読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世の中の観察日記

世の中を見て、思ったこと・考えたことを自由につづって参ります。このブログを読んでくださる方々と、「安心」を共有することを望んでいます。

「植物」と「人間」について。

心・考え方

私たち人間について、「何をもって人間というのか」は、

いつの時代も、よく考えられてきたテーマかもしれません。

 

私は、「人間論」という授業を受けたことがあります。

 

授業で使われたテキストは、一般にも売られている本で、

『人間学 その歴史と射程』という本でした。

 

その授業の中で、草木や花などの「植物」と「人間」は、

どこが違うのか、ということが問われました。

 

人が花に、「今日も、きれいですね」と、毎日話しかけていると、

花はますますきれいになる、と聞きます。

 

また、花は人に、そっと癒やしを与えてくれます。

 

これは、花と人には、意思の疎通がある、

ということだと私は思います。

 

ですので、「意思の疎通があるか否か」では、

「植物」と「人間」の違いは説明できない、と私は思っています。

 

結局、その当時、決定的に違うと言えるのは、

人は、飛び跳ねたりして、足が地面から離れることがあるけれども、

植物は、「足(根)が地面についたまま」である、

ということでした。

 

実は、このときは、これくらいのことしか思っていませんでした。

 

この授業から数年後、ご近所の家の前で咲いていた

「ガイラルディア」という名前のお花に、私は出会いました。

 

私は、とても気に入り、写真を撮らせていただきました。

f:id:morimariko:20150729223133j:plain

ガイラルディアは、

あまり、暑さ寒さを気にする必要がなく、

水やりも気にしなくていい(むしろ、あげ過ぎないほうがいい)、

けっこう、放っておける強いお花だそうです。

 

その、ご近所の家の前を通るとき、

私は、いつも眺めさせていただいていました。

 

そして、ある時、ガイラルディアに、

このように、声をかけられた気がしました。

 

「私は、ガイラルディア。

 あなたに、眺めてもらえれば、それでいい。

 あなたに、見つからなくても、それでいい。

 

 私は、ガイラルディア。

 私は、ここから離れることはないけれど、

 あなたは、人間だから、歩いて行きなさい」

 

「植物」と「人間」の違いを問うことから数年経って、

ガイラルディアを見つめ、

また、花たち植物に見つめられながら、

私という人間は、この先を歩いて行く生きものなんだ、

と気がつきました。

 

 

お読みくださいまして、どうもありがとうございました。

 

参考文献

『人間学 その歴史と射程』金子晴勇(編者) 創文社

人間学―その歴史と射程