読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世の中の観察日記

世の中を見て、思ったこと・考えたことを自由につづって参ります。このブログを読んでくださる方々と、「安心」を共有することを望んでいます。

アメリカのオバマ大統領が広島を訪れて……。

世の中

今日、オバマ大統領が広島を訪れたところを、

テレビで拝見しました。

 

現職の大統領が広島を訪れたことには、

戦後の新たな第一歩、を感じます。

 

この度の訪問について、

被爆者の多くの方々に、謝罪を求める意向がなく、

オバマ大統領が訪問しやすい空気が、

広島にあったように思います。

 

しかし、謝罪の問題は残っていると思います。

 

何の罪もない人たちの命が奪われたことを思えば、

「謝罪してほしい」という方がいても、

決しておかしなことではないと思います。

 

被爆者でない私は、

つらい経験をされた方がいることはわかっても、

「どれほどつらかったか」ということを、

わかったつもりになってはいけないと思います。

 

むしろ、そこに、

計り知れないつらさがあることを感じて、

それに恐怖を感じて、

「絶対に戦争はダメだ!」

という思いを握りしめていきたい、と思います。

 

オバマ大統領は、原爆慰霊碑に献花して、

スピーチを行いました。

 

その後、

被爆者の「坪井直さん」が、

歩み寄ってくるオバマ大統領のほうを見て、

「笑み」を浮かべた時、

オバマ大統領が広島に訪れたことは

「いいことだったんだな」

と私は思いました。

 

オバマ大統領と坪井直さんは、

右手で握手をしたまま対話し、

その間に、坪井直さんの杖を持つ左手が、

何度も動いているのが見えました。

 

溢れる思いがあるのだな、と感じました。

 

そして、お互いに笑い合って……

そこに、「気持ちが届く喜び」が見えた気がしました。

 

坪井直さんの隣にいらっしゃった被爆者の「森重昭さん」も、

オバマ大統領と対話をされ、涙ぐんでいるようでした。

 

二人の心の距離が近づき、

オバマ大統領の手が森重明さんの背中にあてられたの見て、

私は、重く苦しんできた日々を背負った彼に、

この日が訪れてよかった、と思いました。

 

私は、

この度、オバマ大統領が広島を訪問したことで、

原爆を投下したアメリカと、

原爆を投下された日本が、

仲良くできるならば、

「世界中の人々は皆、仲良くできるはずだ」

と感じました。

 

この、私の感じたことが、

いつか、世界中のどこでも、

誰もが感じることができるように、

そして、それが現実となるように、

私は、心から願っております。

 

 

本日も、お読みいただきまして、どうもありがとうございました。