読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世の中の観察日記

世の中を見て、思ったこと・考えたことを自由につづって参ります。このブログを読んでくださる方々と、「安心」を共有することを望んでいます。

ブログ開設から1年となりました。

私は、昨年の今日、このブログを開設いたしました。

 

読んでくださる皆様のおかげで、

今日までブログを続けてくることができました。

心から、お礼を申し上げます。

どうもありがとうございました。

 

また、これから出会うことになっている方々の存在も、

私がブログを続けていくことができる力になっていることと

存じております。

出会うのはこれからになりますが、

すでにありがたいことですので、

お礼を申し上げておきたいと思います。

どうもありがとうございます。

 

私は、先月あたりから、

ブログ開設から1年を迎えるという意識があり、

自分の過去記事を少しずつ振り返っておりました。

 

そのような中で、この度、

自分の無知や勉強不足によって、

「人様に対して、失礼なことをしてしまう」

ということがあることに、改めて気がつきました。

 

私はIT知識に乏しく、

「ブックマーク」という言葉は存じておりましたが、

「で、どうするんだろう?」

というようなレベルで、

「ブックマーク」に対する意識をもてておりませんでした。

 

ですので、先月あたりまで、

私の記事にブックマークをつけてくださった方々に

気づかないまま、日々を過ごしてきてしまいました。

 

昨年、ブックマークをつけてくださった方々に、

つい先日スターをつけさせていただいたという事態!

無知にも程がある!と思いました。

 

本当に、本当に、失礼をいたしまして、

申し訳ございませんでした。

<(_ _)> <(_ _)> <(_ _)>

 

無知・勉強不足のために、

自分に困った事が起こることはあるだろう、

とは思っていました。

 

しかし、自分の無知と勉強不足が、

人様に失礼なことをすることになるとは……

 

未熟さを痛感いたしております。

 

おそらく、この他にも、

自分の気づかないところで、

皆様に失礼なことをしている点があると存じますので、

これから、少しでも無知を解消することができますよう、

努力して参る所存でございます。

 

しかし、現時点では、

お詫びを申し上げることくらいしかできない私です。

本当に申し訳ございません。

 

本当は、本日は、ブログを開設して1年ということから、

「初心」について、

私の思うところを述べさせていただくことを

考えておりました。

 

しかし、私がこのような失礼をしながらも、

私のブログを読んでくださっていた皆様のことを思いますと、

「温故知新」

という言葉のほうが強く思い浮かんで参りました。

 

「温故知新」は、

「昔のことをよく学び、そこから新しい考え方や知識を得ること。

また、過去のことを研究して、現在の新しい事態に対処すること。」

(『明鏡国語辞典』より)

という意味ではあります。

 

しかし、私が思い浮かべましたのは、

少し意味をとらえ直して、

「温」と「新」という文字から、

これまで、皆様から「温かいお心とまなざし」をいただいて、

だかこそ、私のブログは「新たな1年」を踏み出していける、

という「温故知新」です。

 

また、皆様のブログへお邪魔させていただく中で、

安心や気づきをいただいたり、

楽しく、笑わせていただいたり、

別世界に連れて行っていただくこともありました。

どうもありがとうございました。

 

末筆ながら、

皆様のご健勝とご活躍をお祈り申し上げますとともに、

ふつつかな私でございますが、

これからもお付き合いいただけますよう、

どうかよろしくお願い申し上げます。

 

 

森 麻理子