世の中の観察日記

世の中を見て、思ったこと・考えたことを自由につづって参ります。このブログを読んでくださる方々と、「安心」を共有することを望んでいます。

心・考え方

「対機説法(たいきせっぽう)」について。

今日は、 仏教の開祖・釈尊(しゃくそん)が行ったと言われている 「対機説法(たいきせっぽう)」という説法について、 私の考えを述べてみたいと思います。 『広辞苑』で調べると、「対機説法」とは、 「教えをきく人の能力・素質にふさわしく法を説くこと…

私は「他力も自力も必要」と思っています。

※本日は、長めの文章です(文字数は4000字程度です)。 皆様に、許すお時間があるときにお読みいただけたら幸いです。 今日は、「他力(たりき)」と「自力(じりき)」について、 私の考えを述べさせていただこうと思います。 『広辞苑』によると、 「他力…

禅語「柳は緑 花は紅 真面目」。

今日は、5月に入って4日目ですね。 5月というと、時候のあいさつの文に、 「深緑の候、……」などが使われると思います。 私は、「深緑」という言葉から、 「柳は緑 花は紅 真面目」 (やなぎはみどり はなはくれない しんめんもく) という禅語を思い出しまし…

私は、菩薩様が好きです。

今日は、私の、菩薩様に対する思いについて、 述べさせていただこうと思います。 「菩薩」を『広辞苑』で確認すると、 「さとりを求めて修行する人」と書いてありました。 この「さとりを求めて修行する人=菩薩」には二つの見方があり、 「さとりを開く前の…

禅語「閑古錐(かんこすい)」。

「閑古錐」という禅語があります。 『ほっこり、やさしい禅語入門』(P92)では、 閑古錐(かんこすい)とは、古びて先がまるくなり、使えなくなった錐(きり)のことです。切れ味の悪くなった錐は、道具としては役に立ちません。でも、長い年月を費やし、来…

「如来蔵思想(にょらいぞうしそう)」について。

本日は、仏教にある思想の一つ、「如来蔵思想」について、 私の考えを述べさせていただこうと思います。 (因みに、「如来蔵思想は仏教ではない」という説を耳にすることもありますが、私は「仏教の一思想」と捉えております。) 以前、私が通信制の大学で学…

「天上天下唯我独尊(てんじょうてんげゆいがどくそん)」の意味ついて。

少々、タイトルとは違うお話からさせていただきます。 以前、『命は誰のものか』という本を読みました。 この本には、ある問いが載っていました(P31,32)。 少々加工して、ご紹介させていただきます。 問一 いまこの病院には人工腎臓は二台しかなく、二人の…

禅語「挨拶(あいさつ)」。

今日は、「挨拶(あいさつ)」について述べてみたいと思います。 私たちが、日常の中で行っている「挨拶」は、 (ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、) 仏教にルーツがあり、禅語でもあります。 「挨拶」は、本来、 禅僧である「師匠」が「弟子」に…

「人の器の中」について。

「心の大きい人」や「スケールの大きい人」などのことを よく、「器の大きい人」と表現すると思います。 「器」を、『広辞苑』で調べると、 「①物を入れおさめるもの。…… ②事を担当するに足る才能。器量。また、人物の大きさ。」 と書いてありました。 私は…

「挑戦すること」について。

以前どこかで、どなたかが、 自分の力でできる範囲のことしかしないと、 自分はいつまでたっても成長しないのではないかと思う、 とおっしゃっていたのを聞いたことがあります。 私は、自分の力でできる範囲を超えて何かをすることで、 「自分がつぶれてしま…

「善悪の判断」について。

「善悪」は、人がつくったものだから、 誰も、何が「善」であり、何が「悪」であるかを、 はっきりさせられない、と聞くことがあります。 また、「本当は、善も悪もない」ということも耳にします。 そのような考えに共感する点もあるのですが、 現在のところ…

私にとって、「情けない」とは。

私は以前、自分を「情けない」と言っている人を見かけました。 確かにその人は、後ろ向きなことをよく言っていたのですが、 私は、その人を「情けない」とは思いませんでした。 後ろ向きなことを言っているのに、情けないとは思わない…… それはなぜか? と、…

「苦しみと向き合うこと」について。

今年に入ってから、 『ドイツ人禅僧の心に響く仏教の金言100』 という本を読みました。 著者は、ドイツ人禅僧のネルケ無方さんという方で、 彼が影響を受けたという「100」の仏教に関する言葉が この本で紹介されています。 「第四章」は「困難を乗りきるた…

「人生観」について。

2016年を迎えてから7日目となりました。 気持ちを新たにされている方もいらっしゃることと存じます。 そこで、皆様に質問です。 「今、四字熟語を一つ思い浮べてください」 真っ先に思い浮かんだ四字熟語は何でしたでしょうか? 実はこれは(ご存知の方もい…

必ず芽ぶきのときが来る。

年の瀬というこの時期ゆえに、 私は、ある風景を思い出しておりました。 私の好きな本の一つに、 中国の古典『菜根譚(さいこんたん)』があります。 好きになったのは、 『1分間でわかる「菜根譚」』 という解説書的な本を読んでからのことなのですが、 こ…

