読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世の中の観察日記

世の中を見て、思ったこと・考えたことを自由につづって参ります。このブログを読んでくださる方々と、「安心」を共有することを望んでいます。

来週、「安保関連法案」の「強行採決」はあるのか。

「安保関連法案」を、「決めるべきときには決める」という安倍首相。

来週、採決に踏み切る構え……というニュースを見ました。

 

安倍首相は、 

「国民の理解を深める」とか、

「丁寧な説明をしていく」とか、

おっしゃっていたと思います。

 

あちらこちらで、反対運動がある事実からしても、

「国民の理解は深まった」わけないですよね。

 

何時間も審議したからいいでしょう、ということでもないでしょうに。

 

しかし、「国民の理解が深まる日」というのは、

私は来ないと思っています。

 

なぜなら、「安保関連法案」は「違憲」だと私は思っているからです。

 

違憲」なのに、国民に理解を求めるというならば、それは、

違憲であっても、必要だから、受け入れてください」

という理解を求めることでしかない、と私は思います。

 

国民が、その理解を深める日は、来ないのではないでしょうか……。

 

安倍首相は、国の安全や、国民の生命を守るために、どうしても、

「安保関連法案」を推し進めたいようですが、

憲法」自体も、(国家権力から)国民を守るためのものですから、

憲法違反であること」が、「憲法違反でないこと」という結果に

なってしまったら、「国民を守っていない」

ということになるのではないか、と私は思います。

 

安倍首相の主張は、「憲法が国民を守る」ということと、

相反するものであってはならない、と私は思います。

 

また、安倍首相は、この機会を逃したら、

「安保関連法案」の成立の可能性を、今ほどに高めることは難しい、

と思っていて、だからこそ、

今、成立させたがっているのではないか、と私は思います。

 

私は、この機会を逃したら、成立しないかもしれないような法案は、

本当に、未来に、国民に、必要なもの、とは言えないのではないか、

と思います。

 

 

お読みくださいまして、ありがとうございました。