいます。

「謙虚」について。

心・考え方

「謙虚」とは、へりくだること、控えめなこと、であると思います。

 

「謙虚」は、一般に、よいこととして理解されていると思います。

 

私も、「謙虚」であることは、よいことだと思っています。

 

しかし、現実社会の中での「謙虚」を見ると、

どうも、うまくいっていない、

と思うことがあります。

 

まず、謙虚な人を「自信をもっていない人」

と勘違いする人がいる気が私はします。

勘違いをしたであろうその人は、ある謙虚な人に対し、

まるで小さな子どもを相手にしているように、接していました。

 

また、謙虚な人は「社交性がない」と勘違いする人もいる気がします。

静かな人というイメージがあるからか、

積極性がないように、思われてしまうこともあるようです。

 

「謙虚」な人は、相手を立てている、と思うと、

むしろ「社交的」だと私は思います。

 

私は、相手に、一歩譲ったら、

相手が、一歩前進してきてしまった、

という経験があります。

 

私が一歩譲ったのは、

譲り合えるかな、と思ってのことでしたので、

「何でも譲ればうまくいくわけでもなさそうだ」

と思いました。

 

このときから、私は、

場合によっては、こちらの謙虚が、

相手に、まちがった行動をとらせてしまうこともあるのかもしれない、

と思うようになりました。

 

もちろん、だからといって、

こちらが横柄になってうまくいくことは、ほとんどないと思いますが。

 

そこで、私が思ったのは、

「謙虚」は、へりくだるばかりではなく、

相手に、まちがった行動をとらせてしまう可能性があるとき、

こちらから、あまり謙虚な態度を見せない、という「謙虚」も

あるのではないか、ということです。

 

 「謙虚」は、相手を思って、自分の行動を調整する行為であり、

自分もまちがった行動をしないように気をつけながら、

相手もまちがった行動をしないようにと配慮すること、も指す

と私は思うのです。

 

私は、「謙虚」といったら……と考えると、

すぐに、脳裏に浮かぶ人がいます。

その人は、確かに、「柔軟性」のある、「臨機応変」な人で、

やはり、あの人は「謙虚な人」だ、

と、つくづく思いました。

 

 

本日も、お読みくださいまして、ありがとうございました。