「月と花」に「等しさ」を感じて。

私の好きな禅語に、「掬水月在手 弄花香満衣」があります。 「水を掬すれば 月 手に在り(みずをきくすれば つき てにあり) 花を弄すれば 香 衣に満つ(はなをろうすれば か えにみつ)」 これは、 「水をすくえば手のなかに月が輝き、 花をつめば誰の服か…

「今を大事にすること」について。

「今を大事にすること」というのは、 私は、よく耳にする言葉です。 いいことだと思っています。 仏教好きな私は、仏教のお話を引き合いに出してしまいますが、 仏教の開祖・釈尊は、 「死後」について語ったことは非常に少なく、 いつも、「生きている今」…

「誰かと一緒の時間を楽しむこと」について。

以前、ユング派分析家であり、心理学者であるの河合隼雄先生の 『こころの処方箋』という本を読みました。 その中にある「一人でも二人、二人でも一人で生きるつもり」 という項は、人が「誰かと一緒の時間を楽しむこと」について、 とても大事なことが書か…

不動明王様が私に教えてくれたこと。

お寺にお参りに行くと、 釈迦如来、阿弥陀仏、観音菩薩、地蔵菩薩、不動明王など、 いろいろな仏像や菩薩像などにお目にかかれることがあります。 私は菩薩様が好きですが、 実は、「不動明王様」のことも気になっています。 ほとんどの仏像に、穏やかな感じ…

海が大きい理由。

海は大きいですね。 海が大きい理由を、 わざわざ考えるということは、 私はしたことがありませんでした。 しかし、『修証義(しゅしょうぎ)』というお経の、 「第四章 発願利生(ほつがんりしょう)」という章の中に、 海が大きい理由を、見つけました。 …

禅語「日々是好日(にちにちこれこうにち)」。

「日々是好日」(または「日日是好日」)は、 喫茶店などで、墨の文字で書かれ、額に入り、 飾られているのを見かけることがあります。 ですので、ご存知の方も多いかもしれません。 また、「日々是好日」は、 「ひびこれこうじつ」という読み方もあると思い…

横浜市の大型マンションが傾いた問題について。

横浜市の大型マンションが傾いた問題についてのニュースが、 毎日流れています。 皆様もご存知でいらっしゃると存じます。 問題の原因は、一部の杭が、 支持層と呼ばれる固い地盤に届いていなかったという、 「旭化成建材」が行った杭打ちの基礎工事にあった…

禅語「主人公」。

「主人公」という言葉は、禅語だそうです。 私は、『ほっこり、やさしい禅語入門』という本を手にするまで、 「主人公」が禅語だとは知りませんでした。 自分が自分の主人公となっていますか? 昔、中国のあるお坊さんは毎日、自分自身に向かって「主人公」…

「生きる」「死ぬ」の関係の、落ち着くところ。

私は、以前、『私は「生きる」と決めて生きています。』という ブログを書かせていただきました。 そこでは、 「寿命が尽きるまで「生きる決心」をして、生きています。」 ということを述べました。 その考えに、やはり、今も変わりはありません。 また、こ…

「蛾」に、「自利利他」を教わる。

私は、以前、「蛾」という文字をみて、 「蛾は、どうして、虫に我なのかな」 「蛾は、相当自分の気持ちを押し通す、我の強い生き物なのかな」 と思ったことがあります。 一応、『漢字源』で調べてはみたものの、 私の疑問に答えるようなことは書かれていませ…

「キサーゴータミーと芥子(けし)の種」のお話。

命あるものに、必ず死は訪れるといいますが、 残された者にとって、この現実を受け止めることには、 どうしても長い時間が必要になることと存じます。 しかし、どれだけ時間が過ぎようとも、 どうしても受け止められない、という方もいらっしゃるのではない…

「大事な人」について。

今年は9月20日からお彼岸に入り、26日に明け、となりますね。 お墓参りに行かれた方、これから行かれる方もいらっしゃることと 存じます。 実は、私は、年1回、私と血縁関係にない 「わたなべさん」という、おじいさまのお墓参りに行っています。 (因みに、…

椅子の背もたれに、よりかかるとき。

安保関連法案が、衆院本会議でも可決…… このあり様、「独裁政治」という感じがします。 野党3党(次世代の党、日本を元気にする会、新党改革)が 法案の賛成側になろうがなるまいが、 「強行採決」であったことには変わりない、と私は思います。 また、その…

「宗教」について。

私は、仏教徒ではありませんが、 仏教の教えの多くに共感するものがあり、仏教好きです。 ただ、仏教好きになった最初のきっかけは、 僧侶が唱えるお経に「心が安らいだ」からでした。 そして、それは、 「仏教を勉強しよう」という気持ちにまで発展いたしま…

「中道(ちゅうどう)」について。

お釈迦様が初めて行った説法のうちの一つに、「中道」があります。 『ブッダの教えがわかる本』(P18.19)よると、 中道は、簡単にいえば極端を避けるということです。お釈迦さまは、出家されるまでは、皇太子として何不自由ない生活を送りました。これは一…